今年も秋に大阪で、「まんパク」が開催されることになりました。

「まんパク」とは、「満腹博覧会」の略称です。

関東ではちょうど今、5月18日~6月5日まで、東京都立川市の国営昭和記念公園のみどりの文化ゾーンでも開催されています。

「満腹博覧会」と言うからには、美味しい食べ物がいっぱいあるんでしょうね。

私は、今まで知らなかったのですが、大阪の万博公園であるそうなので、今度行って見たいなと思っています。

8日間も開催されているそうなので、開催期間中に何回か行って、美味しいものをたくさん食べるというのもいいかもしれませんね。

そのためにも、いろいろと調べてみましたよ。

ということで、今回は、「まんパク大阪」についてご紹介していきましょう(^^♪

Sponsored Links

まんパク大阪のご紹介♫

「まんパク」とは、「満腹博覧会」のことで、絶品グルメを楽しむピクニックとして、最高のおつまみが揃うビアガーデンとして、カップルでもグループでも家族連れでも楽しめるフードフェスティバルです。

 

昨年の様子が動画でありましたので、紹介しましょう(^^♪

出典:http://manpaku.jp/osaka2016/

 

昨年(2016年)は、期間中、なんと20万人近くの人が訪れたそうで、今年はもっと規模も大きくなって来場者数も一段と増えることが予想されています。

現在、今年の秋に大阪で開催されるまんパクに関しては、詳細が完全に決定しているわけではありませんので、昨年の資料を基にご紹介していきますね(^^♪ (詳細が分かり次第、追記していきます

【追記 8/18】 マグロの解体ショーの日程が決まりました!

マグロ解体ショーの日程は、2017年10月7日(土)、8(日)、9日(月・祝)です!

さばきたての本まぐろを使った限定メニュー「まぐろや黒銀」も登場する予定です!

出典:http://ryoko-shimbun.hatenablog.com/

【開催期間】 

🌸10月7日(土)~10日(火)

🌸10月13日(金)~16日(月)  合計8日間!

【開催時間】 10時~18時 (但し、万博記念公園の入場は16時半まで)

【開催場所】 万博記念公園 東広場

住所:大阪府吹田市千里万博公園1-1

  • 阪急:京都線「南茨木」駅、千里線「山田」駅、宝塚線「蛍池」駅下車
  • 地下鉄御堂筋線(北大阪急行線)「千里中央」駅下車」
  • 地下鉄谷町線「大日」駅下車
  • 京阪「門真市」駅下車

上記の駅に下車の後、大阪モノレール「万博記念公園駅」または「公園東口駅」下車、徒歩約10分。

【駐車場】

 

【入場料金】 (別途、万博公園の入園料250円が必要です)

🌸【前売り】 土日祝:400円、平日:300円

🌸【当日券】 土日祝:500円、平日:400円

中学生以下は、無料♫

【前売券販売期間】 9月2日(土)~開催前日(10月6日)まで

【前売券販売場所】 チケットぴあ、ローソンチケット、CNプレイガイド、イープラス、楽天チケット

昨年の様子をちょっと紹介!

まんパクの飲食店は、音楽フェスの飲食エリアで名物化している「フェス飯」や、全国の物産展やイベントで話題の人気店です。

それらを海鮮、ラーメン、餃子、ご当地、スィーツ、ワールドビストロ、物産などのジャンルにエリア分けして、店舗がずらりと並んでいます。

MBS毎日放送のテレビ番組「魔法のレストラン」の特設コーナーでも、全国の有名店がたくさん出店していますよ。

下の表は、昨年の人気投票の結果発表です!

出典:http://manpaku.jp/osaka2016/shoplist/

 

これが、2年連続1位をとった札幌 九兵衛のとろサーモンといくらの親子丼です!1,500円

出典:http://ro69.jp/blog/manpaku/131416

私は、これが食べたいです!メロンまるごとクリームソーダ(いばらき食文化研究会 酒趣)!900円

 

出典:https://matome.naver.jp/

 

攻略法は?

なにせ、万博記念公園東の広場は広いですから、事前にどんなメニューがあるのかチェックしておきましょう!

それでないと、何があるかな?なんてあちこちウロウロしていると、行列がずらっとできてしまって、最悪、売り切れ!なんてことになりかねません。

特に、人気メニューは、午後になると即完売になってしまうこともあり得ますから、食べたいのなら、入場したらすぐにそれを食べるようにした方が良いと思いますよ。

会場内では、売り切れたメニューをお知らせする掲示板もありますので、それのチェックも必要でしょう。

午後から入場する場合は、売り切れ覚悟で行くことも・・・。

できるだけ、朝10時過ぎには入場しておきたいですね。

 

次に、必ずテーブルが確保できるとは限りませんし、日陰でゆっくりと食べたいという人もおられるでしょう。

会場の広場は広いですので、簡単にパッと設定できるテントを持参して日陰でのんびり食べるというのもお勧めです。

最近は、河川敷公園等でも簡単に設定できるテントを張って子供さん達と休憩されている家族をよく見ますが、こんな感じでまんパクに行かれたら良いかもしれませんね。

 

現在開催中のまんパク(立川)に行った人たちの感想は?

現在、東京都立川市で開催中のまんパクも多くの人たちが満腹になりに来ているようですよ。

スイーツ大好き女子に人気のメロンまるごとクリームソーダは、この会場でも好評のようです。

食べてみたい!

 

 

まとめ

今回は、大阪で10月に開催予定のまんパク大阪2017について、「まんパク2017大阪の日程やアクセスは?人気メニュー攻略法も!」と題して紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

一流の、そして最高においしいメニューばかりそろったフードフェスティバル、何回でも行ってみたいですね(^^♪

この8日間、たくさんの人が訪れますので、お目当てのメニューは絶対にゲットできるように、事前の綿密なチェックはお忘れなく!

🌸昨年は総合で5位だった宇都宮餃子のめんめん。家で食べたい人には、名店35店から選べるギフトも(^_-)-☆

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。ちょっとだけでもお役に立てればうれしいです(^^♪