高校野球の選手を見ていますと、身長が1m80cm台なんて最近では珍しくなくなってきましたね。

中には190cm台の選手もいるぐらいですから・・・。

でも、身長が172cmでも高校通算68号ものホームランを打った選手もいるのです!

2018年のプロ野球ドラフト会議の中でも大注目の選手です。

その選手の名前は、早稲田実業高校の野村大樹(だいじゅ)選手。

日ハムに行った清宮幸太郎選手の1年後輩ですが、清宮幸太郎選手を差し置いて(?)1年生の時から4番打者として活躍してきました。

2018年のドラフト会議に向けて、進学かプロ入りかと騒がれましたが、プロ志望届を提出したことで、今回のドラフト会議の大きな目玉として全球団が注目しています。

今回は、早稲田実業高校の野村大樹選手について、調べてみました(^^♪

Sponsored Links

野村 大樹選手

出典:https://twitter.com/nozomilabu

読み方のむら だいじゅ
生年月日2000年9月10日(18歳)
出身地兵庫県宝塚市
出身校早稲田実業高校
身長・体重172cm、81kg
ポジションサード、キャッチャー
投打右投げ/右打ち

プロフィールは?

東京の早稲田実業高校に在学しているので、関東出身なのかと思っていましたら、兵庫県の宝塚出身なのですね。

(関西人の私には、これでぐ~んと親近感を感じます(#^.^#))

 

兵庫県の宝塚小学校1年生の時から「末広ルーキーズ」に所属して野球を始め、4年生の時からは「ブルーボンバーズ」で野球をしていました。

 

同志社中学校に進学後は「大阪福島リトルシニア」に所属していました。

(同志社中学は京都市にあり、大阪福島リトルシニアは大阪市にありますので、週末に練習していたのでしょうね。

「大阪福島リトルシニア」時代は、大阪桐蔭高校主将の中川卓也選手や茨城県の明秀学園日立高校の増田陸選手たちと一緒にプレーしました。

(中川卓也選手と増田陸選手は大阪市出身です)

 

2015年、U-15「アジアチャレンジマッチ」の出場選手に選ばれ、5番・ファーストを務めました。

出典:http://www.japan-baseball.jp/jp/team/15u/

この時からすでに素晴らしい実力が認められていたのですね♫

 

高校は東京の早稲田実業高校に進学。

関西の人間にとっては、同志社中学は偏差値の高い中学で、そのまま同志社高校・大学へと進むのが一般だと思います。

しかし、野村大樹選手はあえて「甲子園」出場とそのあとの大学進学(早稲田大学)を目指して、東京の早稲田実業高校へ進学しました。

高校進学後はお父さんが宝塚に、お母さんと野村大樹選手が東京で一緒に暮らすという生活だったそうで、ご両親も大変だったでしょう。

 

1年生の夏(2016年)から公式戦に4番として出場しています!(清宮幸太郎選手は3番)

おまけに2試合連続ホームラン!

秋には4ホームラン、18打点、打率4割5分9厘という素晴らしい成績を残しました。

2年生の春(2017年)にはセンバツにサードのポジションで出場しましたが、敗れました・・・。

センバツでは、2試合で9打数5安打、2打点という結果を残しています。

その後、早稲田実業高校は春夏ともに甲子園に行くことはできず、野村大樹選手の強打者ぶりをもっと甲子園で披露することはできませんでした・・・。

通算本塁打数は?

野村大樹選手の高校通算ホームラン数は、68本!

ただ、1年先輩の清宮幸太郎選手が111本という記録を持っていますので、この記録と比べるとちょっと少ないですが・・・。

それでも、2018年度の通算ホームラン数としては、1位の75本(山下航汰選手:健康福祉大学高崎高校)に次いでの本数ですので、立派な記録です!

 

野村大樹選手の特徴は、なんと言っても力強いスイングから広角に鋭い打球を放つところでしょう。

スイングの速度が時速148kmとか。

清宮幸太郎選手も同じ速度だそうで、やはり2人は強打者なんですねえ。

 

プロ入り宣言!スカウトの評価は?

野村大樹選手は、高校を卒業後そのまま早稲田大学に進学するのではないかと言われていました。

しかし、ちょうど、自身の誕生日である9月10日にプロ入り宣言をしました。

 

本人曰く、早稲田実業高校に入学した時は、早稲田大学に進学して神宮球場で野球をすることを夢見ていたそうです。

3年生の夏休み期間中にご両親と3人で10回近い「家族会議」を開いて、進学かプロ入りかを相談したそうです。

結局、プロ球団に行くことを決めましたが、1年先輩の清宮幸太郎選手が進学せずにプロ入りしたということも少なからず影響があったのかもしれませんね。

ある情報では、ソフトバンクの球団会長の王さんが野村大樹選手獲得に熱心で、すでに野村大樹選手にドラフト指名を約束したからなんて言う噂も出ていますが、真偽のほどはどうなのでしょうかね・・・?

 

🌸スカウトの評価は?

各球団のスカウトの評価は非常に高いようですよ♫

✤巨人:「肩が強くて振る力もある。背が高いわけではないが、それを感じさせない特徴を持った選手」(青木スカウト)

✤日ハム:「体幹が強くてしっかり振れる。あれだけ振れれば体が小さくても関係ない。高校生では打撃でいいものを持っている」(岩舘スカウト)

✤広島:「勝負強く、野球をよう知っとる。出会いがしらの一発はない」(苑田スカウト統括部長)

✤ヤクルト:「パンチ力があって、肩も強くて足もそこそこ速い。体が小さいと言っても、あれだけ強く振れるのですから、当然評価は高くなります」(小川淳司シニアディレクター)

ご両親や兄弟は?

ご両親のお名前や年齢は分かりませんでした。

お父さんは大手企業に勤めておられるようなと言われていますが、確かな情報ではありません。

ただ、宝塚市に住んでおられて、中学がわざわざ京都の同志社ということは、かなり教育熱心なご両親なのかなと思います。

兵庫県内でも偏差値の高い中学・高校がありますが、あえて京都の同志社中学というのは何でなのかなあという疑問はありますが・・・。

兄弟に関しての情報もありませんでしたが、ひょっとすると一人っ子なのかなと思います。

と言いますのは、野村大樹選手が早稲田実業高校に進学するに際し、お母さんが東京で一緒に住んで、お父さんが宝塚に残るという二重所帯になったからです。

他に兄弟がおられるのなら、お母さんが東京について行ってしまうはずがないからです。

(もう世話をする必要がないほど大きくなっているお兄さんかお姉さんがおられるかもということもあり得ないわけではないですが・・・)

今のところ、ご両親や兄弟に関して確実な情報がありませんでした(詳細が判明しましたら、追記させていただきます

まとめ

今回は、早稲田実業高校の野村大樹選手について、「野村大樹(早稲田実業)はプロ志望!スカウトの評価や両親・兄弟は?」と題して紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

野村大樹選手がプロ入り宣言をしてしまったので、早稲田大学としては去年の清宮幸太郎選手に次いで、有望な選手を逃してしまったことになりますが、果たして野村大樹選手はどこの球団に行くのでしょうかね?

最後までご覧いただき、ありがとうございました。ちょっとだけでもお役に立てればうれしいです(^^♪