7月7日は、七夕まつり。

年に1回だけ織姫と彦星が逢えるロマンチックな日ですね(#^.^#)

年をとってくると、そんなロマンチックな行事も関係なくなってきますが、若い2人にとっては七夕の行事に参加するのも楽しいことですね。

大阪天満宮では、戦国時代の戦乱で中断されていた七夕祭を、平成7年の7月7日に「天満天神七夕祭」として復興させました。

大阪天満宮で行われる「天満天神七夕祭」に合わせて、近くの天神橋筋商店街(長さ日本一の商店街として有名!)では、「星愛七夕まつり」も開催されて、7月7日は大阪天満宮と天神橋筋商店街は、厳かな御神事とともに賑やかな雰囲気に包まれます。

天神橋筋商店街では前夜祭も行われ、毎年両日ともに多くの人たちがやってきます。

今回は、「星愛七夕まつり」と「天満天神七夕祭」について紹介していきましょう(^^♪

Sponsored Links

「天満天神七夕祭」のご紹介!

出典:http://www.osaka-info.jp/jp/events/matsuri/436.html

大阪天満宮の七夕祭は、古くからご神事として行われて来たそうですが、戦国時代の戦乱で中断された後、菅原道真公の徳を偲ぶ祭儀・祭礼としての天神祭りが中心となり、七夕祭としての伝統は途絶えてしまったそうです。

天神祭よりも古い歴史を持つ七夕祭を復興させようとの考えに基づき、平成7年7月7日に、7月25日の天神祭りの前儀として七夕祭が復活しました。

【開催日】 2017年7月7日(金)

【場所】 大阪天満宮

🌸住所:大阪市北区天神橋2丁目1-8

 

駐車場は?

大阪天満宮の周辺に駐車場がいくつかあります。(大阪天満宮自体の駐車場は当日、利用できません)

お正月や天神祭りの時のようなものすごい混雑はありませんので、交通規制もないと思いますが、やはり車よりも公共交通機関を利用される方が無難かと思います。

出典:https://www.navitime.co.jp/parking/around/?node=00005612

 

 

【スケジュール】

15時~天満天神七夕祭開始
16時~七夕笹神楽奉納
御願い事短冊を奉納、巫女が小笹を持って神楽を舞う。
20時~諸願成就祈願祭
参加無料の集団ご祈祷を本殿前庭にて行う。
20時20分~七つ茅ノ輪くぐり
神職巫女が先導して7つの茅ノ輪をくぐり星合池まで進む。
池にお招きしてある「七夕姫大神」にお祈りを捧げる。

 

星愛七夕まつりのご紹介!

大阪天満宮で行われる「天満天神七夕祭」に合わせて、大阪天満宮に隣接する天神橋筋商店街が主催する「星愛七夕まつり」が開催されます。

出典:http://www.syogyo-kasseika.jp/archives/404

【開催日・時間】 

🌸前夜祭:7月6日(木) 17時~20時

🌸当日:7月7日(金) 16時~21時

【場所】 大阪天満宮及び天神橋筋商店街

 

スケジュールは?

🌸7月6日 前夜祭

✤17時~20時 カラオケや物産展、屋台が天神橋筋商店街で行われます。

🌸7月7日 当日

16時~大阪天満宮境内及び天神橋筋商店街で夜店開始
16時~七夕パレード発進(商店街を練り歩きます)
17時~七夕パレードが大阪天満宮の表大門に到着
境内の特設ステージにて花娘を紹介
18時~天神橋商店街ステージイベント開始(境内特設ステージ)
20時~諸願成就祈願祭
20時30分~七つ茅ノ輪くぐり
21時行事終了

見どころは?

下のポスターは、昨年2016年のものですが、7月6日の前夜祭では、大阪天満宮境内で歌謡祭が開かれます。

当日は、夕方からのパレードや天満天神花娘のお披露目、大阪天満宮特設ステージでの大道芸人による演芸等があり、最後に、7つの茅の輪くぐりの行事が行われます。

また、境内には夜店もありますよ。

出典:http://www.tenjin123.com/tanabata_matsuri/

🌸見どころ その1 七夕パレード!

夕方4時から、七夕パレードが天神橋商店街3丁目の夫婦橋から、子供彦星・子供織り姫を先頭に天満天神花娘の行列が大阪天満宮まで行進します。

出典:YouTube

🌸見どころ その2 天満天神花娘のお披露目!

天神天満花娘は、毎年公募をしている、大阪天満宮の巫女さんに準ずる仕事で、天神祭を中心に各種イベントに花を添える存在です。

水都大阪をイメージした浴衣の上に千早(ちはや:巫女さんが一番上に来ている薄い白い装束)を着用し、天満宮の象徴である「紅白の梅」をあしらった花飾りを頭につけています♫

下のポスターは、今年の募集ポスターです。(もう、今年の天満天神花娘は決定しましたけどね)

出典:https://www.facebook.com/hanamusume/

パレードの後で。大阪天満宮の特設ステージで、今年の天満天神花娘のお披露目がありますが、華やかな時間です。

出典:YouTube

🌸見どころ その3 7つの茅の輪くぐり!

大阪天満宮の境内には、7つの茅の輪が設置されていて、これを1つずつくぐってお願い事を神様である菅原道真公に聞いていただきます。

7つの茅の輪には・・・

  1. 諸願成就
  2. 学徳向上
  3. 心身健康
  4. 家内安全
  5. 商売繁盛
  6. 厄除
  7. 恋愛成就  の意味があります。

特に最後の恋愛成就については、大阪天満宮の隣接地の「星合池」前に設置されています。

出典:http://petit-happy.net/451.html

ただ今恋愛中!っていうペアが一緒に仲良くくぐると、恋愛が成就すること間違いなし!かも?

屋台の営業時間や混み具合は?

屋台は、天神橋筋商店街と大阪天満宮の境内で営業されます。

前夜祭の7月6日は、天満宮の境内では開かれませんが、天神橋筋商店街で開かれています。

ただ、商店街のお店自体が夕方まで営業していますので、営業後に屋台が開かれます。

 

当日は、天神橋筋商店街と大阪天満宮の境内で開かれ、境内の屋台は夕方4時半から夜8時までです。

(大阪天満宮が9時に閉門されますので、屋台の営業時間も短くなっています)

商店街の屋台も、だいたい夜9時過ぎには人の波も少なくなってしまいますので、閉店してしまうようです。

 

混み具合に関しては、お正月や天神祭りのような混み具合ではないですので、比較的ゆっくりと屋台を冷やかすことができます。

ただ、やはり夕方6時前後には混んできますので、それより前かもっと後に屋台での飲食をされる方が無難かと思いますよ。

まとめ

今回は、7月7日に大阪天満宮で行われる「天満天神七夕祭」と「星愛七夕まつり」について、「星愛七夕まつり2017の屋台の営業時間や混み具合は?駐車場もチェック」と題して紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

大阪天満宮は、この七夕祭が終わると、いよいよ7月24日と25日の天神祭り本番に移行します。

それでなくてもこの時期は蒸し暑い毎日ですが、天神祭りの熱気はその蒸し暑さをもっとヒートアップさせてくれます。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。ちょっとだけでもお役に立てればうれしいです(^^

「天神祭花火2017の混雑状況や時間帯は?屋台の営業は何時まで?」の記事もどうぞ(^^♪

✤「「天神祭花火2017打ち上げ場所や何発?何時から何時まで?」の記事もどうぞ(^^♪