東京タワーの赤い鎖~怨念の地下屋敷~がマジ怖い!ストーリーは?映画や演劇の松竹が手がけるお化け屋敷ブランドの「松竹お化け屋本舗」。 映画製作のスタッフが本格的なセットを作って、ホラーの世界にあなたを誘います・・・。 東京タワーのお化け屋敷を担当して今年で4年目。 毎年、訪れた人たちを恐怖のドン底に陥れているそうです・・・。 今年は、「恐怖の地下屋敷」というお化け屋敷が東京タワーに出現! 今年は音をたてるとヤツが来る・・・とかで、酷暑の夏が恐怖のあまり、ここだけ涼しくなっているそうです・・・。 今回は、東京タワーのお化け屋敷について調べてみました(^^♪
Sponsored Links

東京タワーのお化け屋敷2018

出典:https://www.tokyotower.co.jp/ 今年の東京タワーのお化け屋敷は「東京タワーの赤い鎖~怨念の地下屋敷~」!   🌸場所:東京タワー 地下1階タワーホール 🌸アクセス ✤都営大江戸線「赤羽橋駅」から徒歩5分 ✤東京メトロ日比谷線「神谷町駅」から徒歩7分 ✤都営地下鉄三田線「御成門駅」から徒歩6分 ✤都営地下鉄三田線「芝公園駅」から徒歩10分 ✤都営地下鉄浅草線「大門駅」から徒歩10分   🌸開催期間:2018年7月14日(土)~9月2日(日) 🌸営業時間:12時~21時 🌸入場料金中学生以上:900円4歳~小学生:600円 🌸所要時間:あなた次第・・・  

ストーリー

東京タワーの公式サイトによりますと・・・。 「かつてこの場所には古い屋敷があったそうです・・・。 屋敷には牢屋があって、332人もの人達を切り殺していた1人の侍が鎖でつながれていました・・・。 侍は許しを請いましたが、ひと夏の間拷問を受けたのち、死んでしまいました・・・。 しかし、その後誰もいなくなったはずの牢屋の中から夜な夜な恐ろしい音が聞こえ始めてきました。 鎖を引きちぎろうとする音・・・。 助けを求めるうめき声・・・。 侍の祟りを恐れる人たちはその屋敷を取り壊してしまいました。 それから時が経ち、2018年の夏! その屋敷の跡地に東京タワーが建って60年目の夏! タワーの高さは333メートル、殺された人の数は332人・・・。 最近、地下から妙な音がするという噂が・・・。 ガシッ、ガシッ・・・ その音が背後から聞こえた時に、侍の声が聞こえるはず・・・。 あと一人・・・と。」     音をたてると、ヤツが来る・・・そうです。   なんか、怖そうですね~~~。 さすが、松竹さんが企画するだけあって、ストーリー自体も恐ろしいですね・・・。 怖がりの私、予告動画を最後まで見る気がしなかったので、途中でやめました。 あとで思い出したときに怖いですものね・・・。

口コミや感想は?

下のツイートは、松竹お化け屋本舗さんのtwitterですので、宣伝ですが・・・。 実際に体験された方々のツイートがありましたので、いくつかご紹介していきましょう(^^♪      

まとめ

今回は、東京タワーのお化け屋敷について、「東京タワーの赤い鎖~怨念の地下屋敷~がマジ怖い!ストーリーは?」と題して紹介してきましたが、いかがだったでしょうか? 同じく松竹お化け屋本舗がプロデュースしているのが京都タワーのお化け屋敷です。 こちらは「京都タワー化け物屋敷~烏丸通七条下ル東塩小路町上ル上ル 京都田和阿更に上ル~」です。 こちらも、怖いそうですよ~~~。 最後までご覧いただき、ありがとうございました。ちょっとだけでもお役に立てればうれしいです(^^♪ ✤「京都タワーの化け物屋敷2018は本物が出るらしい?口コミや感想は?」の記事もどうぞ(^^♪ ✤「関西の怖いお化け屋敷2018人気ランキング!最恐はどこだ?」の記事もどうぞ(^^♪ ✤「ひらパーのキラーピエロは昼も夜もガチで怖い!あなたは耐えられるか?」の記事もどうぞ(^^♪ ✤「富士急ハイランド絶凶・戦慄迷宮2018は怖すぎ!口コミや反応は?」の記事もどうぞ(^^♪