もうすぐ大相撲名古屋場所ですね。

名古屋場所を前に、新番付の発表が6月25日にありました。

新しく十両に昇進した力士が2人。

九重部屋の千代の海と木瀬部屋の美ノ海(ちゅらのうみ)の2人です。

偶然ですが、ともにしこ名の後ろに「ノ(の)海」の文字が付いていますね。

美ノ海の方は十両昇進とともに今までのしこ名の木崎から改名しました。

今回は、美ノ海について、調べてみました(^^♪

Sponsored Links

美ノ海 義久(ちゅらのうみ よしひさ)

出典:https://twitter.com/appaguchi

読み方ちゅらのうみ よしひさ
本名木崎 信志
生年月日1993年5月6日(25歳)
出身地沖縄県うるま市
出身校日本大学経済学部
身長・体重176cm、136kg
所属部屋木瀬部屋
2018年7月場所番付十両14枚目

プロフィールは?

相撲を始めるきっかけとなったのは・・・

母方のおじいさんの影響だったそうですが、叔父さんが沖縄県立中部農林高校相撲部の監督さん(現在は与勝高教頭)だったことから、自然と相撲を取る環境だったのかもしれませんね。

小学校1年生の時から相撲を始め、小学生でありながら叔父さんが監督をしていた沖縄県立中部農林高校相撲部に行って稽古をしていたというのですから、驚きです。

中学生の時、叔父さんがいる沖縄県立中部農林高校にそのまま進学するつもりだったそうですが、鳥取県の城北高校(相撲の名門校ですよね!)の合宿に参加する機会があり、城北高校のけいこの厳しさに感ずるところがあって、その後、城北高校へ進学します。

 

城北高校時代は、3年生の時に団体優勝、個人戦でも優勝しています。

この個人戦の優勝決定戦の時は、同期の逸ノ城との城北高校同士での戦いを制しました。

 

その後、日本大学経済学部に進学し、4年生の時には主将となって部を率いています。

全国学生相撲選手権大会では団体優勝、個人3位の成績を残しています。

大学卒業後、日本大学出身の木瀬親方に誘われて、木瀬部屋に入門し、2016年3月場所に初土俵を踏みました。

 

角界での成績は?

✤2016年5月場所 序ノ口で6勝1敗

✤2016年7月場所 序二段に昇進。7戦全勝で優勝!

✤2016年9月場所 三段目に昇進。7戦全勝で優勝!

✤2016年11月場所 幕下に昇進!

✤2018年7月場所 十両に昇進!

 

しこ名は沖縄に由来!

十両昇進と同時にそれまでのしこ名「木崎 信志」から「美ノ海 義久」に改名しました。

「美」は沖縄の言葉で「きれい」を意味するそうで、力士になった時はしこ名に「美」を入れたものにしようと学生時代の友人と入門前から考えていたそうです。

沖縄出身の力士として、ふさわしいしこ名ですね。

このしこ名について、木瀬親方は、仮に親方が考えたしこ名で「悪かった」と言うことになったら困るので、自分で考えてくれて良かったと笑っていたそうです(#^.^#)

そして「義久」と言う名前は、相撲をするきっかけを作ってくれたおじいさんのお名前だそうです。

おじいさんはすでに亡くなっておられるそうですが、天国でこのことを聞いて喜んでおられるでしょうね(^^♪

 

新しいしこ名を書いた色紙は、同じ木瀬部屋の宇良が書いたものです♫

宇良の字、なかなか上手なので、お習字の経験があるのかと思ったのですが、相撲教習所で稽古したぐらいとのことでした。

(ケガで休場している宇良の笑顔を見る機会があって、個人的にはうれしかったです♫)

 

 

【追記 7/1】 6月末に出身地沖縄県うるま市に里帰りをして、島袋俊夫市長を表敬訪問したり、親戚が職員を務める宜野湾市の介護支援センターにも訪問して、歓迎されました!

 

 

弟や家族は?彼女は?

お父さんのことは分かりませんでしたが、お母さんのお名前は木崎睦子さん(59歳)です。

今回の十両への昇進及びしこ名の改名について、「皆さんのおかげでここまで来られた」と感謝の意を、また「本人の沖縄へ対する深い感謝の思いがあるのでしょう。沖縄の皆さんから愛されるように頑張って欲しい」と話しておられたとのことです。

また、小学生のころから稽古をつけてこられた叔父さんで、県立中部農林高校相撲部元監督の木崎智久さんも、十両昇進についてはもちろん、しこ名におじいさんの名前を入れたことについて「涙が出るぐらいうれしかった」と喜んでおられたそうです。

 

美ノ海は3人兄弟の2番目で、弟さんも「木崎海 伸之助」と言うしこ名のお相撲さんです。

本名は、「木崎 伸之助」。

やっぱり沖縄の「海」から、しこ名にも「海」の字を入れたんでしょうかね?

今年(2018年)3月場所でデビューしたばかりのお相撲さんです。

1995年5月5日生まれで、まだ23歳!

174cmで146kgとお兄さんの美ノ海と同じく体格的には大きくはありませんが、3月5月場所共に、6勝1敗の成績で頑張っていますよ。

お兄さんの美ノ海に早く追いついて行って欲しいですね♫

 

彼女はいるの?

調べてみましたが、分かりませんでした・・・。

個人的には今は、彼女の存在よりもけいこをどんどんやって十両を突破して幕内への昇進を狙って行って欲しいですね。

彼女の存在が悪いというわけではありませんけどね・・・。

まとめ

今回は、2018年名古屋場所で十両に昇進した美ノ海について、「美ノ海のしこ名は沖縄に由来!プロフィールと弟や彼女の存在は?」と題して紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

「美ノ海」って、最初はなかなか読んでもらえないでしょうが、名前を覚えてもらえるように昇進して行って欲しいですね!

🌸沖縄と言えば「ちんすこう」が有名だけど、「ちんすこうショコラ」もおいしそう(^_-)-☆

最後までご覧いただき、ありがとうございました。ちょっとだけでもお役に立てればうれしいです(^^♪