8月12日放送のNHKドラマ「1942年のプレイボール」に主演の太賀(たいが)さん。

戦争中のプロ野球選手:野口二郎さんの役を演じておられます。

(まだ放送前なので、内容等は分かっていないのですが)

私自身は太賀さんのお名前を聞いたことがなかったので、新人さん?って感じで調べてみました。

すると、子どもの頃からテレビや映画に出演されていて、私が見ていた朝ドラやテレビのCMでも出演されている俳優さんでした・・・。(意識して見ていなかっただけなんですね)

お父さんが有名な俳優さんで、お兄さんも俳優さんという環境の中で育った太賀さん。

今回は、俳優の太賀さんについて調べてみました(^^♪

Sponsored Links

太賀さんについて

出典:http://mint-laboratory.com/

本名中野 太賀(なかの たいが)
生年月日1993年2月7日 (24歳)
出身地東京都
身長・体重168cm、?kg
所属スターダストプロモーション

本名は?

お父さんが、俳優の中野英雄さん。

出典:https://www.enjoy-inc.jp/

中野が苗字で、下の名前が太賀ということで、本名は、「中野太賀」さんのようです。

「太賀」という名前の由来に関しては、

  • 親の友人の子供さんの名前が「太賀」でかっこよかったので自分の子どもにも付けたという説
  • お父さんの中野英雄さんが1回も大河ドラマに出たことがないので、息子に「たいが」という名前を付けたという説

の2つがあるようで、ご本人もどっちなのか全く分からないそうです・・・。

 

お兄さんの武尊(たける)さんも俳優さんです。

出典:http://mint-laboratory.com/

経歴は?

✤2006年、13歳で芸能界入りし、テレビドラマ「新宿の母物語」で俳優としてデビュー。

ということは、24歳の現在、もうすでに芸能界で11年のキャリアがあるのですね。

✤2007年、映画「フリージア」で、映画デビュー。

✤2008年、「那須少年記」では初の主演。

以降、映画やテレビドラマ等で数多く出演されています。

NHKの大河ドラマにも、2007年の「風林火山」をはじめとして、2009年の「天地人」、2011年の「江〜姫たちの戦国〜」、2013年には「八重の桜」で徳富蘆花の役をされています。

(「八重の桜」を私もみてましたが、徳富蘆花の役を演じている人、若いけどなかなか演技がしっかりしているなあと思っていたことを思い出しました・・・)

✤2014年、第6回TAMA映画賞で、菅田将暉さんと共に最優秀新進男優賞をを受賞されています。

✤2016年、第38回ヨコハマ映画祭にて最優秀新人賞を受賞!

演技の評価は?

10年以上映画やテレビ出演されていますが、「親の七光り」とは関係なく、評価が高くなってきていています。

2014年に第6回TAMA映画賞で、菅田将暉さんと共に最優秀新進男優賞を受賞された時に、ご本人は・・・

「ずっと無視されていた感覚があったんで、何年も。それがようやく君は役者だって誰かにいってもらえたような、そういう風に思ったのがあの映画祭の賞かも知れないですね。」という感想を述べられています。

 

また、昨年放送の日本テレビ系ドラマ、「ゆとりですがなにか」で山岸ひろむ役をされましたが、作者の宮藤官九郎さんが、「自分で書いてて新しいなって思ったのは山岸かな。太賀くんがすごくうまくやってくれたから成立させることができました」と、太賀さんの演技をほめていました。

出典:https://thetv.jp/

同じく昨年、TBS系のドラマ「仰げば尊し」では、パンチパーマとヒゲがトレードマークでアロハシャツを着こなしティンパニを演奏するという個性的な高杢金也役を演じられましたが、反響が高く、本人としては芸歴10年の節目にあたり「なかなか認められず苦しかった、役を通じ知ってもらえて有り難い、ここからスタートだという気持ちもある」と話されています。

 

映画「淵に立つ」では、主役を演じ、第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門で最高賞に次ぐ審査員賞を受賞されており、深田晃司監督からは演技に関して受容性があると高く評価されています。

 

役によって、全く違う印象を持つ太賀さんですが、そこに演技の幅が出てきていると評価されているのでしょうね。

太賀さんが憧れているのが、山田孝之さんです。

山田孝之さんって、ボスのCMでもそうなんですけど、いろんな役を見事に演じ切ることができる俳優さんですから、太賀さんが憧れるのも分かる気がします。

門脇麦さんとの結婚は?

太賀さんといえば、女優の門脇麦さんが噂の彼女とのことですが、結婚されるのでしょうか?

門脇麦さんは1992年8月生まれですから、太賀さんとは、学年で言えば同学年になります。

2015年3月に雑誌フライデーで、報道されました。

その時双方の事務所が「仲良くさせていただいています」というコメントを出しました。

あっさりと事務所が認めてしまうのも珍しいですね。

こうなるとフライデーの方もそれ以上、報道のしようもないですし・・・。

それから特に分かれたという報道もありませんし、お互いに他の俳優さん達との噂も出てはいますが、あくまでも撮影現場でのつながりのようですし、続いているようです。

そのうち、「結婚しました」という報告があるんじゃないでしょうか?

ただ、お二人とも今は引っ張りだこ状態で、かなり忙しいようですから、今すぐにというのは難しいかもしれません。

もう少し落ち着いてからでもいいんじゃないでしょうかね(^^♪

NHKドラマ「1942年のプレイボール」について

 

太賀さん演じる主人公野口二郎は、男子ばかり4人兄弟の次男で、プロ野球(職業野球)大洋軍のエースで4番打者。

三男の昇も阪神軍に入団、四男の渉もプロを目指していました。

太平洋戦争が始まると、長男の明が兵役を終えて満州から帰国しますが、かつては名投手で弟たちの憧れだった明が、戦地で体を酷使したために肩を壊してしまっていました。

失意の生活を送る明に、二郎はかつての明を取り戻してほしいと必死になる・・・。というストーリーのようです。

 

戦時中で物がない時代、そして野球をしているような余裕のない時代で、必死に野球をしていく人たちの悲喜こもごもを扱ったドラマなのかなと思います。

どんな展開になって行くのか楽しみにしたいです。

まとめ

今回は、俳優の太賀さんについて、「太賀の本名や経歴は?演技の評価や門脇麦との結婚はどうなった?」と題して紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

24歳にして芸歴11年目という太賀さんですが、少しづつ大きな存在感のある俳優さんとして成長されてきているようです。

今後のご活躍を見守りたいですね。

🌸スマホケースに何気なく「野球侍シリーズ」を(^_-)-☆

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。ちょっとだけでもお役に立てればうれしいです(^^♪