毎年、5月の末から6月中旬にかけて、大阪市旭区の城北(しろきた)公園の中にあります菖蒲園が開園されます。 この城北公園の菖蒲園、普段は入れませんが、花しょうぶの開花期間中だけ公開されます。 我が家から比較的近い所にありますので、毎年のようにこの季節には花しょうぶを見に行きます。 初夏の日射しの下、鮮やかに咲き誇る花しょうぶを見るのもなかなか楽しいものです。 今回は、大阪市旭区の城北公園の菖蒲園の花しょうぶにについて、ご紹介していきましょう(^^♪
Sponsored Links

城北公園の菖蒲園

  城北公園は、旧淀川の河川敷を利用して作られた約9.5ヘクタールもの大きさがある公園です。 公園と言っても遊具等はほとんどなく、大きな池や菖蒲園、桜並木や芝生の広場があって家族連れでゆったりと休日を過ごすことができるような場所です。 すぐそばが淀川ですので、公園に飽きたら淀川の河川敷に出て淀川の眺めを見るのも面白いです。 この城北公園の中に、花しょうぶを育てている菖蒲園があります。 菖蒲園は1964年に開園され、約1万3,000ha(9万5,000㎡)の広大な敷地に、花しょうぶが育てられています。 🌸住所:大阪市旭区生江3-29(城北公園内)   🌸アクセス ✤JR「大阪駅」から「守口車庫前行」バス(34系統)。「城北公園前」バス停下車、すぐ。 ✤大阪メトロ谷町線「天満橋駅」からバス「守口車庫前行」(10系統)、または「都島駅」からバス「守口車庫前行」(10系統)。「城北公園前」バス停下車、すぐ。 ✤大阪メトロ谷町線「太子橋今市駅」からバス「大阪駅行」(34系統)。「城北公園前」バス停下車、すぐ。 ✤京阪電車「土居駅」からバス「大阪駅行」(34系統)又は「天満橋行」(10系統)。「城北公園前」バス停下車、すぐ。 🌸菖蒲園の開園期間と時間開園期間:2018年5月18日(金)~6月13日(水)開園時間:午前9時30分~午後4時30分(午後5時に閉園)   但し、下記の土日は、午前8時~午後5時30分(午後6時に閉園)になります。
  • 6月2日(土)
  • 6月3日(日)
  • 6月9日(土)
  • 6月10日(日)
✤城北公園は、年中無休で、24時間開園(開放)しています。 🌸入園料:200円(高校生以上) ✤中学生以下、大阪市在住の65歳以上の方、障がい者手帳等をお持ちの方は無料です。 ✤城北公園は、無料です。

城北公園の菖蒲園の花しょうぶ

花しょうぶの花は咲き始めから3日間ぐらいで咲き終わるそうです。 その3日間に花の色が変化していくため、「花が芸をする」と表現されるのだそうですよ。 城北公園の菖蒲園には、江戸系、伊勢系、肥後系の250品種、約1万3,000株の花しょうぶが育てられています。 園内の品種の案内図ですが、実に細かい! でも、これだけたくさんの品種が実際に植えられているのですね。 [wc_row] [wc_column size=”one-third” position=”first”] [/wc_column] [wc_column size=”one-third”] [/wc_column] [wc_column size=”one-third” position=”last”] [/wc_column] [/wc_row] [wc_row] [wc_column size=”one-third” position=”first”] [/wc_column] [wc_column size=”one-third”] [/wc_column] [wc_column size=”one-third” position=”last”] [/wc_column] [/wc_row] 🌸花しょうぶ・アヤメ・カキツバタの違い 花しょうぶとアヤメ、カキツバタって、似ていてどれがどれか判断しにくいですね。 なんとなく、これはアヤメで・・・なんて勝手に判断していますが・・・。 昨年城北公園の菖蒲園に行ったときに、菖蒲園の中に看板があって、アヤメ・花しょうぶ・カキツバタの違いについて表にされていました♫ 理解できたようで、理解できていないようで・・・。 🌸花しょうぶの種類・・・ 花しょうぶの栽培は、江戸時代の中期ごろから品種改良が盛んになり、最盛期には400品種近くの花しょうぶが育てられていたそうです。 特に、江戸、伊勢、肥後の3地域で盛んだったことから、江戸系、伊勢系、肥後系と呼ばれています。 それぞれの特徴は、下記に簡単にまとめてみました(^^♪
系統特徴
江戸系・群生させて楽しむために改良されてきたので、丈夫で草丈が高い。
・花びらの間に隙間がある三英咲きが多い。
伊勢系・花弁はちりめん状で深く垂れる三英咲きで柔和な感じ。
・鉢植え栽培が多く、葉と花が同じ高さになっているものが多い。
肥後系・大輪咲きのものが多く堂々とした感じ。
・室内観賞用に鉢植え栽培されたものが多く、草丈は低め。
・花弁が大きく、重なり合う六英咲きが多い。

見頃は?

私は、5月26日に行ってきましたが、その時点ですでに6分咲きと言う感じでした。 品種によっては全くつぼみ状態の花しょうぶもありました。 遅咲きのものもありますし、多くの花しょうぶの株がありますので、閉園する6月13日まで十分、楽しめると思います。 また、城北公園内でイベントがある6月2日3日のころがちょうど満開で、花しょうぶを見る前後にイベントに参加するというのも結構ではないかなと思いますよ♫ 植木市もやっていますので、それを見るのも楽しいですよ(^^♪

イベント情報!

菖蒲園の開園に合わせて、城北公園で「城北公園フェア」が開催されますよ♫ 昨年もちょうど開催されている時に行きましたが、食べ物を売る屋台や植木市、ミニコンサート等が行われていて、家族連れで大変にぎわっていました。 🌸開催日時:6月2日(土)・3日(日)、午前11時~午後7時(3日は6時まで) 🌸開催場所:城北公園の入り口周辺~菖蒲園近くまで 🌸イベント内容は・・・ ✤「ええもん!うまいもん!フェスティバル」では、全国のグルメを堪能できます(^^♪ ✤「くまモン」が登場します! ✤「全国地ビールフェスティバルinあさひ」で、城北公園だけのために特別に醸造した限定ビールを提供されます。 数量限定なので、お早めにお越しくださいね! ✤「ステージイベント」では、「直訳ロック」の王様さんや、「ONE PIECE」の主題歌で有名なアニソン歌手のきただにひろしさんが来場! ✤「大阪シティ信用金庫PRESENTS プロ野球ぶっちゃけトーク」では、「大阪シティウオーク関連イベント」として、元阪神タイガースの八木裕さんと元大阪近鉄バファローズの佐野慈紀さんによる楽しいお話がありますよ♫ ✤このほかにもいろいろと充実した子供さんから大人まで楽しめる内容のようですよ(^^♪

まとめ

今回は、大阪市旭区の城北公園内にある菖蒲園について、「城北公園(大阪)菖蒲園2018の開園期間や見頃は?イベントも!」と題して紹介してきましたが、いかがだったでしょうか? 花しょうぶって、咲き始めると3日間ぐらいで咲き終わってしまうそうで、その3日間に色が変化するから「花が芸をする」と表現されるそうですが、ずっと見ているわけではないので、色の変化は分からないですね・・・。 🌸花しょうぶの栽培って、自宅でも案外簡単にできるんですって(^_-)-☆

最後までご覧いただき、ありがとうございました。ちょっとだけでもお役に立てればうれしいです(^^♪