兵庫県警は、8月28日、公然わいせつの疑いで、51歳の男を現行犯逮捕しました。

逮捕されたのは、なんと現職の警察官!

兵庫県警垂水署刑事2課の警部補、岩崎昌志容疑者です。

「間違いない」と容疑を認めているそうですが、逮捕した方の警察官たちも自分たちの仲間が犯人とは!と、あきれ果てているんじゃないでしょうかね・・・。

「中年のええ年したおっさんが、自分の下半身を露出して何を考えてんねん!」と言いたくなるような事件です。

今回は、岩崎昌志容疑者について、調べてみました(^^♪

Sponsored Links

岩崎昌志容疑者

兵庫県警垂水署刑事2課の警部補で、51歳。

画像は公表されていないようで、探しましたが分かりませんでした。

刑事2課所属ということですから、「知能犯。贈収賄、選挙違反、紙幣偽造、詐欺、横領、背任、企業恐喝、脱税、不正取引などの金銭犯罪、経済犯罪、企業犯罪を扱う」部署のようですね。

警部補ですからそこそこの地位にあるはずなんですけど、犯した犯罪が恥ずかしすぎますよね・・・。

本人は自業自得として、家族が迷惑千万ですよね・・・。

公然わいせつ事件の内容は?

神戸市西区の路上で下半身を露出したとして、公然わいせつの疑いで、県警垂水署刑事2課の警部補、岩崎昌志容疑者が現行逮捕されたものです。

直接の逮捕容疑は、8月28日の午前8時25分ごろ、兵庫県神戸市西区伊川谷町上脇の歩道で下半身を露出した疑いですが、8月中旬ごろから、「路上で下半身を露出している男がいる」との通報があり、警察が張り込み捜査をしていました。

岩崎昌志容疑者は通勤途中だったとのことですが、朝っぱらから何を考えていたのでしょうか?あきれますね。

動機や常習性は?

動機に関しては、まだ警察の発表はありませんが、単純にいえば、異常な性欲の発散とでも?

以前、この事件とは関係ありませんが、やはり露出している男がいるとの情報があって、ワイドショーのテレビ番組の取材班が張り込みをしたという内容を放映していました。

この番組では、ある男が女の子が遠くから歩いて来たのを見て、露出行動に出た直後に取材班が声をかけて警察に通報するという内容でしたが、以前にも同じような行動をして逮捕された前歴があったそうです。

今回逮捕された岩崎昌志容疑者も、8月中旬から露出行為をしている男がいるという通報があったことからすると、場所を変えたりして、以前からこんなことをしていたと考えてもおかしくはないと考えられます。

公然わいせつ罪の法定刑は・・・?

「6ヶ月以下の懲役若しくは30万円以下の罰金又は拘留若しくは科料」と規定されており、公然わいせつ罪の刑は他の犯罪と比べると軽いのが特徴です。

特に初犯や本人が犯行を素直に認めている場合等は、実刑になることは少なく、多くは罰金になる傾向にあります。

しかし、公然わいせつをする人は、異常な性欲からそのような行為に及ぶ場合があり、その場合は再犯の可能性が高いという現実問題が出てきます。

今回の岩崎昌志容疑者の場合、逮捕されても再犯の可能性はゼロとは言えず、本人の努力はもちろんのこと周囲の監視も重要になってくるでしょう。

まとめ

今回は、兵庫県警の警察官が公然わいせつの疑いで逮捕されたという事件に関して、「岩崎昌志の公然わいせつ事件の内容や常習性は?画像も探してみた」と題して、紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

警察官の犯罪、考えたくもないですね・・・。

自分の地位や仕事を自覚して生きていったら、こんなバカなことはできないはずなんですけどね。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。ちょっとだけでもお役に立てればうれしいです(^^♪