大相撲では、横綱の日馬富士が貴ノ岩に暴力を振るったとして引退するという事件が起きましたが、今度は、足利工大付属高校のバレーボール部でコーチが部員に暴力を振るってケガをさせたとして、警察が傷害の疑いで捜査に乗り出したそうです。

以前、大阪市立桜宮高校のバスケットボール部の顧問教諭が主将だった男子部員に体罰を繰り返し、その部員が自殺したという事件があり、多くの批判が出ましたが、今回のバレーボール部でも暴力行為が平然と行われていたのですね。

スポーツと体罰をイコールのように考えている人間がいますが、それは間違いだと考えます。

実際に私自身、高校・大学と体育会系のクラブで属していましたが、スポーツに体罰なんか必要でもなんでもありませんでした。

今回は、足利工大付属高校バレーボール部で発覚した暴力事件について調べてみました(^^♪

Sponsored Links

足利工業大学付属高校バレーボール部

足利工業大学附属高校は、栃木県足利市福富町にある高校で、戦前は女学校として創立され、現在は男女共学の高校です。

スポーツ活動も盛んで、特にレスリング部は全国的に有名な強豪校として知られており、またバレーボール部も「春高バレー」として行われる全日本バレーボール高校選手権大会の常連校です。

今年も、来年の出場が決まっています。

暴力事件とは?

このバレーボール部の60代の男性コーチが2年生部員の男子生徒(17歳)を体育館にある教官室に呼んで正座させ、上半身を蹴って全治1週間のけがをさせたというものです。

暴力の発端となったのが、男女交際がばれたことだそうです。

このバレーボール部では、部内での男女交際が禁止されているとのことですが、被害者の男子部員と女子マネージャーが交際を始めたことをコーチが知って、「これは体罰だな」と言って暴力行為に及んだというものです。

今時、男女交際禁止なんて、前時代的だと思いますけどね・・・。

部内での男女交際を禁止するのなら、女子マネージャーを廃止した方が良いんじゃないでしょうかね。

男女が一緒にクラブ活動をしていれば、いつのまにか「好きだ」という感情が発生してきてもおかしくはありません。

それが自然というものだと思います。

男女交際が原因で、他の部員にも迷惑が及んだり、バレーボールに身が入らなくなったりすることを恐れてのことから男女交際禁止の規則を作っているのでしょうが、その規則に反したからと言って、体罰に及ぶというのは納得できませんね。

【追記 11/30】 コーチが暴力行為をしていた際、20歳代の副顧問も同席していて一部始終を見ていたにもかかわらず、制止するなどの対応はしなかったということが分かりました。

副顧問は校内調査に対して、「コーチに発言できる立場ではなく、制止できなかった」と話したということですが、こんな行為がこの件以外にもあったのでしょうね・・・。

コーチの名前や顔画像・経歴は?

報道では、このコーチは今年3月に定年を迎えるまで同校教諭で、以前は監督も務めていたということですが、コーチの名前等は発表していません。

【追記 12/1】 昨日、この記事を投稿しました際、特定の方の氏名を表記しました。

事実確認がないまま、安易に足利工大付属高校バレーボール部の記事を見て、勝手に判断してこの方のお名前を表記してしまいましたことは、私のミスです。

この方及び関係者の方々にお詫びさせていただくとともに、今後このようなことがないよう確実な裏付けを持って記事を書くよう、努力していく所存です。

 

暴力行為が日常化している?

このバレーボール部では、2008年にも部員によるいじめ事件が発生し、問題になったことがありました。

その時は、上級生が下級生に暴行したり、熱湯をかけてやけどを負わせたりしたもので、これにより3年生2人が退学し、別の3年生1人が暴行容疑で書類送検されました。

今回の被害部員は、このコーチ以外にも、複数の部員から顔を蹴られるなどの暴行を受けたことがあると話しているそうで、部の中に暴力行為が日常化しているのでしょうか。

結局、被害部員は9月に退部したとのことですが、バレーボールをしに入部したはずの部員が不本意にも退部せざるを得ないということは、あってはならないと思います。

 

来年1月の全日本バレーボール高校選手権大会の出場は決まっていますが、校長は生徒に非はないので出場させると話しておられるようですが、部員の精神状態が心配ですね。

まとめ

今回は、足利工大付属高校バレーボール部のコーチが暴力行為をしたとして捜査が入ったことに関して、「足利工大付属高校バレー部暴力コーチの名前や画像は?経歴も!」と題して紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

クラブ活動に体罰は絶対いけないものですので、指導者はよく考えてもらいたいですね。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。ちょっとだけでもお役に立てればうれしいです(^^♪