警視庁は、駅の非常停止ボタンを繰り返し押すなどして列車の運行を妨害したとして偽計業務妨害の疑いで、27歳の男を逮捕しました。

男の名前は清水春輝容疑者です。

昨年1月ごろから東京や神奈川の駅の非常ボタンを押して列車を緊急停止させるいたずら(事件)が20件以上起こっており、警視庁は一連の事件は清水春輝容疑者の犯行として取り調べをしています。

本人は、容疑を否認しているようですが、ネットで「清水春輝」という名前を検索してみますと、以前にも業務妨害罪で逮捕されたことがある人物と同姓同名で、ひょっとして同一人物なのでは・・・?って思われます。

今回は、清水春輝容疑者について調べてみました(^^♪

Sponsored Links

清水春輝容疑者

出典:http://news.tbs.co.jp/index.html

埼玉県和光市在住の27歳、無職の男です。

逮捕容疑の事件の内容は?

直接の逮捕容疑の事件は、今年の6月に東京メトロ日比谷駅のホームに設置された非常停止ボタンを押して、「網棚に置いてあったバッグを持っていかれた」などと駅員に対してうその連絡をして列車を約5分間緊急停止させたり、駅内の忘れ物の確認作業をさせたりした疑いです(偽計業務妨害罪)。

「偽計業務妨害罪」と似ている犯罪として、「威力業務妨害罪」は、時々耳にしますね。

「威力業務妨害罪」の場合は、威力(例:暴力に限らず、自由意志を制圧する程度の圧力)を用いて人の業務を妨害する場合に成立します。

これに対して、「偽計業務妨害罪」とは、同じ業務妨害ですが、偽計すなわち人をだましたり人の無知を利用するという方法で業務を妨害するときに成立します。

今回逮捕された清水春輝容疑者の場合は、「網棚に置いてあったバッグを持っていかれた」などと駅員に対してうその連絡をしてその列車を緊急停止させたということですから「偽計業務妨害罪」が適用されたわけです。

 

清水容疑者は列車を緊急停止させた後、今度は自ら110番して被害を申告するという行動に出ています。

しかし、言動を不審に思った署員が防犯カメラを確認したところ、乗車時点でかばんを持っていなかったことが判明し、偽計による業務妨害の疑いで逮捕されたものです。

 

今回の直接の逮捕事件以外に、昨年の1月から同様の事件が東京や神奈川県のJRや私鉄で20件ほど発生しており、警視庁は一連の事件は清水春輝容疑者の犯行とみて捜査しているそうです。

動機は?

「Yahoo!ニュース」では、「無賃乗車をするために、駅の非常停止ボタンを押していたとみられている」と報道されています。

つまり、非常停止ボタンを押した後、自ら110番通報し、駆けつけてきた警察官とともに運賃を払わず改札の外に出たということから無賃乗車をするために非常停止ボタンを押したものとみられるとされています。

出典:https://news.yahoo.co.jp/

しかし、無賃乗車するためにわざわざ電車を停止させて警察官まで呼ぶでしょうか?

こんなことを繰り返していれば、すぐに足が付きますから、私個人の考えでは無賃乗車が動機というのは疑問です。

個人的には、精神的な疾患からこのような犯罪行為に及んでしまうのではないかと思われます。

過去の経歴も調査!

清水春輝容疑者の経歴に関しては、全く詳細が分かりませんでした。

 

しかし、同姓同名の人間が犯した犯罪が他に存在します。

それは・・・

2014年11月13日、埼玉県警は、西アフリカのリベリアに渡航した後、38Cの熱が出たなどと、エボラ熱への感染を疑わせるような嘘の119番通報をしたとして、埼玉県入間市在住の男を逮捕したというニュースがありました。

119番通報を受けて・・・

①消防局は、本当にリベリアに渡航しているかどうか埼玉県坂戸保健所に連絡して真偽の確認を行うなど、業務を妨害されました。

②保健所の職員6人が防護服を着用して街中に出動したり、県や病院が職員を呼び出すなど、11日深夜まで対応に追われ大変な騒動となりました。

その結果・・・

確認の結果、通報してきた男はパスポートを持っていないことが分かり、外国に行っているはずがないことが判明し、偽計業務妨害罪で逮捕されました。

この時に逮捕されたのが、「清水春輝」容疑者で、当時24歳でした。

 

今回逮捕されたのも同じ「清水春輝」という名前で27歳、2014年は24歳のはずです。

内容も、嘘の通報をして現場を混乱させたというものです。

 

世の中同姓同名の人もおられますので、今回の列車の業務妨害の件とエボラ熱の業務妨害の件が別人の可能性は否定できないかもしれませんが、内容にしても同じような嘘で固めた事件ですので、同一人物による犯罪の可能性があるのではないかと思います。

(詳細が判明次第、追記させていただきます)

【追記 8/31】 フジテレビの「とくダネ!」で放送していましたが、やはり2014年にエボラ出血熱騒ぎを起こした清水春輝容疑者と今回の清水春輝容疑者は同一人物でした。

 

まとめ

今回は、昨年1月ごろから起きている電車の業務妨害事件で逮捕された清水春輝容疑者について、「清水春輝の電車業務妨害事件の内容や画像は?過去の経歴も調査!」と題して紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

嘘の通報をして世間を驚かせて喜ぶというような犯罪は、愉快犯の一種とも考えられますが、迷惑千万な話です。

仮にエボラ熱事件の犯人と同一人物であれば、精神鑑定も必要でしょうね。

たぶん、精神鑑定はされているとは思いますが、矯正は難しいのかもしれませんね・・・。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。ちょっとだけでもお役に立てればうれしいです(^^♪