京都の三室戸寺と言えば、春はツツジとシャクナゲ初夏はアジサイ、夏は蓮の花、秋には紅葉・・・と言うように、「花のお寺」として有名ですね。 広大な敷地にたくさんの花が咲いていて、見ていると心がうきうきしてきます。 2年前にもアジサイの花を見に行ってきましたが、最近は中国や韓国等からの観光客が多く、のんびりと花を愛でるというわけにはいきませんでした・・・。 でも、ほとんどの人たちが咲いている花を見て感動されていましたので、花はみんなを幸せにするのだなあと思います。 以前、三室戸寺のツツジとシャクナゲアジサイをご紹介しましたので、今回は、三室戸寺の蓮の花についてご紹介していきましょう(^^♪
Sponsored Links

三室戸寺

  三室戸寺は、京都府宇治市にある西国観音霊場十番の札所で、今から1,200年前に創建された本山修験宗の別格本山です。 御本尊は千手観音で、創建当初から天皇・貴族をはじめ多くの庶民から信仰され、たくさんのお堂や伽藍が立ち並んでいたそうですが、現在は江戸時代に建てられた重層入母屋造りの本堂が残っています。   三室戸寺は、「花の寺」と言われるほど、四季の花々がきれいなお寺として有名で、5,000坪もある庭園には春はツツジやシャクナゲ、梅雨の時期にはアジサイ、初夏には蓮の花等の花々を楽しむことができます。

場所・アクセス

🌸住所:京都府宇治市菟道(とどう)滋賀谷21   🌸アクセス ✤電車では・・・
  • 京阪電車 「三室戸寺駅」下車 徒歩15分
  • JR 「宇治駅」下車 徒歩30分
✤車では・・・ 京滋バイパス宇治東ICより3分(大阪方面の場合は、京滋バイパス宇治西ICを利用) ✤駐車場:有料駐車場あり(収容台数 300台)

拝観料・拝観時間

🌸拝観料:大人500円、小人300円 🌸拝観時間:午前8時30分~午後4時30分まで (但し、11月1日~3月31日の間は、午前8時30分~午後4時まで)

三室戸寺の蓮の花

三室戸寺の蓮は池の中で咲いているのではなく、鉢の中で育てられています。 鉢が置かれているのは本堂の前です。(「蓮園」と呼ばれているそうです)   上記の写真のように本堂の前にずら~っと蓮の鉢が並べられています。 春先から本堂前の鉢の蓮の葉や茎がどんどんと成長していき、大げさに表現しますと本堂の下半分が見えなくなるほど茂っていきます。 そして初夏になりますと、蓮の花が次々と開花していき、本堂と蓮の花のコンビネーションが絶好のインスタ映え写真となります。   蓮の花は100品種、約250鉢が置かれています。 有名な大賀蓮、古代蓮、青円寺蓮、陽山紅、ミセススローカムと言うような蓮の花が100品種もありますので、どれがどれやら素人の私には分からないですけどね・・・。 (大賀蓮は、2,000年も前の古代の蓮の種から現在育っているということぐらいは知っているのですが、どれが大賀蓮なのかと聞かれたら、分からないです・・・) 下の写真は、2016年6月18日に行った時の蓮の花です。 この時はアジサイのシーズンでしたので、アジサイを見に行ったのですが、早咲きの蓮の花が咲き始めていました。 と言っても、しっかりと開花しているわけではなく、つぼみが大きく膨らんできたという状態でした。 [wc_row] [wc_column size=”one-third” position=”first”] [/wc_column] [wc_column size=”one-third”] [/wc_column] [wc_column size=”one-third” position=”last”] [/wc_column] [/wc_row] [wc_row] [wc_column size=”one-third” position=”first”] [/wc_column] [wc_column size=”one-third”] [/wc_column] [wc_column size=”one-third” position=”last”] [/wc_column] [/wc_row]

見ごろや開花状況は?

例年ですと、蓮の花は6月下旬から8月上旬頃が見ごろです。 2016年6月18日に行ったときは、つぼみが大きく膨らんできている状態でしたので、やはりこの年も6月下旬からどんどん開花していったはずです。 今年は春に気温が高い状態が続いて、桜やツツジの開花が早かったのですが、蓮の花は例年通りの開花状況のようです。 下のtwitterさんは、今年の6月12日に行かれていますが、やはりまだメインはアジサイで、蓮の花はもう少しっていう感じですね。  

ハス酒を楽しめる!

毎年、三室戸寺では「ハス酒を楽しむ会」を開催します! 蓮の葉にお酒を注いで、茎からお酒を飲むというわけですね(象鼻杯)! 大阪の万博記念公園でもやっていますよ! 健康と長寿に効果があるとか。     🌸開催日:2018年7月13日(金) 🌸開催時間:午前9時~正午 🌸料金:500円 但し、先着300人ですから、正午までには終了してしまうのではないでしょうか?

まとめ

今回は、京都の三室戸寺の蓮の花について、「三室戸寺の蓮の花2018見頃や開花状況は?ハス酒も楽しめる!」と題して紹介してきましたが、いかがだったでしょうか? 最近の三室戸寺は外国人観光客が多くて、ゆっくり参拝できるような状態ではないのですが、でもやはり蓮の花やアジサイ、ツツジ等の花がきれいなお寺ですので、行ってみる価値はあると思います。 🌸三室戸寺は宇治市にあります。宇治と言えばお抹茶ですね・・・(^_-)-☆

最後までご覧いただき、ありがとうございました。ちょっとだけでもお役に立てればうれしいです(^^♪ ✤「関西の蓮の花2018お勧めの穴場スポットはココ!見頃やアクセスも」の記事もどうぞ(^^♪