例年ですと、5月に入ってからツツジの花が咲き始める場合が多いのですが、今年は3月の気温が高すぎて、春の花々の開花時期が全国的に早まってしまいました。

そのため、ツツジも4月末ぐらいには散ってしまっている所もあります。

5月になると、奈良の葛城山の三町では山がまるで燃えているかのように、真っ赤なツツジが咲き乱れますが、今年の気温の高さが葛城山のツツジにまで影響しているのではないかと心配されます。

私も何回か葛城山に行ったことがありますが、確かに真っ赤なツツジが山を覆っているかのように咲いていますので、山が燃えているという表現は的外れでもないなあと思います。

以前、ちょうど満開の頃に行ったのですが、ようやく目を出し始めたつぼみが4月ぐらいに遅霜の被害に遭ってしまい、花びらが黒ずんだツツジの花になっていて、真っ赤なツツジを見ることができなかったということもありました・・・。

天候や気温によって、きれいな花を見ることができないこともありますね。

今回は、奈良県の葛城山のツツジについて、ご紹介していきましょう(^^♪

Sponsored Links

葛城山(かつらぎさん)

葛城山は、大和葛城山ともいわれ、奈良県御所市(ごせし)と大阪府南河内郡千早赤阪村(大阪府で唯一の村です!)の境にある標高959.2mの山です。

万葉集でも詠まれている二上山(にじょうざん)から金剛山に連なる金剛山地の山の1つです。

いくつかの登山道が整備されていて最短では2時間ぐらいで山頂に行けますので、休日には家族連れでの登山も人気があります。

山頂はなだらかな広い敷地になっていますので、ゆったりと周りの山々を見たりして過ごすことができます。

また、山頂には国民宿舎「葛城高原ロッジ」がありますので、食事だけあるいは宿泊も可能です。

ロッジでは研修センターもありますので、夏は涼しい環境での研修や合宿に利用されているようですよ。

私も何回か葛城山の登山をしましたが、初夏の頃はウグイスのさえずりを聞きながらひと汗かきながらの登山は爽やかなものです。

ただ、翌日からは筋肉痛との戦いです・・・。

登山はしんどい!という人は、麓からのロープウェイがありますので、これを利用されると、たった6分で山頂に到着できますよ(^^♪

(ロープウェイ情報は後で詳細にお知らせしますね)

葛城山のツツジ

葛城山と言えば、「ツツジ!」と言われるように、毎年5月になりますと山頂は真っ赤なつつじの花で覆われます。

麓から山を見た人が山が真っ赤になっているのを見て火事と勘違いし、消防に通報したという話(本当?)もあるぐらいです。

 

 

🌸葛城山のツツジの種類は・・・?

葛城山のつつじは、「ヤマツツジ」という野生のツツジの代表的な花です。

背丈の高いものは、3m以上にもなり、それが集団で自生しているのですから、満開の時は迫力十分ですよ。

細い道が続いていて、ツツジの中を歩いて見て回れます。

 

 

 

見ごろは?

例年は、5月中旬ぐらいから満開になります。(5月15日前後という感じですね。)

山桜と一緒に咲いている風景も見られますよ。

🌸今年の開花状況はどうでしょうか?

5月1日現在で、「葛城高原ロッジ」のHPによりますと、「ツツジも咲き始めました(3~5分位)」とあります。

やっぱり、例年よりも早く開花していますね。

昨年(2017年)は5月15日に行ったのですが、その時で7分咲きぐらいでした。(20日ぐらいで満開かもという状態でした)

ですので、例年よりもやはり10日ぐらいは開花が早いですね。

5月1日で、3~5分咲きということですので、5月12日と13日の土日ぐらいには満開かもしれません。

満開から1週間ぐらいで散っていきますので、5月19日と20日の土日ぐらいには散り始めてしまっているかもしれません。

例年なら、5月の末ぐらいまでは何とかツツジを見ることができるのですが、今年はそのころにはすっかりツツジは散ってしまっているかもしれません・・・。

✤詳細は → 葛城高原ロッジ

 

アクセス

🌸住所:奈良県御所市櫛羅(くしら)

 

まず、葛城山(葛城登山口)に行くには・・・?

ロープウェイ前まで電車・バスで行く方法と車で行く方法があり、次に山頂にはロープウェイで行く方法と徒歩で行く方法があります。

🌸電車・バスで行く方法

出典:http://www.katsuragikogen.co.jp/

 

🌸車で行く方法

出典:http://www.katsuragikogen.co.jp/

駐車場は、1回1,000円、120台の駐車が可能です。(臨時駐車場も開放されますが台数が少ないです)

午前10時~午後2時ぐらいまでがピークで、駐車待ちで1時間以上かかるときもあります。

 

次に、葛城山山頂に行くには・・・?(車で山頂に行くことはできません)

ロープウェイを利用する方法と徒歩で(登山)行く方法があります。

🌸ロープウェイを利用する方法

ロープウェイ山上駅で下車して、徒歩で約15分ほどで山頂のツツジが咲いている場所に到着です。

大人小人
片道:740円片道:370円
往復:1,250円往復:630円

ロープウェイ運転は、朝9時10分から夕方5時まで。

(但し、混雑が予想される満開の期間は、6時から運転されていることもあります。)

普段は、30分に1回の運転ですが、満開の期間は特別に8分に1回のピストン運転になることがあります。

ロープウェイから山頂に行く途中にもピンクのツツジが咲いていました(^^♪

🌸徒歩で登山していく方法

混雑時はロープウェイを待つ時間だけでも2時間以上はかかります(大げさではないですよ!現に昨年も私が行った時は2時間半待ちでした・・・)ので、待っている時間が馬鹿らしいという人や足に自信がある人は、歩いて登って方が良いかも。

ロープウェイに沿った感じで山道を登って行きます。

約2時間で山頂に着きますので、ロープウェイを待っている時間と変わらないですね。

 

🌸登山で行く場合のアドバイス

経路は・・・?

出典:http://goseshikankou.jp/MAP/katuragisan_map/katuragikougenmap.html

 

櫛羅(くしら)の滝コースがポピュラーです。

2017年の台風の影響で櫛羅の滝コースが通行できませんでしたが、2018年5月1日から復旧しました!

登山に慣れている人で1時間、そうでない人でも途中休憩しながら2時間もあれば到着できます。

服装は汗をかいても良いシャツを着ておくことや、靴はトレッキングシューズが良いでしょう。

お勧めの時間帯はいつ?

とにかく、満開の時期は混雑が半端ではないですから、早朝に行くことがお勧めです。

以前、朝9時ぐらいの近鉄電車に乗って大阪から御所(ごせ)駅に向かっていましたら、「ただ今、葛城高原ロープウェイの待ち時間が2時間になっています」との車内放送がありました。

この時点で急きょ予定を変更して、桜で有名な吉野に行きました(乗っていた電車は急行の吉野行きだったのです)・・・。

早朝(ロープウェイがスタートする時間前である朝の9時)には、ロープウェイ前に到着しておく必要があります。

詳細は → 葛城高原ロッジ

 

🌸葛城山に行くときのアドバイス

標高が1,000mほどありますので、気温が低いですし、風が強く吹いている時が多いです。

ですので、1枚上着を持っていく方が良いです。

登山で汗をかいても、山頂で休憩していますとしばらくしたら、ヒヤッとしてきます。

特に、早朝や夕方近くになってきますと寒いです。

まとめ

今回は、山が真っ赤に燃えているかのようにツツジの花が咲くことで有名な奈良県の葛城山について、「葛城山(奈良)のツツジ2018の見頃はいつまで?登山情報も!」と題して紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

昨年行ったときは、NHKのニュース取材班が来ていました!

その日の夕方のニュースで放送されていました。

🌸年2回、春と秋に咲くツツジなんて珍しいですね~(^_-)-☆

最後までご覧いただき、ありがとうございました。ちょっとだけでもお役に立てればうれしいです(^^♪

✤「三室戸寺のツツジとシャクナゲ2018の開花時期や見頃はいつまで?」の記事もどうぞ(^^♪

✤「三室戸寺のあじさい2018の見ごろやハートあじさいの見つけ方は?」の記事もどうぞ(^^♪

✤「長谷寺(奈良)の牡丹2018の見ごろはいつまで?アクセスも!」の記事もどうぞ(^^♪

✤「長谷寺(奈良)の寒牡丹・冬牡丹2018の開花時期や見ごろは?」の記事もどうぞ(^^♪

✤「鳥羽浄水場の藤(京都)2018の日程や見ごろは?アクセスも!」の記事もどうぞ(^^♪

✤「薬師院(明石)の牡丹2018の開花時期や見ごろは?アクセスも!」の記事もどうぞ(^^♪