夏になると、土用の丑の日にうなぎを食べて暑さを乗り切ろう!なんていうキャッチフレーズが聞かれますね。

うなぎには、ビタミンA、B1、B2、Eをはじめとして、頭が良くなるというDHAも豊富に含まれていますから、暑さで食欲が無くなって体力が落ちてしまう夏にはとても良い食材ですね。

このうなぎを、特に土用の丑の日に食べるのが良いとされていますが、この由来は江戸時代の蘭学者:平賀源内の発案によるのだそうです。(諸説ありますが・・・)

今では、土用の丑の日=うなぎを食べる日という関係になっていますが、土用の丑の日になるとうなぎ屋さんは大忙しですね。

今年の土用の丑の日は2回あります。

7月25日(火)と8月6日(日)。

ということは、今夏は2回、うなぎ屋さんにとっては商売繁盛のチャンスがあるってことですね♫

今回は、食の街、大阪の中でも特においしいと評判のうなぎ屋さんをご紹介していきましょう(^^♪

Sponsored Links

大阪でおいしいと評判のうなぎ屋さん

大阪のおいしいと評判のうなぎ屋さんの紹介の前に、うな重、うな丼、ひつまぶしの違いについて説明しておきましょう。

✤うな丼は、丼に入れたご飯の上に、鰻の蒲焼を乗せた丼物で江戸の郷土料理とされます。

✤うな重は、重箱の中にご飯を入れてその上に鰻の蒲焼を乗せ、その上から蒲焼のタレをかけたもので、もう一段ご飯とかば焼きを重ねたものもあります。

うな丼とうな重はどんぶりか重箱かの違いだけではなく、うなぎの量や質の違いで、一般的にはうな重の方が高級で値段が高いとされているようです。

✤ひつまぶしは、刻んだうなぎの蒲焼を、小さなおひつに入ったご飯の上に乗せたものです。

🌸鰻 にしはら (関東風鰻専門店)

出典:https://tabelog.com/

関東風の鰻を大阪でいただけると評判のお店で、うなぎを蒸す時間がかかるので、注文してから30分は待つ覚悟が必要。

ふわとろのうなぎと固めのご飯と控えめのたれの調和が抜群!

9席しかありませんので、予約をして行った方が無難です。

住所大阪市中央区北新町4-12
営業時間火曜日~日曜日
11:00~14:00(L.O.13:45)
17:00~21:00(L.O.20:30)

ランチ営業、日曜営業しています
定休日月曜日と第2火曜日
電話番号06-6926-4478

 

🌸魚伊(うおい)本店(関西地焼き炭火焼き鰻)

出典:instagram  sakura matsuoka@meitamm

「炭火の手焼き鰻にこだわって140年」の歴史のあるうなぎ屋さんです。

活きた鰻を職人の手で一尾一尾開き、串を打ち、備長炭の強力な熱で焼き切った蒲焼きは“炭火焼き地焼き”独特の焼き色と香ばしい香りが特長です。

その食感は、焼き面はパリっとサクサクで中身はフワフワと柔らかい「魚伊独自の味」に仕上がっています。

住所大阪市旭区高殿4丁目8番10号
営業時間
※店内 ご飲食
11:00~14:00/16:00~22:00
(21:00ラストオーダー)
※店頭 お持ち帰り(蒲焼、弁当、惣菜)
10:00~21:00
定休日毎月、第2火曜日 (祝日を除く)
電話番号06-6953-3707

 

🌸うなぎ おかやま(関西地焼き蒲焼き)

出典:https://retty.me/

住所大阪市中央区日本橋1-16-20
営業時間11:30〜17:00
(夏季は18:00まで)
売り切れ終了あり

ランチ営業
定休日日曜日
祝日
第一月曜日
電話番号06-6636-1367

 

🌸鰻家(関西風地焼き蒲焼き)

出典:https://tabelog.com/

注文を受けてから目の前でさばき、備長炭でじっくりと焼き上げます。

並んでも食べたいという評判のお店ですが、カウンターのみの小さなお店で、売り切れ終了となってしまいますので、早めに並んでおいた方が無難です。

住所大阪市淀川区 西中島 4-5-22
第3新大阪ビル 1F
営業時間(月~金)11:00~17:00
(土) 11:00~19:00
売り切れ次第終了

定休日日曜日
祝日
第2第4月曜日
電話番号06-6302-7200

🌸吉寅(よしとら)(江戸前鰻)

出典:https://tabelog.com/

創業80年以上の老舗。

肉厚のうなぎがふわとろとしていて、鰻の身も、たれの味も比較的あっさりしていますが、食べ進めて行くとちょうど良い味加減になり、計算された味という感じです。

住所大阪市中央区 備後町 1-6-6 
営業時間(月~金)
11:00-14:30 (LO 14:00)
17:00-21:30 (LO 20:30)

(土)
ランチなし。
17:00-21:30(LO20:30)
定休日日曜、祝日
電話番号06-6226-0220

 

🌸舟屋(ふなや)(関西風地焼き+江戸前)

出典:https://tabelog.com/

関西風の腹開きの地焼きと江戸前の蒸しを加えた調理法で、ふわっとしつつ表面のこんがりした焼きの感じも絶妙です。

特上のうな重は、お重からはみ出ているのが特徴です!

比較的リーズナブルなお値段で満足できるうなぎ屋さんです。

住所
大阪市生野区 生野西 2-1-34
営業時間(店内お食事)
11:30~14:30 (LO 14:00)
16:30~21:00 (LO 20:30)
(お持ち帰り)
11:30~21:00 (売り切れ次第閉店)

ランチ営業、日曜営業
定休日木曜日
(月一回の臨時休業あり)
電話番号06-6741-7625

 

🌸本家柴藤(ほんけ しばとう)(関西風地焼き蒲焼き)

出典:http://www.shibato.net/

江戸時代の享保年間に創業の老舗のうなぎ屋さん(300年以上ということですね)。

「まむし」の発祥のお店で有名。

「まむし」とは、ご飯とご飯の間にうなぎを挟んで蒸すもので「ご飯の間(ま)で蒸す」というのが由来とか。

住所大阪市中央区高麗橋2-5-2
営業時間11:00~14:00
17:00~20:30

営業時間内でも鰻がなくなり次第終了となります。

ランチ営業
定休日日曜日
祝日
土曜日不定休
(但し6~9月の土曜、7月の祝日は営業)
電話番号06-6231-4810

 

🌸志津可(江戸前)

 

出典:https://tabelog.com/

大正時代の初めごろに創業された老舗のうなぎ屋さん。

骨が細い小ぶりのうなぎ(140~160g)だけを厳選し、とろける様な舌触りを出すために、白焼きにしてから蒸して、紀州備長炭で、じっくりとかば焼きに。

大阪市漁業協同組合から食品検査済みの安全で美味しい淀川の天然うなぎが入荷できるようになり、数は少ないですが、お勧めのうなぎだそうです。

住所大阪市北区西天満2-7-17 寿ビル
営業時間昼11:00~15:00(LO 14:00)
夕17:00~21:00(料理20:00/飲物20:30)

ランチ営業
定休日日曜日
祝日
電話番号06-6364-9129

 

🌸美味鰻彩 うな次郎(関西風地焼き蒲焼き)

出典:https://tabelog.com/

パリッとした関西風のうなぎならこのお店。

リーズナブルでありながらお味は超一流!

特に平日限定(10食のみ)の「うなじ郎ランチ」は、豪華な内容(半尾の鰻のうな重・だし巻き・吸物・香物)でありながら1,400円でいただけますよ。

住所大阪市北区紅梅町3-14 ヤマツタビル1F
営業時間11:00~14:30(L.O.13:30)売切れ次第終了
17:00~21:30(L.O.20:30)売切れ次第終了

ランチ営業、日曜営業
定休日年末年始
不定休
電話番号06-6356-2239

 

🌸伊賀喜(関西風 地焼き蒲焼き)

出典:https://tabelog.com/

天満橋の老舗仕出し屋のうなぎ屋さん。

江戸前のように蒸しているかと思うほど柔らかく、肉厚のうなぎがおいしいと評判です。

女将さんの接客も評判で、おかみさんに会いに店に来る人も。

住所大阪市中央区谷町1丁目6-5 伊賀喜ビル
営業時間(月~金)
11:15~19:30
(土)
11:15~13:30

ランチ営業
定休日日曜日
電話番号06-6941-5678

まとめ

今回は、「土用の丑2017大阪でおいしいと評判のうなぎ屋さんベスト10!」と題して、大阪の評判のうなぎ屋さん10件をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

うなぎも高騰が続いていて、なかなか普段の食事のメニューに上がることはありませんが、土用の丑の日ぐらいは奮発してみても良いかもしれませんね。

最近はあまり使われていませんが、大阪では、うなぎと言えば「まむし」。

ご飯とご飯の間にうなぎを挟んで蒸す調理法で、「ご飯の間(ま)で蒸す」というのが語源だそうですが、関西風は皮がパリッとしているのでご飯とご飯の間にうなぎを入れて蒸すことにより、関東風のように柔らかい噛み心地になるのです。

「まむし」というとちょっと嫌なものを連想してしまいますが、全く違いますので、ご安心を!

 🌸通販で、うなぎを取り寄せるっていう方法もありますね(#^.^#)

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。ちょっとだけでもお役に立てればうれしいです(^^♪