11月に入って、いよいよ関西も紅葉シーズンに突入してきました!

特に紅葉というと、京都!っていうイメージですが、紅葉で有名な場所はどうしても人が多くて、ゆっくり観賞できませんよね・・・。

大型観光バスで団体さんも来ますし、紅葉を見に来たのか人を見に来たのか分からないぐらいで、ついイライラってしてしまうことも・・・。

おまけにトイレにも長い行列が・・・なんてこともあるとせっかくの「紅葉狩り」も台無しですね・・・。

ということで・・・

先日、京都のライトアップされた紅葉の名所の穴場をご紹介しましたが、今回は、昼間の紅葉がきれいな名所で、しかもあんまり人が訪れず、ゆっくりと紅葉を堪能できる場所をご紹介していきましょう(^^♪

Sponsored Links

京都の紅葉の名所穴場ベスト5!

京都の寺社は、紅葉シーズン中は特に観光客が多くて大変!

そこで、「知る人ぞ知る!」っというところをご紹介していきましょう(^^♪

但し、場所によってはちょっと交通の便が悪い所もありますので、その点はご容赦下さいね。

🌸原谷苑(はらだにえん)

出典:http://www.haradanien.com/

ここは、春の桜がきれいで、それこそ「知る人ぞ知る」という場所でしたが、近年、有名になりつつある所です。

今年の春に、私も行きましたが、桜に限らずヤマブキやユキヤナギ等の花が咲き乱れていて、ホント、きれいな所でした!

✤「原谷苑の桜2017の見ごろや開花時期は?入園料金やアクセスも」の記事もどうぞ(^^♪

桜がきれいですが、秋にもその桜の葉の紅葉がきれいな場所です。

おまけに、紅葉の名所としてはまだほとんど知られていませんので、ゆっくりと観賞できます♫

ここは、個人のお庭(庭と言っても広大です!)を春と秋に公開されているという形になっています。

 

【住所】 京都市北区大北山原谷乾町36

【アクセス】

市バス:地下鉄北大路駅から京都市バスM1系統に乗車。原谷農協前もしくは原谷終点で下車後、徒歩2分

(但し、市バスM1は原谷地元住民の生活の脚で、住民の方に迷惑をかけますので、出来る限り賃走タクシーを利用して欲しいとのことです)

タクシー

  • 地下鉄「北大路駅」またはJR「円町駅」から約10分
  • 阪急「西院駅」から約15分 (ここからタクシーで実際に行きましたが、1,960円でした)
  • 金閣寺のタクシー乗り場又はわら天神前から約5分。

徒歩

  • 市バス北1系統源光庵バス停より約2.5km。 (所要時間:約30~40分)
  • 金閣寺より、約2.2km。 (所要時間:約30~40分)
  • 御室仁和寺より、約2.1km。  (所要時間:約30~40分)

【入苑料】 無料!

【開苑日】 ただいま開苑中です。

但し、雨天、日曜日は閉苑。(12月3日は開苑されています)

【入苑時間】 午前9時~17時まで(受付は16時30分まで)

【駐車場】 あります(桜のシーズンは使えませんが、秋は可能のようです)

 

✤苑の中では飲食の持ち込みは禁止されています。

その代わり、春のシーズンの時はお餅やお弁当も苑内で販売されていましたので、秋にも販売があるのでは?と思います(確実ではありませんので、原谷苑の方に直接、確認して下さいね)

【追記】 残念ながら、今年は下記のようなお食事の提供はないそうです・・・。

✤苑内の「青山荘」では、「味彩弁当」や「牛すき焼き」「鳥すき焼き」も食べられますよ♫

「味彩」弁当は、3,300円で、2日前までの予約が必要です。

出典:http://www.haradanien.com/

「牛すき焼き」は6,000円、「鳥すき焼き」は5,000円で、どちらも2日前までに予約が必要です。

 

🌸渉成園(枳殻邸:きこくてい)

出典:https://matome.naver.jp/

渉成園は、東本願寺の別邸で、庭園に枳殻(からたち)の木が植えられていたことから「枳殻邸」とも言われています。

池泉回遊式庭園が有名です。

JR京都駅から近い所にあります(庭園から京都タワーが見えますよ♫)が、普段からそんなにも訪れる人も多くなく、ゆっくりと広大な庭を見ることができます。

特に紅葉シーズンは庭園の紅葉がきれいですので、穴場ですよ!

 

ふだんかr

【アクセス】

✤JR・近鉄・市営地下鉄「京都」駅から、徒歩10分

✤市営地下鉄「五条」駅から、徒歩10分

✤JR・近鉄・市営地下鉄「京都」駅から、市バス5系統・205系統・206系統・208系統のいずれかで「烏丸七条」バス停下車、徒歩5分

【駐車場】 あり(10台)

【開園時間】

3月~10月:9時~17時(受付は16時30分まで)

11月~2月:9時~16時(受付は15時30分まで)

【庭園維持寄付金】 500円以上(高校生以下は250円以上)

庭園施設の維持・保全のための寄付金という形になっています。

【見頃は?】 今年の紅葉の見ごろは、11月中旬~12月上旬にかけて、特に11月下旬がベストかも!

 

 

🌸西村家別邸の庭園

出典:http://4travel.jp/

京都の世界遺産、上賀茂神社(賀茂別雷神社:かもわけいかづちじんじゃ)に仕えていた神官の家(「社家:しゃけ)」と言います)で、唯一一般公開されている西村家の庭園も紅葉がきれいな所として有名です。

西村家別邸は、上賀茂神社の南側にある明神川沿いにある社家町(神社の神官や氏子たちの住む屋敷町)の一画にあり、この辺りは重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。

西村家庭園は、敷地の中ほどにある主屋の北、南、西の三方に分かれ、神官が神社に行く前に禊をした場所など、随所に社家の特徴を残し、景観的にも優れた貴重な庭園で、京都市の名勝に指定されています。

 

【住所】 京都市北区上賀茂中大路町1

【アクセス】

✤市バス(4系統・37系統)「上賀茂神社前」バス停下車、徒歩5分

✤京都バス(32・34・35・36・37系統)「上賀茂御薗口町」バス停下車、徒歩5分

【駐車場】 なし

但し、上賀茂神社に駐車することは可能です。

【公開期間】 3月15日~12月8日

【公開時間】 9時30分~16時30分

【料金】 大人:500円、小学生250円

【見頃は?】 11月中旬~12月上旬のようです。

 12月8日まで公開していますので、それまでにお越しくださいね。

 

 

🌸無鄰菴(むりんあん)

出典:http://4travel.jp/

明治の政治家、山縣有朋の別邸だった所で、近くには南禅寺もありますが、案外訪れる人は少なく、ここもゆっくりとできる場所です。

庭園は、7代目小川治兵衛の作で、東山を借景に、琵琶湖から水を引いている疏水の水を庭に引き入れた池泉回遊式の庭です。

真夏に行ったことがありますが、広々とした庭園で、幅の広い浅い小川がゆったりと流れていて、暑さが和らぐようなのどかな印象の庭でした。

また、洋館も見学可能で、この2階で重要な会議が行われていたそうです。

 

【住所】 京都市左京区南禅寺草川町31番地

【アクセス】

✤市営地下鉄東西線「蹴上(けあげ)」駅下車、徒歩7分

✤京都市営バス(5系統、46系統)「神宮道」バス停下車、徒歩10分

【駐車場】 なし

【開場時間】 早朝や夕暮れ時の景色を楽しめるようとの配慮から、時期によって時間が異なっています。

4月 ~ 6月8時30分 ~ 18時
7月 ~ 8月7時30分 ~18時
9月 ~10月 8時30分 ~18時
11月 7時30分 ~17時
12月~3月7時30分 ~17時

【入場料】 410円(小学生未満、市内在住の70歳以上の人は無料)

【見頃は?】 11月中旬~12月上旬のようです。

 

 

 

🌸梅小路公園(うめこうじこうえん)の朱雀の庭

出典:http://www.kyoto-ga.jp/

梅小路公園は、JR京都駅から歩いて15分ほどの所にある広大な公園で、人が緑と花で憩える空間として、また災害時の避難場所としても活用できるように考えられた公園です。

その中にある朱雀の庭は、平安遷都1,200年を記念して造園された平成の日本庭園(池泉回遊式)です。

庭園の中心にある池は、「水鏡」と呼ばれ、黒御影石の上に1cmだけ水を張り、池全体を鏡のようにするという面白い趣向が施されています。

そして、この水鏡に紅葉を始め四季の木々が映し出されるという趣向になっています。

特に秋には、水鏡の水面に写り込む「逆さ紅葉」は、インスタ映えすること間違いなしです。

また、11月17日(金)~12月3日(日)の間は、「紅葉祭」が開かれ、ライトアップもされますので、「逆さ紅葉」がもっと幻想的に写せそうですよ♫

 

【住所】 京都市下京区観喜寺町56-3

【アクセス】

✤徒歩の場合:JR京都駅から西へ徒歩で15分

✤市バス(33系統・205系統・208系統)「梅小路公園前」バス停下車、すぐ

【駐車場】 あり(普通車200台可能)

【入場時間】 

9時~17時

「紅葉祭:11月17日(金)~12月3日(日)」の間は、9時~21時

【ライトアップ期間】 11月17日(金)~12月3日(日)

ライトアップが、17時~21時まで実施されます(最終入園は、20時30分)

✤11月20日(月)11月27日(月)は休園です!

【入場料】 梅小路公園は無料ですが、朱雀の庭のみ入園料が必要です。

✤大人:200円、小学生以下:無料

✤「紅葉祭」の期間は、大人:400円、小学生:200円

【見ごろは?】 11月中旬~12月上旬のようです。

 

 

 

まとめ

今回は、京都の紅葉の穴場を、「京都の紅葉2017おすすめの穴場ベスト5!アクセスや駐車場も!」と題して紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

JR京都駅の近くなのに、意外と人が来ていないという「渉成園(枳殻邸)」や、梅小路公園の「朱雀の庭」は、京都駅から歩いて行ける距離ですので、一度行って見られてはいかがでしょうか?

🌸11月下旬ぐらいには昼間でも寒いですから、防寒対策は十分に!(^_-)-☆

最後までご覧いただき、ありがとうございました。ちょっとだけでもお役に立てればうれしいです(^^♪

「永観堂の紅葉2017の見ごろやアクセス・駐車場は?ライトアップも」の記事もどうぞ(^^♪