最近、何かと問題が出てきている大相撲ですが、もうすぐ5月場所が始まります。

八百長問題で一時期人気が落ちてしまった大相撲ですが、いろんな人の努力もあってやっと回復してきたなあと思ったら、悪いニュースばかりで、また相撲人気が低迷していくのではないかと心配しています・・・。

女人禁制問題については、時代も変化しているのですからちょうどここらへんで議論をしても良い時期なのかもしれませんね。

お相撲さんたちには本場所や巡業で頑張ってもらって相撲の良さをアピールして行ってもらいたいものです。

今回は、5月場所の注目力士や優勝候補について、ご紹介していきましょう(^^♪

Sponsored Links

大相撲5月場所2018

出典:https://www.instagram.com/sumokyokai/

🌸開催期間:5月13日(日)~5月27日(日)

🌸開催場所:東京・両国国技館

大相撲5月場所注目力士は?

毎回言っていますが、完全に個人的偏見と希望的観測に基づいた注目力士ですので、気楽に読み流してくださいね(#^.^#)

🌸栃ノ心

出典:https://twitter.com/sumokyokai

本名レヴァニ・ゴルガゼ
生年月日1987年10月13日
出身地ジョージア・ムツケタ
身長・体重191cm、169kg
所属部屋春日野
2018年7月場所の番付大関

初場所では14勝1敗で優勝し、3月場所でも10勝5敗で殊勲賞を受賞しました。

現在の地位が関脇ですので、大関への昇進ということが現実化してきましたね。

大関昇進のための条件は、一応、「直近3場所を三役で33勝」とされているようです。

「三役」とは大関、関脇、小結の地位を言います(但し、最近は大関を除いて関脇と小結を指す場合が多いようです)。

栃ノ心は3月場所から関脇ですので、5月場所で三役の地位に2場所いることになります。

3月場所で10勝5敗でしたので、単純に考えますと5月と7月場所で最低でも23勝をすると、大関昇進条件をギリギリでクリアーということになります。

ただ、本来なら初場所では平幕でしたので「直近3場所を三役で」という条件や14勝という勝ち星は入らないのですが、平幕で14勝での優勝という実績がかなり考慮されるようで、5月場所の成績しだいでは、7月場所には大関に昇進しているかも・・・?と言われています。

どうなるか楽しみですね(^^♪

【追記 5/27】 5月場所は13勝2敗の優秀な成績で、敢闘賞・技能賞を受賞しました!

これで大関昇進間違いなしですね!

 

【追記 5/30】 大相撲5月場所の成績は13勝2敗の成績でした。

5月30日に大関昇進が正式に決定し、伝達式では、「親方の教えを守り力士の手本になるように稽古に精進します」と口上を述べました!

✤「栃ノ心が新大関に昇進!給料の額や別居中の妻子との今後が気になる!」の記事もどうぞ(^^♪

 

🌸逸ノ城

出典:https://twitter.com/HakuhoSho69

しこ名逸ノ城 駿(いちのじょう たかし)
本名アルタンホヤギーン・イチンノロブ
生年月日1993年4月7日 (25歳)
出身地モンゴル国 アルハンガイ県
出身校鳥取城北高等学校
身長・体重192cm、215kg
所属部屋湊部屋
2018年5月場所現在の番付関脇

3月場所では前半の勢いが素晴らしかったのですが、後半に負けが続き9勝6敗の成績でした・・・。

しかし、5月場所では小結から関脇に昇進し、栃ノ心とともに大関を目指して頑張ってくれそうな予感です。

昨年の11月場所からは2場所続いて10勝の成績で(3月場所で9勝)、強い逸ノ城の復活劇の幕が上がりつつあります。

 

🌸遠藤

出典:https://twitter.com/sumokyokai

本名遠藤 聖大(えんどう しょうた)
生年月日1990年10月19日(27歳)
出身地石川県鳳珠郡穴水町
身長・体重183cm、154kg
所属部屋追手風
2018年5月現在の番付小結

3月場所では9勝6敗の成績で技能賞を受賞しました。

足のケガが重なってなかなか実力が出ない状態でしたが、5月場所では小結に昇進して、いよいよ関脇・大関への挑戦ですね。

やはり、人気と実力を兼ね揃えたこの遠藤の活躍がないと相撲の面白みが欠けます・・・。

✤「力士イケメンランキング2017!おもしろエピソードも紹介!」の記事もどうぞ(^^♪

【追記 5/19】 夏場所、3勝3敗という成績で後半戦に臨むところだった遠藤ですが、「右上腕二頭筋遠位部断裂」というケガをしてしまい、7日目から休場することになりました・・・。

一応、全治3週間という診断ですが、手術の可能性もあり、治療によっては長期間の休場になるかもしれません。

せっかく、足や腰のケガから復活してきて相撲ファンを喜ばせてきた遠藤ですが、残念です。

稀勢の里のように長引くようなことがないように願いたいものですね。

【追記 5/23】 2日間休場をしていましたが、9日目の5月22日にまた土俵上に復帰してきました!

右上腕二頭筋が完全に断裂しているという診断が出ているようですので、大丈夫なのでしょうか?

テレビ画面では、右上腕部にテーピングがされていますが、青黒いあざも見えています。

角界からは大ケガをしているにも関わらず再出場というのは狂気の沙汰という声も出ているようです。

確かに無理をして後に引きずらないようにして欲しいですね。

 

🌸阿炎

出典:https://twitter.com/sumokyokai

しこ名阿炎 政虎(あび まさとら)
本名堀切 洸助(ほりきり こうすけ)
生年月日1994年5月4日 (24歳)
出身地埼玉県越谷市
出身校流山高等学校
身長・体重187cm、140kg
所属部屋錣山部屋
2018年5月場所番付前頭2枚目

今年の初場所で新入幕。

新入幕の場所でなんと10勝5敗の好成績でしたが、正直言って、3月の大阪場所では相手に研究もされるだろうし上位との取組もあるから勝ち越しできるかなあと心配していました。

ところが、結果は初場所に引き続き10勝5敗!

入幕3場所目にして前頭2枚目にまで昇進してきました。

今場所は実力が試される場所と思いますので、もっとけいこをして頑張って欲しいものです。

人気は十分に出てきていますので、実力と人気の両方が備わったら鬼に金棒ですね♫

✤「阿炎がイケメンで可愛すぎてヤバイ!性格はチャラ男でお兄さんも面白い」の記事もどうぞ(^^♪

✤「阿炎のしこ名の意味や身長・体重・成績は?両親や彼女も調査」の記事もどうぞ(^^♪

【追記 5/18】 今場所は幕内上位に昇進しましたので、当然上位陣への挑戦の毎日です。

横綱の鶴竜に初めて挑戦した5日目は、土俵下で待っている表情がテレビに映し出されていましたが、大汗をかいていました・・・。

緊張しているのが丸分かり!

鶴竜には負けてしまいましたが、翌日の白鵬戦ではなんと白鵬から金星!

おまけにインタビューでは、「昨日がお母さんの誕生日で早く報告したいのでインタビューを終わっても良いですか?」なんて発言!

何処までもチャラ男の阿炎です(^^♪

【追記 5/27】 最終日に勝ち越しをかけましたが、残念ながら7勝8敗の成績で終わりました・・・。

来場所に期待しましょう!

 

🌸

出典:https://twitter.com/sumokyokai

しこ名魁聖 一郎
本名菅野 リカルド
生年月日1986年12月18日(31歳)
出身地ブラジル・サンパウロ
身長・体重195cm、204kg
所属友綱
2018年5月場所現在の番付前頭筆頭

持病の腰痛や膝のケガが治ってきて、直近の5場所連続勝ち越しをしてきています。

特に先場所の大阪場所では不戦勝があったものの12勝3敗という好成績で、その存在をアピールしました。

初場所での栃ノ心の優勝が大いに刺激になっているようですので、今場所魁聖の奮闘が期待できるのではないかと思います。

 

優勝候補は?

横綱3人を優勝候補の筆頭に!

🌸鶴竜

大阪場所は13勝2敗で、8場所ぶり4回目の優勝をしました!

白鵬と稀勢の里が休場し、鶴竜自身も場所前は右手のケガが不安視されていましたが、1人横綱として奮闘した姿は立派なものです。

昨年から休場が続き、引退もかなり現実化していた鶴竜ですが、これを機に強い横綱として君臨して欲しいものです。

【追記 5/27】 5月場所最終日、横綱の白鵬を倒して14勝1敗で2場所連続優勝を成し遂げました!

 

 

🌸白鵬

先場所は左足親指のケガが原因で休場しましたが、今場所はまだ表明はしていませんが、出場するものと見られます。

今場所は、3場所ぶり41回目の優勝が懸かっている場所になります。

憎らしいほど強い白鵬を土俵でまた見たいものです。

 

🌸稀勢の里

6場所連続休場中の稀勢の里ですが、今場所の出場に関してもまだ表明していません。

春の巡業では、最初のころは相撲は取らず四股を踏むなどして基礎けいこをしていましたが、途中から三番稽古にも参加するようになったそうです。

ただ、どれだけ横綱としての相撲を取れるのかという不安が大きいというのも現実です。

無理して出場して、また途中休場という事態だけは避けて欲しいものです。

5月3日の横綱審議委員会による稽古総見では、鶴竜や栃ノ心らに3勝5敗と負け越し、不安が残ったようです・・・。

【追記 5/11】 今場所の休場が決まりました。

残念ですが、体調が悪い以上は無理して出場して負けが込むような姿だけは見せられないのが横綱ですから、仕方ないでしょうね。

 

 

大関2人についてはどうでしょうか・・・?

🌸高安

初場所に引き続き、大阪場所でも12勝3敗の成績で優勝にも絡んでいました。

けいこ中に左肩を痛めたというニュースが入ってきましたが、5月3日の横綱審議委員会による稽古総見の時には途中で申し合わせをやめたそうで、少し不安があります・・・。

ただ、本場所まであと10日ありますので、回復して、今場所も優勝争いに絡む、というよりも、優勝を成し遂げて欲しいものです。

【追記 5/11】 稀勢の里と同じ部屋の高安も、左上腕部のケガで初日を休場することが発表されました。

様子を見ながら途中出場を視野に入れているとのことですが、無理だけは禁物です。(稀勢の里の例がありますから)

 

🌸豪栄道

ここ3場所は、序盤は勢いのある相撲が見られるのですが、中盤から崩れてきて結局、8勝や9勝どまりという成績に終わってしまっています。

勝った時の豪栄道と負けた時の豪栄道の差が激しすぎたり、気合が空振りしてしまうような時があるような、そんな印象です・・・。

頑張って欲しいです!

 

【追記 5/23】 心配した通り、8日目で3勝5敗の不振・・・。

9日目から休場することになりました。

途中で再出場して勝ち越さなければ、7月の名古屋場所は7回目のカド番になってしまいます・・・。

相撲解説の北の富士さんから、全勝優勝した時以外に良い相撲を取った場所を見ていないとまで酷評されてしまいました。

本来の実力はこんなものではないはずですので、奮起を期待したいものです。

 

🌸栃ノ心

優勝をするか、あるいは最後まで好成績で優勝争いに絡んでくると、大関昇進は確実ですね♫

どこまで好調を維持できるか、楽しみです。

まとめ

今回は、5月13日から始まる大相撲夏場所について、「大相撲5月(夏)場所2018の注目力士を紹介!優勝候補は誰だ?」と題してご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

暴力問題や女人禁制問題等、いろいろありますが、それでもチケットが完売されるなど、大相撲人気依然として根強いです。

今、膿を出し切って改革をしていく機会のようですね。

🌸可愛いお相撲さんのマスキングテープ! (^_-)-☆

最後までご覧いただき、ありがとうございました。ちょっとだけでもお役に立てればうれしいです(^^♪

✤「阿炎がイケメンで可愛すぎてヤバイ!性格はチャラ男でお兄さんも面白い」の記事もどうぞ(^^♪

✤「阿炎のしこ名の意味や身長・体重・成績は?両親や彼女も調査」の記事もどうぞ(^^♪

✤「栃ノ心が新大関に昇進!給料の額や別居中の妻子との今後が気になる!」の記事もどうぞ(^^♪