警察官があろうことか強盗事件に関与している疑いで指名手配されているというニュースが飛び込んできました。

先日は、滋賀県警で先輩の指導係の警察官を新人警察官が拳銃で撃つという事件がありましたが、今度は警察官が強盗事件を起こしていた疑いとは・・・。

警察官と言えば、正義の味方のはず。

とんでもない事件を起こした警察官は早く逮捕されてしかるべきですね。

今回は、強盗の疑いで逮捕状が出ている警察官について、調べてみました。

【追記 5/8】 警察はやっと氏名と顔写真を公開しました!

Sponsored Links

強盗事件に関与した疑いの警察官とは?

まず事件の概要から・・・・。

報道によりますと、群馬県嬬恋村の酒店で5月2日午前2時過ぎ、現金1万円とビール券などが奪われるという強盗事件が発生しました。

犯人は事件直後、現場付近を巡回中の警察官に体当たりをして逃走したというものです。

 

警察は、犯人は群馬県警に所属する刑事部の30代の警部補であると断定して逮捕状を請求して行方を追っています。

逮捕状を請求した理由として、警察の発表では、現場付近にこの警部補の自動車があったこと等を挙げています。

警部補の名前や顔写真は?

ニュースでは指名手配をして捜索しているとのことですが、名前や顔写真の公表は今のところないようです。

分かっているのは、身長が175cmぐらいで黒っぽい服装をしていたということだけ・・・。

【追記 5/8】 追記、やっと公開された氏名と顔写真です。

逃走から6日も過ぎています。

富山県に逃亡しているという情報もあります。

 

出典:https://news.yahoo.co.jp/

逮捕状の請求がいつされたのか分かりませんが、強盗事件を起こしたような凶悪な人間ですから、やけになってこの地域の住民に対して危害を加えるということも考えられます。

住民の安全のためにも名前と顔写真の公表はすべきと思いますが、ここでも身内に甘い警察の悪いところが出てしまっているのでしょうか?(名前と顔写真が公表されましたら、追記させていただきます

やっぱり、twitterには群馬県警の対応に批判が相次いで出ています!

 

 

動機や職務態度は?

動機は今のところ逮捕されていませんので、分かりませんが、強盗をするぐらいですから、金が欲しかったのでしょう。

ただ、強盗を働くほど警察官の給料が安いわけがありません。

特に階級社会である警察ですから、警部補の給料が安いわけがありません。

警察官の階級は、一番上が警視総監で、次に警視監、警視長、警視正、警視、警部、警部補、巡査部長、巡査となります。

警察官の給料を調べてみましたら、一概には言えませんが、年収の平均は、500~800万円ぐらいのようです。

そして警部補クラスになりますと平均の基本給が39万円ぐらいのようです。

これに手当等もプラスされるわけですから、かなりの高給ではないかと想像されます。

また、今回逮捕状が請求されている警部補は30代で警部補ですから、出世が早い方ではないかと想像されます。

となれば、夜中に酒店に侵入してわずか1万円とビール券を強奪するという犯罪に手を染める必要は全くないはずです。

生活費にも困るような状態であったとすれば、賭け事や女性お金を使って借金をし、催促に耐えかねて強盗を働いたという動機が単純に考えられますね。

 

職務態度はどうだったのでしょうか?

これも、公表されていないので分かりませんが、表面上は仕事はきちんとしていたが私生活が乱れていたという感じでしょうか?

案外、経済的に困っていたなんてことを署内では微塵にも出さず、真面目に仕事をしていたというタイプかもしれませんね。

警部補への昇任試験は難しいと言われていますので、30代で警部補になったこの警察官は真面目で優秀だったのではないかなと思われます。

だとしたら、こんな事件を起こしてしまったということに関して非常に残念ですね。

まとめ

今回は、群馬県警の警部補が強盗事件を起こして指名手配されているという件に関して、「群馬県警強盗容疑の警部補の名前や顔写真は?動機や職務態度も調査」と題して紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

事件の詳細等について現段階では発表されていませんので、詳細が判明され次第追記させていただきます。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。ちょっとだけでもお役に立てればうれしいです(^^♪