初夏の花と言えばいろいろありますが、私は蓮の花がまずは頭に浮かびます。 蓮の花、特にピンクのきれいな花が大好きです。 昨年、大阪の万博公園の蓮の花を見に行ってきました。 万博公園は広大な敷地の至る所で植物が栽培されていて、いつ行ってもきれいな花が咲いているのですが、初夏には公園内の日本庭園の蓮池の蓮の花が見事です。 毎年、蓮の花の季節になりますと、早朝から蓮の花を観賞できるようにと、開門が早まります。 また、蓮のお酒も飲めるという趣向もあって、早朝から多くの人たちが訪れています。 今回は、万博公園の蓮の花について、ご紹介していきましょう(^^♪
Sponsored Links

万博公園の蓮の花2018

1970年に開催された万国博覧会(EXPO’70)の跡地が、太陽の塔を中心に緑の公園として再生されました。 万博記念公園内には、日本庭園や様々な植物が育てられている自然文化園をはじめ、国立民俗博物館や野球場・競技場等のスポーツ施設もあります。   🌸住所:大阪府吹田市千里万博公園9   🌸万博記念公園へのアクセス ✤電車の場合:下記の駅で下車後、大阪モノレール「万博記念公園駅」または「公園東口駅」下車、徒歩約10分。
  • 阪急:京都線「南茨木」駅、千里線「山田」駅、宝塚線「蛍池」駅下車
  • 地下鉄御堂筋線(北大阪急行線)「千里中央」駅下車」
  • 地下鉄谷町線「大日」駅下車
  • 京阪「門真市」駅下車
✤駐車場   🌸日本庭園へのアクセス ✤電車の場合
  • 万博記念公園駅~中央口経由 北へ徒歩で約20分
  • 公園東口駅から西へ徒歩で約15分
✤車の場合
  • 日本庭園前駐車場~日本庭園前G経由 北へ徒歩で約5分
  • 東駐車場から西へ徒歩で約15分
  • 中央駐車場~中央口経由 徒歩で約20分
  🌸入園料金:大人250円、小中学生70円(日本庭園・自然文化園共通)

万博公園の蓮の花

蓮の花は、日本庭園の中の蓮池で見ることができます。   出典:http://www.expo70-park.jp/flower/4057/ 日本庭園の蓮池は6,250㎡。 [wc_row] [wc_column size=”one-third” position=”first”] [/wc_column] [wc_column size=”one-third”] [/wc_column] [wc_column size=”one-third” position=”last”] [/wc_column] [/wc_row] この広大な蓮池で咲く蓮の花の種類は、26品種で、1,200株の蓮の花が楽しめます。 また、蓮の花とともに7品種、約1,000株のスイレンも咲いています。 実際に行って見た感想としては、蓮の花は小ぶりの品種のものが多いという感じでした。 弥生時代の蓮の花と言われる「大賀蓮」やこの「大賀蓮」とアメリカの黄色の蓮「王子蓮」を掛け合わせた「舞妃蓮」、インドのネール首相から贈られたといわれる「ネール蓮」等の蓮がたくさん咲いています。 [wc_row] [wc_column size=”one-third” position=”first”] [/wc_column] [wc_column size=”one-third”] [/wc_column] [wc_column size=”one-third” position=”last”] [/wc_column] [/wc_row] [wc_row] [wc_column size=”one-third” position=”first”] [/wc_column] [wc_column size=”one-third”] [/wc_column] [wc_column size=”one-third” position=”last”] [/wc_column] [/wc_row]

開花時期や見頃は?

昨年(2017年)の7月2日に行った時点で、すでに多くの蓮の花が咲いていました。 7~8分咲きと言う感じだったように思います。 今年は、春先からの高温状態が続いていますので、昨年以上に早く開花が見られ、見ごろは6月末から7月上旬にかけてではないでしょうか? 蓮の花は1日でしぼんでしまうわけではありませんし、次から次へと咲いていきますので、7月中旬以降も見ごろと言えます。 でも、満開の素晴らしい時期に行っておこうと思っておられる方は、ぜひ、7月上旬までに行って下さいね。

早朝観蓮会

蓮の花は早朝から咲き始めますので、毎年この時期には日本庭園の開園時間が早められます。 🌸開催時期2018年6月29日(金)~7月1日(日)7月6日(金)~8日(日)7月13日(金)~16日(月・祝) 🌸開園:午前6時~  (雨天決行・荒天中止)

象鼻杯とハス酒の試飲会

出典:https://twitter.com/tama196 毎年、観蓮会の期間中の土日祝の午前中に、無料でお酒がふるまわれます♫ 「象鼻杯」は、穴を開けた蓮の葉を持ち上げてお酒を注ぎ、長い茎の先から飲む姿が象の鼻に似ているということで、そういうように呼ばれています。 「ハス酒」は、日本酒に蓮の茎を漬けて蓮の香りがついたお酒です。 各日共に、象鼻杯は先着300名、ハス酒は先着100名です。 無料ですので、お酒の好きな方はぜひ! 但し、昨年私が午前8時についた時点では終了していましたので、6時にはすでに行列ができていたのではないでしょうか。

まとめ

今回は、大阪府吹田市の万博記念公園の蓮の花について、「万博公園の蓮の花2018の開花時期や見頃は?象鼻杯と蓮酒の日程も」と題して紹介してきましたが、いかがだったでしょうか? 万博記念公園の蓮池、なかなか広い池で、たくさんの蓮が植えられていますので、堪能できますよ♫ 🌸象鼻杯でお酒を提供している菊正宗からコメ発酵液の美容液も出ていますよ(^_-)-☆

最後までご覧いただき、ありがとうございました。ちょっとだけでもお役に立てればうれしいです(^^♪ ✤「万博公園のコスモス2017の開花時期や見ごろは?アクセスや駐車場も」の記事もどうぞ(^^♪ ✤「法金剛院の蓮の花2018の開花時期や見頃はいつ?お勧めの時間帯も」の記事もどうぞ(^^♪ ✤「関西の蓮の花2018お勧めの穴場スポットはココ!見頃やアクセスも」の記事もどうぞ(^^♪