2018年の初場所では、元横綱 大鵬の孫である納谷、元横綱 朝青龍の甥の豊昇龍といったDNAの素晴らしい新人力士が話題になっていますが、ここで忘れてもらってはいけないのが、もう1人います。

元横綱 琴櫻の孫の琴鎌谷です。

納谷や豊昇龍と違って、2015年11月に土俵デビューしていますので、1年と少し先輩ではありますが、まだ20歳の若さですので、これからの相撲界を担うメンバーの1人として大いに期待されています。

元横綱のDNAを受け継いだこの3人が土俵を大いににぎわせてくれるのも近いかもしれません。

今回は、元横綱 琴櫻の孫の琴鎌谷について、ご紹介していきましょう(^^♪

Sponsored Links

琴鎌谷 将且(ことかまたに まさかつ)

出典:https://twitter.com/kuru2obake

読み方ことかまたに まさかつ
本名鎌谷 将且
生年月日1997年11月19日(20歳)
出身地千葉県松戸市
出身校埼玉栄高校
身長・体重186cm、147kg
所属部屋佐渡ヶ嶽
2018年1月場所現在の番付幕下27枚目

 

家系や家族は?

祖父が「猛牛」と言われた元横綱 琴櫻で、その娘さんのお婿さんである元関脇 琴ノ若がお父さんという家系に育ちました。

当然のように将来は力士になるという環境ですね。

2005年の11月(九州)場所13日目にお父さんである琴ノ若が現役を引退することになりましたが、その時小学校2年生だった鎌谷将且少年は、家族と共に現役最後の取組を見に行きました。

その当時のことを鮮明に覚えていて、「寂しい反面、次は自分だ!」と切り替えたそうです。(小学校2年生ですよ!スゴイですね)

車で宿舎に帰る途中、お父さんである佐渡ヶ嶽親方も息子に「琴ノ若を継いでくれよ」と言ったことを覚えているそうです。

2006年にお父さんである琴ノ若(現佐渡ヶ嶽親方)の断髪式の時に、当時小学3年生だった鎌谷将且少年が廻しを締めて土俵に上がってお父さんの引退相撲の相手をしました。

この時、お父さんである琴ノ若(現佐渡ヶ嶽親方)は、「いずれ息子が、同じ琴ノ若の四股名で土俵に上がります」と、息子に期待をかけていることを宣言しました。

その言葉通り、鎌谷将且少年は相撲部の強豪校である埼玉栄中学・高校へ進学し、中学・高校の6年間を相撲部で過ごします。

 

お父さんであり、師匠でもある佐渡ヶ嶽親方と。

出典:https://twitter.com/matsudo417

 

左が先代の佐渡ヶ嶽親方(元横綱 琴櫻)で現在の佐渡ヶ嶽親方の義父、右が現在の佐渡ヶ嶽親方(元関脇 琴ノ若)琴鎌谷の実のお父さんです。

出典:http://www.shikoku-np.co.jp/

 

お母さんは、元横綱 琴櫻のお嬢さんだった鎌谷真千子さん。

出典:https://www.daily.co.jp/

真千子さんは、お母さんではありますが、50人余りいる佐渡ヶ嶽部屋のおかみさんでもあります。

高校を卒業して佐渡ヶ嶽部屋に入門してからは、母と息子という関係は封印され、あくまでも弟子とおかみさんという関係になりました。

そのため、実家であった家は実家ではなくなり、これまでは自分の部屋だった部屋にも当然には入れなくなりました。

以前、若貴兄弟もやはり貴乃花部屋に入門したときから、息子と親という関係とは決別しましたものね・・・。

 

彼女の存在はどうなんでしょうか?

調べてみましたが、今のところ、いないような・・・。

高校時代、厳しい練習で知られていた相撲部に所属していたわけですから、女の子と付き合うなんて言う余裕はなかったのではないでしょうか?

今は彼女よりも、上位を狙って精進あるのみ?

埼玉栄高校時代の成績は?

埼玉栄高校相撲部では、3年生の時に相撲部主将として相撲部を引っ張ってきました。

✤2015年のインターハイでは、団体優勝!

下の写真の右端の選手が主将の鎌谷将且。

出典:http://www.sponichi.co.jp/

✤2015年8月の世界ジュニア選手権で個人の重量級で優勝!

この時、お父さんである佐渡ヶ嶽親方は、「私が見に行くと必ず負ける。だから小学生以降、見に行かなかった。それが、久しぶりに生で見た世界ジュニアで優勝ですから」と大喜びだったそうです♫

 

埼玉栄高校の同期が、2018年の初場所で土俵デビューした納谷(納谷幸之介)のお兄さんの納谷幸林(たかもり)君です。

納谷幸林君は高校卒業後、中央大学に進学し、相撲部で活躍されています。

多分、大学卒業と同時に角界入りでしょう。

 

現在までの成績は?

✤2015年11月場所、初土俵!

✤2016年1月場所、序の口で7戦全勝で優勝!

✤2016年3月場所、序二段に昇進。6勝1敗。

✤2016年5月場所、三段目に昇進。

✤2016年9月場所、幕下に昇進。

✤2017年3月場所、三段目に降格。

✤2017年5月場所、幕下に返り咲き。

通算で、14場所の出場で55勝31敗の成績です。

2018年初場所では幕下27枚目の地位ですので、今年の夏ごろには十両に昇進して、今年中には幕内へ!と順調に進んでいって欲しいものです。

 

ファンの声は?

琴鎌谷の応援の声もtwitterでたくさん見られましたので、いくつかご紹介しましょう(^^♪

 

 

まとめ

今回は、元横綱 琴櫻を祖父に元関脇 琴ノ若を父に持つ、琴鎌谷について、「琴鎌谷の家系がすごい!出身高校・戦績や家族は?彼女の存在も」と題して紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

2人もの偉大な祖父・父を持つととかく外野からいろんな声が聞こえてきますが、琴鎌谷本人は子供のころから祖父・父を目標に頑張ってきたそうですので、そんな声をもろともせず、相撲一筋に進んでいってくれるでしょうね。

頑張って欲しいです!

🌸早く入幕して雑誌の表紙を飾るようなお相撲さんになって欲しいですね(^_-)-☆

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

相撲 2018年 01月号 [雑誌]
価格:1049円(税込、送料無料) (2018/1/18時点)

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。ちょっとだけでもお役に立てればうれしいです(^^♪