7月に入ると、あちこちで蓮の花が咲き始めますね。

京都のお寺や神社には蓮の花で有名な所がたくさんありますが、大阪で蓮の花が有名なのが万博記念公園です。

万博記念公園の日本庭園にある大きな「はす池」にたくさんの蓮の花を見ることができます。

また、毎年、早朝観蓮会が開かれ、象鼻杯やハス酒の振る舞い、ミニコンサートなどもあります。

私は地元なのにまだ行ったことがないのですが、今年はぜひ行って見ようと思っています。

日本庭園の蓮池は大きいですので、見ごたえがあるでしょうね。

今回は、大阪府吹田市にあります万博記念公園の蓮の花についてご紹介していきましょう(^^♪

Sponsored Links

万博記念公園日本庭園

1970年に開催された大阪万国博覧会の跡地が公園になっていて、この広大な公園の中の一角に日本庭園があります。

東京ドームが5個半入る面積の日本庭園で、この中に3つの池があり、その中にはす池があります。

 

住所:大阪府吹田市千里万博公園9

 

  • 阪急:京都線「南茨木」駅、千里線「山田」駅、宝塚線「蛍池」駅下車
  • 地下鉄御堂筋線(北大阪急行線)「千里中央」駅下車」
  • 地下鉄谷町線「大日」駅下車
  • 京阪「門真市」駅下車

上記の駅に下車の後、大阪モノレール「万博記念公園駅」または「公園東口駅」下車、徒歩約10分。

出典:http://www.expo70-park.jp/event/11458/

【駐車場】

 

 

🌸早朝観蓮会と象鼻杯

出典:YouTube

 

6,250㎡のはす池に、26品種のハスと7品種のスイレンが咲き誇ります。

毎年、ハスの花が咲く時期には、早朝観蓮会が行われます。

今年の予定も決定しましたのでご紹介しましょう。

早朝観蓮会

【開催時期】

🌸6月30日(金)~7月2日(日)

🌸7月7日(金)~9日(日)

🌸7月14日(金)~17日(月)

 【追記 7/7】 7月2日に行ってきましたが、まだ早いかなと思っていましたら、既に満開状態でした。

14日~17日ごろには、散っている状態かもしれません・・・。

【入園料】

  • 大人:250円
  • 小中学生:70円

【時間】 午前6時~

✤日本庭園正門および東門が午前6時に臨時開門されます。

✤午前5時30分~午前9時30分の間は、自然文化園中央口および日本庭園前ゲートを経由して日本庭園正門へ行けます。

象鼻杯とハス酒の試飲会

早朝観蓮会の期間中の土日祝の午前6時から先着順で、ハスの茎からお酒を飲む「象鼻杯」と、ハス酒が飲めます(無料!)

出典:http://www.expo70-park.jp/event/11458/

「象鼻杯」という言葉は、穴を開けたハスの葉を持ち上げてお酒を注ぎ、長い茎の先から飲む姿が象の鼻に似ていることからつけられたそうです。

(私は、「〇〇杯」というコンクールの名前かな?って思いました・・・)

象鼻杯は、先着300人。

【追記 7/7】 7月2日の朝8時過ぎに到着した時点で、象鼻杯は終了していました。

開門時すぐに並ばないとなかなか飲めないかも・・・。

ハス酒は、日本酒にハスの茎を漬け、ハスの香りをつけたお酒で、先着100人までです。

 

まとめ

今回は、大阪府吹田市の万博記念公園の中にあるはす池の蓮の花について、「万博公園の蓮2017の開花時期や見頃はいつ?象鼻杯の開催日程も!」と題して紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

毎年、兄夫婦が万博公園にハスの花を見に行くと言っていましたが、お目当てはハスの花よりも、象鼻杯なんだそうです。

「花より団子」ってところですかね。

早朝からお酒を飲んだらすぐに酔っぱらってしまうのではないかな?って、私は思うのですけど・・・。

お酒がハスの茎を通ってくるので、微妙にお酒の味も香りも変化してきて、美味しいそうですよ(#^.^#)

🌸7月2日に行ってきましたが、朝と言えども暑さが厳しい日でした。

熱中症対策は万全にしてくださいね(#^.^#)

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。ちょっとだけでもお役に立てればうれしいです(^^♪

「法金剛院(京都)の蓮の花2017開花時期は?お勧めの時間帯も紹介!」の記事もどうぞ(^^♪

「万博公園のコスモス2017の開花時期や見ごろは?アクセスや駐車場も」の記事もどうぞ(^^♪