今年の夏の猛暑には閉口しますね・・・。

春ごろから気温の高い日が続き、春の花々が一気に咲き始めてしまって観光地も困っていました。

その延長上にあるのか、高温はずっと続き、7月中旬ですでに岐阜県揖斐川町では最高気温が39.3℃を記録しました・・・。

体温よりはるかに高い気温ですから、人間の体が不調をきたすのも無理ありませんね。

困ったことに、熱中症で救急搬送されたというニュースが日常茶飯事のようになってしまっています。

でも、熱中症よりももっと怖いのが「夏血栓」と呼ばれるものだそうです。

「夏血栓」って、普段あんまり耳にしませんが、いったい何なのでしょうか?

今回は、「夏血栓」について調べてみました(^^♪

Sponsored Links

夏血栓とは

「夏血栓」と言っても、「夏血栓」という病気そのものではありません。

血栓、つまり血のかたまりが原因で夏に起こる心筋梗塞や脳梗塞、肺血栓塞栓症(エコノミークラス症候群)などを言います。

血栓で良く例に引き出されるのがエコノミー症候群(肺血栓塞栓症)ですね。

飛行機のエコノミークラスで狭い椅子に長時間座ったままの状態でいますと、足の血液の流れが悪くなって静脈の中に血のかたまり(静脈血栓)ができやすくなります。

この静脈血栓が歩行などをきっかけに足の血管から離れて血液の流れに乗って肺に行き、肺の動脈を詰まらせてしまい、呼吸困難や胸痛、時には心停止をきたすという結果になってしまうというわけです。

私ごとですが、今年開腹手術をしました。

その時に医師と看護師からしつこく言われたのが「血栓予防のために動いてください。歩いてください」ということでした。

手術中はもちろん、術後も両足に圧迫ポンプが付けられ、その後は圧迫ストッキングの着用や血栓予防の注射(1日2回)が退院の日までありました。

それほど、肺血栓塞栓症は怖いものなのですね。

ただ、血栓自体は夏に限らず、一年中できるものですが、夏は特に血栓ができやすいのです。

熱中症より怖い夏血栓

熱中症の場合、初期の対応が適切ですと回復も早く、最悪の結果に陥る確率は1%ぐらいだそうです。

それに比べますと、夏血栓による脳梗塞や心筋梗塞、肺血栓塞栓症(エコノミークラス症候群)等の場合、30%~40%ぐらいの確率で最悪のケースに至ると言われています。

それほど夏の血栓は怖いのですね・・・。

熱中症との違い

まずは、熱中症について簡単に説明していきましょう。

熱中症とは、高温多湿な環境に対して身体が適応できないことで生じるさまざまな症状の総称です。

🌸熱中症発症のメカニズム

暑さで体温が上昇すると体温を下げようと皮膚の血管が拡張します。

血管が拡張することにより、全身を流れる血液の量が減り、血圧が下がったり脳への血流も減少してきます。

このような血流や血圧の変化から、めまいや立ちくらみ、呼吸の回数が増えてきたり脈拍が早くなったり、全身がだるくなったり、吐き気・嘔吐・頭痛と言った症状が出てきて、意識を失うという症状が出てくるのです。

🌸熱中症の初期症状は?

✤めまい・顔のほてり

✤筋肉痛や手足の筋肉がつる(「こむら返り」)

✤全身のだるさ・吐き気・嘔吐

✤汗の出方が異常(どんどん汗が出てくる、あるいはまったく汗が出ない)

✤体温が以上に高い   ・・・以上のような症状が熱中症の初期症状です。

🌸夏血栓の場合の症状は?

初期症状は熱中症の症状と同じ場合が多いです。

しかし、決定的に違うのは・・・。

熱中症の場合の初期の処置は体を冷やすことが必要!

夏血栓のような血栓症は早期に血液を溶かす処置が必要!

エコノミー症候群(急性肺血栓塞栓症)の場合、発症から1時間以内に亡くなる人の確率が40%とも言われていますので、早期に医療機関を受診することが重要です。

夏血栓を発症しやすいタイプ

夏血栓を発症しやすいタイプにはどんな人が挙げられるでしょうか?

1年中を通じて言えることではありますが、特に夏に注意する必要があるのは以下の人や場合です。

🌸アルコールをたくさん飲む人

アルコールは水分と考えがちですが、飲むと利尿作用により体内の水分は失われていきます。

そのため、脱水症状が進んで血液がドロドロ状態になっていき、血栓ができやすくなるという悪循環が起こりやすいのです。

🌸コレステロール値・中性脂肪値や血圧が高い人

悪玉コレステロール(LDL)は血管の壁にくっつくという性質があり、血管の壁にこぶ(プラーク)を作って血管内部を狭くさせてしまいます。

血管の内側が狭くなると、血液が流れにくくなり、体全身に酸素や栄養を送れにくくなり、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞を発症させやすくなります。

血管の壁にくっついた悪玉コレステロールをはがす力があるのが善玉コレステロール(HDL)です。

🌸血糖値が高い人(糖尿病の人)

糖尿病になると動脈硬化を招き、血管内部にこぶ(プラーク)ができやすくなります。

このため、血流が悪くなって全身に酸素や栄養を送れにくくなり、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞を発症させやすくなります。

🌸長時間同じ姿勢(特に座っている)をしている人

長時間座ったままの状態でいますと、足の血液の流れが悪くなって静脈の中に血のかたまり(静脈血栓)ができやすくなります。

🌸煙草をよく吸う人

喫煙によって血液は固まりやすくなり、また血管も収縮しやすい状態になってしまいます。

また喫煙は総コレステロール値と悪玉コレステロール(LDL)(悪玉)値を高め、善玉コレステロール(HDL)値を下げてしまう作用もあり、血管を狭くしたり血流を悪くして血栓症の原因にもなります。

夏血栓の予防と対策

夏血栓の予防や対策にはどんなものがあるでしょうか?

糖尿病や悪玉コレステロール値の高い人などの場合、普段の治療も重要ですが、夏にはさらなる予防策が必要になります。

🌸上手な水分補給

夏は大量の汗をかきますので体内の水分が少なくなり(脱水症状)、血管の流れも悪くなります。

そのため水分の補給が必要となりますが、単に水を飲めばよいというわけでもありません。

水を飲んでも体に行きわたるには20分ほどかかりますので、「のどが渇いた」という感じがなくても、こまめに少しずつ水を口に含むということが大切でしょう。

水分補給の目安としては、1日1.5~2リットルだそうです。

また、運動時には単なる水ではなく塩分等のミネラルを含んでいるスポーツドリンクが吸収率の関係からもお勧めです。

就寝中にも汗は出ていますので、就寝前にコップ1杯の水を飲むことも重要です。

筋肉量の多い人は、体内に水分を多く蓄えることができますので、日ごろから運動をして筋肉が増えるような体つくりをしておくことも大切です。

🌸血液をサラサラにする食事をとる

普段から血液をサラサラにする食事をとることに心がけて、血栓ができにくいようにしましょう。

血液をサラサラにするものは・・・。

✤納豆:納豆に含まれているナットウキナーゼという成分に血栓予防作用があります。

心筋梗塞や脳梗塞は明け方に発症することが多いので、特に夕ご飯の時に食べると良いそうです。

✤緑黄色野菜やかんきつ類:ビタミンEとCは、抗酸化作用が強く、動脈硬化の予防につながります。

✤青魚:イワシ、サバ、サンマなどに多く含まれているDHA(ドコサヘキサエン酸)には血管の弾力性を高めたり、赤血球の柔軟性を向上させる働きがあり、EPA(エイコサペンタエン酸)は血栓をつくりにくくして血流を良くする働きがあります。

麦茶は血栓症に良い?

夏になると麦茶が良く飲まれますが、麦茶独特の香りが好まれるからなんて単純な理由からだけではないようです。

麦茶にはいろんな効用があり、昔の人は理屈は知らなかったものの本能的に(?)麦茶を夏に飲むと良いと考えていたのかもしれません。

🌸麦茶の効能は・・・

血流・血行促進作用

麦茶の香りの成分である「アルキルピラジン」は血液をサラサラにする効能があり、血栓予防になります。

単に水を飲むよりも麦茶を飲んだ方が良いのですね♫

体を冷やす作用

麦茶の原料である大麦には体を冷やす効能があると言われています。

大麦の収穫期が初夏だから夏に麦茶が飲まれるという単純な理由だけではなく、実際に体温を下げてくれるのですね。

高血圧やむくみを解消する作用

麦茶に含まれるミネラル(特にカリウム)には塩分の排泄を促進する作用がありますので、摂り過ぎた塩分を排泄し、血圧を安定させるという効果をもたらします。

血圧が安定しますと、血栓症の予防にもなりますね。

抗がん作用

麦茶の原料の大麦には「p-クマル酸」という成分が含まれていて、抗酸化作用があり、発がん性物質を抑えるという作用があります。

 

麦茶には上記のような作用がありますでの、熱中症や夏血栓に良いとされています。

こまめに少しずつ麦茶を飲んで、熱中症や夏血栓を防止したいものですね。

ただ、冷蔵庫に冷やしている冷たい麦茶を一気にがぶ飲みすることは、体に良くありませんので、冷たい麦茶はゆっくりと飲むようにしてください。

お勧めは常温の麦茶ですけどね。

まとめ

今回は、夏血栓について、「夏血栓は熱中症より怖い!症状や対策は?麦茶が効果的って本当?」と題して紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

この記事を書いている2018年7月18日ですが、岐阜県の多治見市で13時34分に40℃に達したというニュース速報が流れました!

熱中症はもとより夏血栓による心筋梗塞・脳梗塞等によって救急搬送が昨日よりも多く行われているかもしれませんね。

まだまだ夏は本番を迎えたばかりですので、皆さんもこまめに麦茶を飲んで頑張って行きましょう(^^♪

最後までご覧いただき、ありがとうございました。ちょっとだけでもお役に立てればうれしいです(^^♪