第100回記念大会となる夏の甲子園。 様々な選手が登場しますが、多くは2年生と3年生でしょう。 1年生は、春に入学してきたばかりですから体力的にも技術的にもこれからということで、来年再来年の甲子園を目指しているはずです。 ところが、今回の大会ではスーパー1年生が登場します! 二松学舎大学付属高校の1年生、山田将義選手です。 (もちろん、1年生で甲子園に出場予定の選手は他にも何人もいますが・・・) 山田将義選手は、1年生に入学してすぐにレギュラー入りし、おまけにキャッチャーとして先輩のピッチャーをリードしてきたというのですから、びっくりです。 今回は、二松学舎大学付属高校の山田将義選手について、調べてみました(^^♪
Sponsored Links

山田将義選手

出典:https://twitter.com/shukohbaseball
読み方やまだ まさよし
生年月日・学年2002年8月26日(1年生)
出身地東京都
身長・体重175cm、70kg
ポジションキャッチャー
投打右投げ/左打ち
笑顔が良いですねえ~~(#^.^#) 2017年10月31日に投稿されたtwitterでの写真ですから、まだこの時点では山田将義選手は中学生なんですねえ。

スーパー1年生と言われるわけは?

野球を始めたきっかけはご両親が野球をされていて、お父さんに勧められて、5、6歳ぐらいから野球を始めたそうです。 小学校のころは、東京都葛飾区に拠点を置く「リトルジャイアンツ」に所属して軟式野球をしていました。 このころから、スーパー1年生と言われる輝かしい経歴が誕生していきます~♫ 🌸2014年:読売ジャイアンツジュニアに選ばれる! 小学生による軟式野球大会「NBP12球団ジュニアトーナメント2014」に出場する「ジャイアンツジュニア」のメンバーに選ばれました。 「NBP12球団ジュニアトーナメント」とは、日本野球機構とプロ野球12球団が連携し、子供たちに「プロ野球への夢」という目標をより身近に感じてもらうために企画された小学生(5,6年生)による軟式野球大会のことです。 また、「ジャイアンツジュニア」とは、読売巨人軍が主催する「ジャビットカップ」に加盟する東京都及び川崎市の各連盟から推薦を受けた学童選手と巨人軍振興部の推薦を受けた選手の中から選ばれた18人のメンバーです。 この時は、福岡ヤフオク!ドームで開催される「NBP12球団ジュニアトーナメント2014」に山田将義選手は出場し、勝ち進んで北海道日本ハムファイターズジュニアとの決勝戦において、初回先制点を取られましたが、その裏に、山田将義選手が内野安打で出塁して盗塁し、送球が乱れる間に生還し同点に追いつくという快挙を果たし、結果、3対4で優勝しました!   🌸2014年:侍ジャパン12U代表に選ばれる! 「第8回 BFA U-12アジア選手権」代表メンバーに選ばれました! 「BFA  U-12アジア選手権」は、アジア野球連盟(BFA)が主催する隔年で開催される11、12歳のアジアの国と地域の代表選手で競われる野球の国際大会です。 その時の写真ですね・・・。 出典:http://www.japan-baseball.jp/jp/team/12u/2014/asianchampionship/6.html この時はまだ163cm、53kgの身長・体重でした。 ポジションはキャッチャー。 将来の夢は、プロ野球の選手になることで、好きな球団は読売ジャイアンツ、好きな選手は阿部慎之助選手と田中将大選手だったようです。 🌸2017年:侍ジャパン15U代表に選ばれる! 中学校は、駿台学園に進学。 その時に、「第9回 BFA U15アジア選手権」のメンバーに選ばれました! おまけに主将として! 2014年の時の写真と比べると、お兄さんの顔になっていますね(#^.^#) 出典:http://www.japan-baseball.jp/jp/profile/201407012.html この時、175cm、70kgの身長・体重でした。 ポジションはキャッチャーではなく、内野手として公表されていました。 面白いことに好きな球団は、ジャイアンツから北海道日本ハムで、好きな選手は近藤健介選手になっていました。 でも、将来の夢はやっぱりプロ野球選手になることでした! このアジア大会では、5戦無敗の完全優勝を成し遂げることができました♫   「第9回 BFA U-15アジア選手権」優勝へ向けての記者会見で! 出典:http://www.japan-baseball.jp/jp/news/press/20171027_2.html この記者会見で、この大会に向けての抱負を聞かれて、「全国の数多くの中学球児の中から18人に選んでいただいたことに自覚を持ってプレーしていきたいです。18人で大会2度目のアジアチャンピンを取れるように頑張っていきたいです」と話していました(^^♪ 引用:http://www.japan-baseball.jp/jp/news/press/20171027_2.html   侍ジャパンの時のメンバーたちと!   中学生にして、この強肩と正確なスローイング! 出典:YouTube 【追記 8/12】 8月12日の広島代表の広陵高校戦で、いきなり1塁走者の2塁への盗塁を刺しました! 解説者曰く、1塁走者のスターと自体悪くはなかったが山田捕手のけん制の方が素晴らしかったとのことです! 確かに放送を見ていて、正確な「ストライク」のけん制で余裕を持ってアウトにしていました。   🌸2018年:二松学舎大学付属高校に進学! 高校に進学してしてすぐにレギュラー入りしています!   この写真だけを見ていると、どっちが先輩なのか分からないほど、貫禄十分! 事実、甲子園行きの切符をかけた東東京大会の決勝戦では、自身では1安打2打数の成績を挙げるとともに、2人の先輩ピッチャーをうまくリードして優勝に貢献しました。 先発の2年生の大庭颯仁投手は、大庭颯仁投手自身の連係ミスで失点した時にマウンド上で「ここは周りのせいにして切り替えましょう」と山田将義選手から声をかけられたことで冷静さを取り戻せたと評価しています。 また途中から引きついだ3年生の岸川海投手は、球が少しインコース気味に入っていたら『(体が)流れてますよ』って」と言われて体勢を修正できたと評価していたそうです。 なかなかのものですね。 でも、これだけの輝かしい経歴を持っていながら、全然偉そうにせず、むしろ、とっても謙虚な山田将義選手なんだそうです。 素直に育ってきている証拠なんでしょうね(#^.^#)

イケメン選手!

なかなか精悍なお顔で、イケメンですよね~~(#^.^#) 笑顔が特に素晴らしい! キャッチャーなので、プレー中はあんまりお顔が見えませんが、マスクを外すとなかなかのもんです。    

まとめ

今回は、二松学舎大学付属高校のキャッチャー、山田将義選手について、「山田将義(二松学舎)はイケメンでスーパー1年生!経歴がヤバすぎ」と題して紹介してきましたが、いかがだったでしょうか? これまでの経歴を見ていますと、将来が楽しみですね~♫ ぜひ、甲子園で立派なリードをしてもらって、暴れて欲しいものです! 最後までご覧いただき、ありがとうございました。ちょっとだけでもお役に立てればうれしいです(^^♪ ✤「夏の高校野球2018イケメン選手は誰だ?エピソードも紹介!」の記事もどうぞ(^^♪ ✤「野尻幸輝(木更津総合)が二刀流でサイクルヒット!進学やドラフトは?」の記事もどうぞ(^^♪ ✤「夏の高校野球2018レジェンド始球式登板は誰?日程や雨の場合も!」の記事もどうぞ(^^♪ ✤「林優樹(近江高校)はイケメンで可愛いけれど投球術はスゴイと評判!」の記事もどうぞ(^^♪