学校法人:森友学園の国有地の補助金不正受給問題で、大阪地検特捜部は、7月31日の夕方、補助金適正化法違反の疑いで、学園前理事長の籠池泰典容疑者(64歳)と妻諄子(じゅんこ)容疑者(60歳)を逮捕しました。

特捜部は今後、補助金申請の経緯などを解明していく方針ですが、この事件は不可思議なことだらけで、核心部分が全く解明されないまま、トカゲのしっぽ切りで終わってしまうのではないかという疑念もあります。

ただ、事件を解明するための第一歩が踏み出されたと考えたいものです。

今回は、籠池夫妻の逮捕及びそれによって8億円の行方や事件の真相が解明されるのかどうか調べてみましょう(^^♪

Sponsored Links

籠池夫妻の逮捕

出典:http://intakeinfo.jp/、https://mainichi.jp/

逮捕容疑は・・・?

今回の直接の逮捕容疑は、運営する幼稚園で教職員数や障害がある子どもの数を水増しして、大阪府の補助金を不正に受け取っていた疑いと、小学校の建設工事で金額が異なる契約書を国に提出して補助金を不正に受給した疑いです。

本人たちは、故意に請求したわけではないと言っていますが、過失で請求してしまったというわけはないので、言い訳としては説得力はありませんね。

 

8億円値引き問題は?

森友学園には補助金を不正に受給したこと以外に大きな疑惑があります。

そもそも、森友学園の名前が出てきたのは、大阪府豊中市にあった国有地が、森友学園が経営予定の小学校の建設用地としてあまりにも低い価格で売却されたことに端を発します。

鑑定価格が9億5,600万円であるのに対して、売却額は1億3,400万円でした。

なんと、8億円余りの値引きで普通に考えてもあり得ない価格です。

国は、地下に埋まっていたゴミ撤去費用を差し引いた額で売却したとの説明をしていますが、どう考えても納得できる説明ではありませんでした。

また、この小学校の名誉校長が、安倍総理大臣夫人の昭恵さんだったことも疑惑の種になりました。

小学校設立の認可に関しても、審査段階で森友学園の経営に関して疑問が提出されていたにもかかわらず、認可されてしまい、この認可について安倍総理大臣側の口添えがあったのではないかとも言われています。

 

真相の解明はどうなる?

籠池夫妻側だけではなく、特捜部は、近畿財務局の担当者が国有地を不当に安く売って国に損害を与えたとする背任容疑での告発も受理しており、財務局の担当者などから任意で事情を聴くなどして捜査を進めています。

ただ、財務局の方も資料を破棄してしまっているという不可解な回答をしていますので、捜査は簡単にはいかないかもしれません・・・。

本当は安倍総理大臣と昭恵夫人に真相を説明してもらったら一番早いのですけどね。

籠池夫妻は、安倍総理大臣に100万円を渡して便宜を図ってもらったとも言っていますが、真相はどうなんでしょうね。

 

まとめ

今回は、森友学園の元理事長の籠池夫妻が逮捕された件に関して、「籠池夫妻逮捕で8億円値引き問題や事件の真相解明はどうなるのか?」と題して紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

籠池夫妻に関しては、いろいろと他の問題も出てきていて、この事件だけでは済まないような感じではありますが、トカゲのしっぽ切りだけにはして欲しくないですね。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。ちょっとだけでもお役に立てればうれしいです(^^♪