2017年の大相撲締めくくりの場所である九州場所、3日目に、とんでもないニュースが飛び込んできました。

初日から休場している貴乃花部屋の貴ノ岩が、なんと横綱の日馬富士に暴行されたことが原因で休場しているというのです。

貴ノ岩の休場は場所直前に他の休場力士とともに発表されました。

宇良や横綱の鶴竜の場合、休場理由として診断名の発表があったのですが、貴ノ岩だけが診断名の発表がなく、幕開け2日目になってから「脳振とう、左前頭部裂傷、右外耳道炎、右中頭蓋底骨折、髄液漏の疑いで全治2週間程度と考えられる」との内容の診断書を公表しました。

なんで今頃発表するのかな?と思ったとともに、稽古で頭がい骨骨折ってあり?って疑問に思いました・・・。

そしたら、なんと横綱の日馬富士に暴力を振るわれたのが原因だったという報道が・・・。

今回は、日馬富士の暴行疑惑について、調べてみました(^^♪

【追記 11/29】 事実関係があれこれと言われている中、番付編成会議が行われた11月29日、日馬富士は引退することを表明しました。

Sponsored Links

日馬富士の暴行疑惑

【事件の概要】

報道によれば、10月26日に鳥取で行われた秋巡業の後、日馬富士がモンゴル出身力士を集めて飲み会を開いたそうです。その酒席に貴ノ岩も同席していました。

その際に、日馬富士が酔って貴ノ岩に絡み始め、さらに貴ノ岩の態度が気に入らないと言って近くにあったビール瓶で貴ノ岩の頭部を思い切り殴打したということです。

日馬富士は伊勢ケ浜部屋で、貴ノ岩は貴乃花部屋と部屋は違いますが、モンゴル出身力士を集めて交流するというのは特におかしくもないことだそうです。

というよりも、違う部屋の横綱とはいえ、同じモンゴル出身の横綱に声をかけてもらうというのはうれしいことでしょうね。

また、日馬富士もその点では太っ腹だし、面倒見がいい人なんだなあと思います。

✤日馬富士

出典:https://matome.naver.jp/

本名ダワーニャミーン・ビャンバドルジ
生年月日1984年4月14日 (33歳)
出身地モンゴル国ウランバートル市
身長・体重186cm、137kg
2017年11月場所番付横綱

普段はおとなしい性格で、絵を描くのもうまくて個展を開いたり、難病と闘っているモンゴルの子ども達にお金を援助したりして、なかなか好人物のように思っていましたが、時にかッとなって暴力を振るうということが過去にもあったそうです。

「相撲以外で特技や趣味がスゴイ力士や親方は?エピソードも紹介! 」の記事もどうぞ(^^♪

✤貴ノ岩

出典:https://www.nikkansports.com/

本名アディヤギーン・バーサンドルジ
出身地モンゴル国ウランバートル市
生年月日1990年2月26日 (27歳)
身長・体重179cm、148kg
所属部屋貴乃花部屋
2017年11月場所の番付前頭8枚目

相撲の強豪校、鳥取城北高校の相撲部監督がモンゴルで行った選抜テストに合格して、16歳の時に日本に来ました。

高校時代は、2007年の国体少年個人でベスト4、2008年の世界ジュニア選手権で準優勝と実力を磨き、2008年11月に貴乃花部屋に入門し、2009年1月場所でデビューし、最高位は西前頭2枚目。

稽古熱心で、将来の三役を期待されています。

事件の真相は?

今回、貴ノ岩が頭部を負傷した原因について、日本相撲協会も貴ノ岩が所属する貴乃花親方も全く口を閉ざしたままです。

以前にも時津風部屋での稽古中に必要以上の「しごき」をして、第15代時津風親方と弟子が傷害致死の疑いで逮捕されたという事件がありましたが、その際も日本相撲協会の態度は、一定の謝意等は表したものの、見ぬふりをしていたような印象でした。

【追記 11/14】 14日の朝、伊勢ケ浜部屋の稽古場に姿を現した日馬富士は、「貴ノ岩のケガについて、貴乃花親方、貴乃花部屋の後援会の関係者の皆様、相撲協会、うちの親方に大変迷惑をかけたことを深くお詫び申し上げます」と話して謝罪したとのことです。

ただ、それ以上のことは、親方が帰ってきてからということで、その時点では詳細は分からずじまいだったそうです。

謝罪したというものの、この報道だけを見る限りでは、貴ノ岩本人に対する謝罪がありませんし、相撲ファンに対しても心配をかけたことについての謝罪がありませんね・・・。

【追記 11/14】 日本相撲協会の事情聴取に対し、貴乃花親方は10月下旬に鳥取県警へ被害届を提出したと報告したそうです。

また、日馬富士の親方である伊勢ケ浜親方も、日本相撲協会の事情聴取に対し日馬富士の暴行の事実を認めたそうです。

日本相撲協会は、危機管理委員会による調査を実施すると発表しました。

スポーツである以上、稽古中や本番中にケガをすることは仕方のないことです。

しかし、酒席でのケガとなると、仕方がないでは済まされません。

お酒を飲んでいたからというのは全く言い訳にならないことで、ビール瓶で頭部を殴打するということは殺人の故意があったと思われてもおかしくはありません。

 

日馬富士自身が、11月13日の夕方、記者からこの暴行事件疑惑について聞かれた時、だんまりを決め込んでいたそうですので、真相は今の段階では分かりませんが、初日から2連敗していることもあって、日馬富士は休場するのかもしれません。

【追記 11/14】 3日目から休場になりました。

貴乃花親方の方の態度も注目されるところです。

被害者の親方ですから、日本相撲協会を敵に回してでも、弟子を守ることが使命でしょう。

しかし、日本相撲協会を敵にしてしまったら、反対に弟子たちが極端に言えば相撲を取れなくなってしまうかもしれませんので、そこのところは難しいですね。

【追記 11/16】 不思議なのは、貴乃花親方の行動です。

巡業の責任者ですので、巡業中にこのような事件があったのなら、警察に被害届を出す前後に日本相撲協会の理事長に事件を報告すべきですが、全くしていなかったようですね。

それと、けがをしてから病院に行くまでの1週間以上の期間が長すぎるように思います。

重傷だったらすぐに受診するでしょう。

 

仮に日馬富士が本当に暴力を振るって貴ノ岩にケガをさせていたのなら、刑法的には傷害罪ですし、相撲の世界では懲戒処分(解雇)ものですね。

以前、横綱だった朝青龍が一般男性に暴力を働き、引退したことがありましたが、これは事実上の解雇と同じで、ただ偉大な記録を作った横綱の名誉も考慮して、自分から進んで引退したという形にしたにすぎません。

今回は、ケガの程度が重いですし、ビール瓶で殴打という点で悪質ですので、解雇すべきという意見も多く出るのではないでしょうか。

【追記 11/16】 横綱の白鵬もその酒席に同席していたことが分かり、記者のインタビューに答えました。

その際、白鵬は自信が同席していたことに関し謝罪するとともに、日馬富士がビール瓶で殴ったとされる件について、「ビール瓶で殴っておりません。(ビール瓶を)持ったのは持ったけど滑り落ちました。その後に私が間に入って(日馬富士を)部屋から出しました。(その後)その場で貴ノ岩関が日馬富士に謝ったし、次の日の巡業(10月26日の鳥取巡業)でお互いに謝っていた」と証言したということです。 (真相はどうなっているのでしょうか・・・?)

引用:https://news.yahoo.co.jp/

今後の大相撲人気は?

こんな不祥事があると、しばらくは大相撲人気も下がってくることになるかもしれません。

八百長事件で相撲人気が衰え、その後、相撲協会関係者の努力もあって人気を回復してきたところにこの不祥事ですから、相撲ファンの私としても残念です。

一部の力士の不祥事が他の力士にも影響するわけですから、今回の日馬富士の暴行疑惑に対して、日本相撲協会の毅然とした迅速な対応を期待したいものです。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。ちょっとだけでもお役に立てればうれしいです(^^♪