京都では毎年8月16日の夜に「五山の送り火」が行われます。

「五山の送り火」は、東山の如意ヶ嶽(通称「大文字山」)をはじめ、全部で5つの山に炎で描かれた文字を浮かび上がらせるという行事で、お盆でこの世に帰ってきたご先祖の霊をこの火によってあの世に送り返すという意味を持っています。

点火されると、5つの山には「大」「妙・法」の文字や鳥居と船の形がくっきりと見ることができます。

私が昔、京都に住んでいた頃は、そんなにも高層ビルが建っていない時代でしたので、表通りに出れば、大文字山の「大」の字が割と楽に見えたのですが、最近は高層ビルやマンションの影響で、そう簡単には見ることができなくなってしまいました・・・。

(反対に、高層マンションに住んでいる人たちは、居ながらにして五山の送り火を見ることができますね)

今回は京都五山の送り火についいて、点火時間や良く見える穴場についてご紹介していきましょう(^^♪

Sponsored Links

五山の送り火

「五山の送り火」とは、8月16日に京都盆地の周囲の5つの山に炎で描かれた「大」の字を始め文字や形が点火される行事です。

お盆でこの世に帰ってこられたご先祖様をあの世に送り返すための意味が込められているため、「送り火」と言われています。

送り火としては東山如意ヶ嶽の「大文字」が有名なので、「五山の送り火」というよりも「大文字の送り火」の呼び名の方が浸透しているかもしれません。

実際には、東山如意ヶ嶽の「大文字」を始め、金閣寺大北山(大文字山)の「左大文字」、松ヶ崎西山(万灯籠山)・東山(大黒天山)の「妙」「法」、西賀茂船山の「船形」、及び嵯峨曼荼羅山の「鳥居形」があり、この5つの山に点灯されることから、「五山の送り火」と言われています。

今年の8月16日は木曜日ですね。

🌸五山の送り火の起源は・・・

真言密教の祖:空海が山々に点火することによって護摩を焚いたとする説もありますが、明確な起源は分かっていません。

ただ、室町時代にはすでに行われていたようです。

五山とは・・・

🌸東山如意ヶ嶽(大文字山)

出典:https://blogs.yahoo.co.jp/masatake_ko 、https://www.kyokanko.or.jp/okuribi/daimonji.html

京都の「東山三十六峰」に属する如意ヶ嶽の支峰・大文字山です。

京都の中心地四条河原町から東北の方向に目を向けますと、山の中腹に「大」の文字が見えます。

山の麓には法然院、銀閣寺等の名刹がたくさんあり、観光客でにぎわっています。

 

🌸万灯籠山(松ヶ崎西山):「妙」・大黒天山(松ヶ崎東山):「法」

 

出典:https://matome.naver.jp/ 

京都市左京区松ヶ崎にある2つの山で、以前私はこの近所に住んでいましたので、毎日、山の「妙」「法」の字を見ていました。

「妙」は鎌倉時代末期、松ヶ崎の村で、日蓮宗のお坊さんが西の山に向かって「南無妙法蓮華経」の題目から「妙」の字を書き、それを基に地元で山に点火を始めたのが起源とされています。
「法」は、江戸時代初めに、西側に「妙」の送り火しかなかったため、お坊さんが東の山に向かって新たに「法」を書き、これにならって火をともしたとされています。

 

🌸西賀茂船山:「舟形」

出典:https://matome.naver.jp/

京都市北区西賀茂船山(にしがもふねやま)にあります。

平安時代初期、慈覚大師が唐留学の帰り暴風雨に遭遇した際、「南無阿弥陀仏」を唱えたところ、無事帰国できたことから、乗っていた船を型どって送り火を始めたとされています。

 

🌸大北山:「左大文字」

 

出典:https://www.kyokanko.or.jp/okuribi/

京都市北区大北山鏡石町にあり、麓には金閣寺があります。

如意ヶ嶽の大文字と比べると字の大きさや、岩山であるため固定された火床もない等、規模から点火手法に至るまで異なっています。

 

🌸北嵯峨の水尾山(曼荼羅山):「鳥居形」

出典:https://www.kyokanko.or.jp/okuribi/index.html

京都市右京区嵯峨鳥居本一華表町(さが とりいもと いっかひょうちょう)にある山ですが、京都市内から見える場所が限られています。

弘法大師が石仏千体を刻み、その開眼供養を営んだ時に点火されたとか、鳥居の形から、近くの愛宕神社との関係もあるのではないかと言われています。

点火時間はいつ?

五山の点火は一斉にされるのではなく、東山如意ヶ嶽の「大」の字から始まって、次々に点火されて行きます。

🌸時間は・・・

大文字 ⇒ 午後8時点火

妙・法 ⇒ 午後8時5分点火

船形 ⇒ 午後8時10分点火

左大文字 ⇒ 午後8時15分点火

鳥居形 ⇒ 午後8時20分点火

よく見える穴場はココ!

最初にも述べましたように、以前は高層建築物があんまりなかったので、ちょっと大通りにでも出れば、送り火が見えたものでした。

しかしながら、最近は高層マンション等が多くなって、なかなか平地では見られなくなってしまいました・・・。

と言うことで、見える穴場をご紹介しましょう(^^♪

五山全部を一緒に見たい!という人には!

当然のことですが、高いところがお勧めです!

例えば・・・

京都駅ビル空中経路(抽選制・今年は終了しました)

京都タワーホテル(「食事と観賞会」・今年は完売しました)

将軍塚(青蓮院大日堂庭園)(舞台で立ち見で見えます。当日のみ拝観料が普段よりアップします)

ホテル日航プリンセス(屋上から5山が見えます。各レストランで観賞しながらのディナーメニューあり)

ホテルモントレ京都(ディナーを楽しみながら、あるいは宿泊してというプランもあります)

 

1つをじっくりと見たいという人には!

出典:http://www.kyoto-np.co.jp/kp/koto/gozan/about/history.html

🌸東山如意ヶ嶽(大文字山)は・・・

✤鴨川沿いの堤(特に北大路橋や出町柳の周辺)

✤鴨川の三角地帯(高野川と鴨川が合流する三角地帯)

✤吉田山(京都市左京区吉田神楽岡町)

✤銀閣寺道(白川通りへ向かう今出川通り北側から東)

✤銀閣寺前町公園(京都市左京区銀閣寺前町41-8)

✤京都御所・御苑

✤船岡山(京都市北区紫野北舟岡町)

🌸妙・法は・・・

✤北山通り(ノートルダム女学院や宝が池自動車教習所、宝が池公園スポーツ広場の付近)では、「妙」の字が見えます。

✤北山通り(地下鉄松ヶ崎駅周辺)高野川に沿った堤、松ヶ崎大黒点周辺、北大路通りの高野橋東詰、東大路通りの鞍馬口辺りからは、「法」の字が見えます。

✤船岡山(京都市北区紫野北舟岡町)

🌸船形は・・・

✤北山通り(北山大橋から北西)、御薗橋(みそのばし)の周辺

✤船岡山(京都市北区紫野北舟岡町)

🌸左大文字は・・・

✤西大路通り(西京都市北区紫野北舟岡町院~金閣寺周辺)、わら天神、平野神社、

✤船岡山(京都市北区紫野北舟岡町)

🌸鳥居の形は・・・

✤広沢の池(京都市右京区の嵯峨広沢町)

✤清凉寺(京都市右京区嵯峨釈迦堂藤ノ木町46)の周辺

✤化野念仏寺(京都市右京区嵯峨鳥居本化野町17)の周辺

✤嵐山の渡月橋(嵐山の桂川にかかる橋)

✤松尾橋(京都市右京区と西京区間の桂川にかかる橋)

護摩木を書いて祈願成就を!

「妙・法」以外の山では、願い事が書かれた護摩木を送り火でお焚き上げされますので、お願い事を成就させたい!と思っている人は、護摩木を書いてみられたらいかがでしょうか♫

出典:http://colorstrue.seesaa.net/、http://www.kyotofukoh.jp/okuribi.html

東山如意ヶ嶽

銀閣寺(京都市左京区銀閣寺町2)近くの浄土院(大文字寺)で、8月15日は正午~19時頃まで、16日は6時~14時頃まで

船形

西方寺(京都市北区西賀茂鎮守菴町50)門前で、8月上旬から 8時~16時まで、16日は7時~10時まで

左大文字

金閣寺(京都市北区金閣寺町1)門前で、8月15日は9時~15時頃まで、16日は7時~14時まで

鳥居形

化野念仏寺(京都市右京区嵯峨鳥居本化野町17)の駐車場で、8月13~15日は10時~16時頃まで、16日は9時~15時まで

(但し、詳細は各お寺にお問合せ下さい)

まとめ

今回は、京都の夏の風物詩となっている五山の送り火について、「京都五山の送り火2018の点火時間は?よく見える穴場スポットも!」と題して紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

京都に住んでいた時(何十年も前になりますが)は、「妙・法」の山の近くでしたので、自宅から通りに出た所でも比較的よく見えました。

如意ヶ嶽の大文字ももっとよく見ようと、高野川と鴨川の三角地帯に行こうとしたのですが、そこに行くまでにすでに多くの人たちが集まってきていて、身動きが取れなかったという思い出があります・・・。

こんなに人が集まっているとは想像していませんでしたので、驚きでした・・・。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。ちょっとだけでもお役に立てればうれしいです(^^♪

✤「京都五山の送り火2018で特別御朱印が拝受できるお寺はどこ?」の記事もどうぞ(^^♪