9月10日から始まった大相撲9月(秋)場所。

4横綱の内3横綱が休場するという異例の場所になってしまいましたが、若手力士にとって、「鬼の居ぬ間の洗濯」とばかりに、ここで大いに奮起をして欲しいものです。

9月場所では、まだ幕内3場所目ですが、私は阿武松(おうのまつ)部屋の阿武咲(おうのしょう)が、旋風を巻き起こしてくれるのではないかと勝手に期待しています。

案の定、初日は関脇の御嶽海に圧勝しました!

解説の北の富士さんや舞の海さんが、「今場所は御嶽海がやりますよ~」なんて言っていましたけど、私はひそかに阿武咲を応援していました(やった~!って感じですね)

まだ、初日が終わったばかりですが、この勢いで突っ切って欲しいものです。

今回は、阿武咲関について、ご紹介していきましょう(^^♪

【追記 9/14】 秋場所5日目。阿武咲が初めて横綱と対戦しました。

相手は日馬富士。なんと、初金星を挙げました!

【追記 9/21】 3場所連続で勝ち越しを決めました!

【追記 2018/1/23】 前日の逸ノ城戦で右ひざを傷め、初場所10日目から休場することになりました・・・。

Sponsored Links

阿武咲 奎也(おうのしょう ふみや)

出典:http://sumo.or.jp/

本名打越 奎也(うてつ ふみや)
生年月日1996年7月4日(21歳)
出身地青森県
出身校中里中学校
身長・体重177cm、168kg
所属部屋阿武松部屋
2018年9月場所番付前頭6枚目

初土俵は、2013年の1月場所で、その2年後には十両に昇進しています。

18歳5ヶ月20日(番付発表時)での十両昇進は、昭和以降で10番目に若いスピード出世だそうです。

十両に2年と2場所いて、現在は幕内3場所目です。

ただ今、人気急上昇中!!(やっぱりなあ~~!)

 

【追記 9/15】  5日目に横綱日馬富士に初挑戦!初金星を挙げました!

【追記 2018/1/23】  2018年初場所9日目の逸ノ城戦で敗れた時に右膝を痛め、「右膝後十字靱帯じんたい損傷で1月場所の休場を要する」との診断書を提出して10日目から休場することになりました。

膝の靱帯損傷は長引くケガですので、心配ですね・・・。(現在休場中の宇良は前十字靭帯断裂で手術しましたから・・・)

活躍を期待していただけに、大きなショックです・・・。

【追記 2018/7/12】 ケガも治ってきて、5月場所では十両優勝、7月の名古屋場所では前頭11枚目にカムバックしてきました♫

頑張れ~!!

相撲を始めたのは・・・?

5歳の時にお祖父さんの勧めで相撲を始めたそうで、地元の中泊道場で稽古をしてきました。

中泊道場の小山内監督と阿武松部屋が交流があり、小学生の頃から阿武松部屋の稽古に参加することがあったそうです。

子どものころから力士にあこがれていたという少年で、自分自身も力士になるのは当然のように思っていたのかもしれませんね。

 

成績は・・・?

✤中里小学校6年生の時に、全日本小学生相撲優勝大会で優勝!

✤中里中学校2年生と3年生の時に、全国都道府県中学生相撲選手権大会の無差別級で、大会史上初の2連覇を達成!

✤高校1年生の時に、全国高校相撲宇佐大会と国体相撲少年の部で優勝!

 

高校を中退して角界入り!

16歳で、阿武松部屋に入門し、2013年1月場所でデビュー!

下の動画は、16歳で阿武松部屋に入門する前後の阿武咲を追ったものです。

体は大きいものの、中身は素直な少年ですから、涙を見せるシーンも多く、応援してあげよう!って思ってしまいます♫

出典:YouTube

しこ名の由来は?

阿武咲のしこ名の由来の前に、先ずはなんて読むの?って感じですよね。

「おうのしょう」なんて、普通には読めませんから・・・。

親方の名前が阿武松で、これもまた「おうのまつ」なんて読めないですよね。

でも、阿武松という名前は、江戸時代の第6代横綱の阿武松緑之助という人がいましたので、昔からあったしこ名だったんです。

 

しこ名の由来は・・・?

阿武松(おうのまつ)親方の「阿武」をもらい、子どものころ稽古に通っていた中泊道場の小山内監督から「土俵で花を咲かせてほしい」という願いを込めて命名されたそうです。

「咲」は、音読みで「しょう」と読みますので、全然おかしくないのですが、なかなか読み方が難しいしこ名ですね。

それと、しこ名とは関係がないのですが、本名の「打越」という苗字も、普通は「うちこし」と読むのですが、阿武咲の場合は「うてつ」と読み、非常に珍しい読み方です。

も一つついでに、「奎也」って言う名前も「ふみや」って簡単には読めないですよね・・・。

ご両親やきょうだいは?

お父さんのお名前は、正史(まさふみ)さん。

阿武咲の角界入り前後を取材した動画の最初の方に登場されています(阿武咲が16歳で東京に行くシーンです)。

お母さんについては、情報がありませんでした。

というより、先ほどの動画で、阿武咲が東京に行くシーンでは、見送りに来たのがお父さんと小山内監督、おばあさんとおばさんのような感じの女の人だけなんです・・・。

なので、その時点でお母さんは離婚か死別かで、おられないのかもしれません。

 

きょうだいは・・・?

阿武咲のtwitterには、赤ちゃんが出て来るのです。

それも、弟として・・・。

阿武松部屋のHP内でも、打ち上げパーティの時の様子の一場面として、阿武咲と弟さんの写真が載っていました。

出典:http://onomatu.web.fc2.com/index.html

ということは、お父さんは再婚されたんでしょうね。

年収は?

阿武咲は、2017年の1月3月場所では十両でしたが、5月場所から幕内で、現在幕内3場所目です。

ややこしいので、今年1年平幕の力士としての地位にあると仮定して計算してみましょう。

✤月給:平幕の力士は、130万9,000円。130万9,000円×12=1,570万8,000円

✤賞与:2ヵ月分の月給。130万9,000円×2=261万8,000円

✤出張手当:平幕 宿泊費:5,700円 日当:1,400円。35日分支給。

5,700×35=19万9,500円、1,400×35=4万9,000円。 19万9,500+4万9,000=24万8,500円

✤力士補助金:2万5,000円

 

上記の収入の合計だけで、なんと1,837万5,500円になります。

これ以外に、懸賞金がかかっている場合もありますし、懸賞金は6万2,000円でこのうち相撲協会が必要経費として5,300円をとりますので、残りの5万6,700円が力士の収入になります。

懸賞幕がたくさんかかっているほど、臨時収入が増えていくわけですね。

ですので、平幕の力士と言えども、2,000万円近い収入はあるというわけですね。

まとめ

今回は、21歳で幕内に定着してきた阿武咲について、「阿武咲のしこ名の由来や両親・兄弟は?年収も調べてみた!」と題して紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

弟さんが阿武咲の子どもか?と思うほど小さくて、驚きですが、とってもかわいがっている様子が何とも言えないです。

今場所に限らず、どんどん昇進していって上位を狙って行って欲しいものです。

🌸お相撲さんのイラストのマスキングテープ、可愛い!(^_-)-☆

最後までご覧いただき、ありがとうございました。ちょっとだけでもお役に立てればうれしいです(^^♪

「貴景勝のしこ名の由来や成績を紹介!阿武咲とは仲が良い?」の記事もどうぞ(^^♪