和歌山県の白浜(しらはま)と言えば、古くから関西のリゾート地として、温泉や海水浴で人気がある所です。

最近は、5頭のジャイアントパンダが暮らしているアドベンチャーワールドも人気ですけどね。

その白浜にあるのが南紀白浜空港です。

本州最南端の場所にあり、和歌山県が設置・管理している空港です。

その南紀白浜空港が今年開港50周年ということで、4月から記念イベントが行われています。

その記念イベントの1つとして、ブルーインパルスの展示飛行が決まりました!

今回は、南紀白浜空港開港50周年記念の展示飛行をするブルーインパルスについて、調べてみました(^^♪

Sponsored Links

南紀白浜空港

1968年(昭和43年)に和歌山県が設置した空港です。

以前は大阪や名古屋を結ぶ便もありましたが、現在は東京(羽田空港)と南紀白浜空港間の定期便が1日3往復あるのみです。

白浜温泉、空港周辺の観光地(特にアドベンチャーワールド)や熊野古道に行くための観光客がこの便を利用しています。

南紀白浜空港開港50周年記念

今年は、1968年の4月1日に南紀白浜空港が開港して50周年ということで、様々な記念行事が行われています。

JALの機体にも記念のマークが描かれていますよ。

 

 

また、アクロバット飛行で有名な室谷義秀さんのエアーショーも5月にありました!

 

 

🌸住所:和歌山県西牟婁(にしむろ)郡白浜町才野1622-125

🌸アクセス

✤JR「白浜駅」からバスで約20分(アドベンチャーワールド経由)

✤JR「白浜駅」からタクシーで約10分

ブルーインパルスの展示飛行!

出典:https://twitter.com/Sankei_news

南紀白浜空港開港50周年記念のイベントの1つとして、航空自衛隊のブルーインパルスの展示飛行が実施されます!

🌸飛行日:2018年9月2日(日)

🌸飛行時間:未定発表され次第、追記させていただきます

🌸飛行場所:白良浜上空(西牟婁郡白浜町) 

 

開催日は発表されていますが、まだ詳細は発表されていませんので、発表され次第追記させていただきますね。

当日は、「空の日フェスタ2018/南紀白浜」も南紀白浜空港で開催されていますので、両方を見られるなんて最高ですね~!

 

 

空の日フェスタ2018/南紀白浜

 

今年の「空の日フェスタ2018/南紀白浜」の詳細も発表されていませんが、毎年、南紀白浜空港で、「空の日」にちなんで開催されています。

🌸今年の予定・・・

✤開催日時:2018年9月2日(日) 13時~16時30分(予定)

✤開催場所:南紀白浜空港(普段は立ち入り禁止のエプロンが開放されます)

✤入場料:無料

✤駐車場:旧南紀白浜空港跡地(無料)

 

🌸イベント内容・・・

今年のイベント内容はまだ発表されていませんが、昨年は、和歌山県警のヘリコプターによる救助活動の様子や海上自衛隊等の飛行機の展示飛行、空港施設の見学、コンサート、化学消防車との綱引き等がありました。

 

 

まとめ

今回は、開港50周年記念イベントとして行われるブルーインパルスの展示飛行について、「ブルーインパルス南紀白浜空港開港50周年記念の飛行時間や観覧場所は?」と題して紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

2018年度のブルーインパルスの展示飛行予定の中で、関西で行われるのは唯一この白浜空港のみですので、関西人の私にとっては貴重なチャンスです。

個人的には大阪城の上を飛んでくれないかなあ~なんて思っているのですけど・・・(実現は不可能でしょうが・・・)。

白浜上空を飛ぶブルーインパルスも素晴らしいでしょうね~♫


最後までご覧いただき、ありがとうございました。ちょっとだけでもお役に立てればうれしいです(^^♪

✤「ブルーインパルス海フェスタにいがたの飛行時間は?観覧スポットも!」の記事もどうぞ(^^♪

✤「松島基地航空祭2018ブルーインパルス飛行時間は2回?混雑状況も!」の記事もどうぞ(^^♪

✤「ブルーインパルス山口ゆめ花博での飛行予定日時は?観覧スポットも!」の記事もどうぞ(^^♪