8月16日は、京都では如意ヶ嶽(大文字山)を始めとして5つの山に点火する「五山の送り火」が行われます。 お盆に帰ってこられたご先祖様をあの世に送り返すということから「送り火」と言われています。 8月16日というとまだまだ暑い最中ではありますが、1週間後に行われる地蔵盆と合わせて京都の夏の終わりを告げる風物詩ともいえるでしょう。 最近、神社仏閣で御朱印を頂く方々が多くなっているようですが、五山の送り火にちなんだ「特別バージョンの御朱印」を拝受できる神社仏閣があるようです。 ということで今回は、五山の送り火バージョンの御朱印を拝受できるお寺を調べてみました(^^♪
Sponsored Links

五山の送り火

出典:https://twitter.com/gyoen_info 京都五山の送り火とは、8月16日に京都盆地の周囲の5つの山に炎で描かれた「大」の字を始め文字や形が点灯される行事です。 毎年、お盆の終わりにご先祖様をあの世に送り返す意味から「送り火」と呼ばれています。 点火されるのは、東山如意ヶ嶽の「大文字」、金閣寺大北山(大文字山)の「左大文字」、松ヶ崎西山(万灯籠山)・東山(大黒天山)の「妙」「法」、西賀茂船山の「船形」、及び嵯峨曼荼羅山の「鳥居形」で、この5つの山に点火されることから、「五山の送り火」と言われています。

御朱印とは?

御朱印とは、寺社で参拝者に向けて押印される印章や印影で、これを押してもらう帳面が御朱印帳です。 御朱印帳には単に御朱印の押印だけではなく、さらに参拝した日付や寺社名・ご祭神・ご本尊等を墨書してもらうのが一般です。 御朱印の由来は、寺社へ写経を納めた(納経)際の受付印と言われていますが、今はお参りした記念にいただくという意味合いに変化してきています。 最近は「御朱印ガール」と言われるほど、若い女性の間で御朱印をもらうことが流行しています。 御朱印を見て、いつどこそこの寺社に行ったということを思い出すのも良いものですね。 寺社の方でも季節限定の御朱印や御朱印帳を授与したりしていますので、御朱印集めも楽しくなってきているようです。 (以前は、御朱印と墨書だけのシンプルなものがほとんどでしたが、最近は押し花の御朱印があったり、その季節だけ限定というものやカラフルなものもあったりして、なかなか興味深いです) 下のtwitterは、京都府長岡京市の楊谷寺(ようこくじ)の押し花の御朱印で、押し花体験教室が人気ですぐに満員締め切りになるそうですよ。

五山の送り火にちなんだ御朱印を拝受できるお寺は?

前置きはこの程度にして、では、「五山の送り火バージョン」の御朱印を拝受できるお寺をご紹介していきましょう(^^♪ (但し、ご紹介するお寺以外にももっと多くのお寺があるかもしれません。 ご存知の方がおられれば、教えていただくとありがたいです)  

勝林寺(しょうりんじ)

東福寺の塔頭(たっちゅう:本寺の境内にある小さいお寺)の1つで、仏法と北方を守護する毘沙門天を祀ることから「東福寺の毘沙門天」と呼ばれています。 ご本尊の毘沙門天像は平安時代の作品とされ、東福寺の鬼門を守護されています。 秋の紅葉がきれいなことでも有名ですが、ほぼ毎月限定の御朱印を授与されることから「御朱印ガール」からは「聖地」とも呼ばれているそうですよ・・・♫     ✤住所:京都市東山区本町本町15-795 ✤アクセス
  • 京阪本線「東福寺」駅下車、徒歩約8分
  • JR奈良線「東福寺」駅下車、徒歩約8分
  • 市バス(88系統、202系統、207系統、208系統)「東福寺」バス停下車、徒歩5分
✤拝観時間:通常は非公開(但し、8名以上の団体で予約をすれば拝観できます) ✤拝観料:大人800円、小中高生500円(寺宝の説明付き) ✤詳細は ⇒ 勝林寺  

大福寺(だいふくじ)

ご本尊の菩提薬師如来は聖徳太子の作と言われ、「京都十二薬師」の1つ。 「大福」という縁起の良い寺号から、お正月には商売繁盛を祈念して商家の出納帳に寺の法印を押してもらう風習があったことから「大福帳」の名前の由来になっています。 境内の布袋尊は「京都七福神」の1つです。   五山の送り火バージョンの御朱印は、大福寺の「大」の字が大文字山になっているのですね♫ 住所:京都市中京区麩屋町通二条上る布袋屋町498 ✤アクセス
  • 地下鉄「京都市役所前駅」下車、徒歩約8分
  • 市バス「京都市役所前」下車、徒歩約5分
  • 京都バス「河原町二条」下車、徒歩約5分
✤御朱印授与日は:土日祝縁日を基本とされています。 ✤詳細は ⇒ 大福寺、 ☎075-231-3624(朝7:00~8:30)  

浄土院(大文字寺)(じょうどいん・だいもんじでら)

如意ヶ嶽(大文字山)の送り火を管理するお寺です。

ご本尊は阿弥陀如来ですが、弘法大師も祀られており、如意ヶ嶽(大文字山)の「大」の字の真ん中に弘法大師をお祀りした弘法大師堂がある関係から、送り火の直前には歴代住職が弘法大師堂の前で読経されます。

住所:京都市左京区銀閣寺町30 ✤アクセス
  • 市バス「銀閣寺道」バス停下車、徒歩10分
✤拝観時間:午前9時~午後4時30分  

尊陽院(そんよういん)

日蓮宗本山の1つである本法寺の塔頭で、お寺のHPによりますと、尊陽院というお寺があらゆる立場の世代の人々が出逢い繋がり心が通いほっこりする陽だまりのような場でありたいと願い、一人の住職と妻である尼僧の二人三脚で走り続けておられるそうです。 「尼さんが行う水子供養と永代供養の寺」として有名なお寺です。   住所:京都市上京区本法寺前町650-3 ✤アクセス
  • 地下鉄烏丸線 「鞍馬口駅」 1番出口から、 徒歩10分
  • 市バス 「堀川寺ノ内」バス停から、徒歩3分
✤拝観時間:午前7時~日没(年中無休) ✤詳細は ⇒ 尊陽院  

妙円寺(松ヶ崎大黒天)(みょうえんじ・まつがさきだいこくてん)

江戸時代に創建された日蓮宗のお寺です。 五山の送り火の内、「妙・法」はこの妙円寺の背後にある松ヶ崎山の両峰に点火されます。 「妙」は鎌倉時代末期、松ヶ崎の村で日像上人西の山に向かって「南無妙法蓮華経」の題目から「妙」の字を書き、それを基に地元で山に点火を始めたのが起源とされています。 「法」は、江戸時代初めに、西側に「妙」の送り火しかなかったため、日良上人が東の山に向かって新たに「法」を書き、これにならって火をともしたとされています。   住所:京都市左京区松ヶ崎東町31 ✤アクセス
  • 地下鉄烏丸線「松ヶ崎駅」下車、徒歩約20分
  • 叡山電鉄「修学院駅」下車、徒歩約15分
  • 北大路バスターミナルから市バス「北8」で「松ヶ崎大黒天」バス停下車、徒歩約5分
✤拝観時間:午前9時~午後5時 ✤詳細は ⇒ 妙円寺(松ヶ崎大黒天)  

證安院(しょうあんいん)

嵯峨野にあるお寺で昔から「さつき寺」として有名です。 本堂には来迎阿弥陀仏三尊仏が祀られ、また観音様は「洛西三十三ヶ所」の第16番札所にもなっています。     ✤住所:京都市右京区嵯峨二尊院門前善光寺山町22 ✤アクセス
  • 京福電車「嵐山駅」から、徒歩約19分
  • トロッコ「嵐山駅」から、徒歩約11分
  • トロッコ「嵯峨駅」から、徒歩約21分
✤詳細は ⇒ 證安院  

円常院(えんじょういん)

本門法華宗のお寺で、妙蓮寺境内にあります。   住所: ✤アクセス
  • 市バス「堀川寺ノ内」バス停下車、徒歩3分
✤詳細は ⇒ 円常院

まとめ

今回は、毎年8月16日に行われる京都の五山の送り火にちなんで、「五山の送り火バージョン」の御朱印を拝受できるお寺について、「京都五山の送り火2018で特別御朱印が拝受できるお寺はどこ?」と題して紹介してきましたが、いかがだったでしょうか? 紹介させていただいたお寺以外にももっと「五山の送り火バージョン」の御朱印を授与していただけるお寺があると思いますので、また調べておきたいと思います。 ご存知の方がおられれば、教えていただけるとありがたいです。 よろしくお願いいたします。 最後までご覧いただき、ありがとうございました。ちょっとだけでもお役に立てればうれしいです(^^♪ ✤「京都五山の送り火2018の点火時間は?よく見える穴場スポットも!」の記事もどうぞ(^^♪