大相撲5月場所は、新横綱:稀勢の里の優勝が期待されましたが、ケガのために途中休場し、その代わりにベテラン横綱:白鵬が底力を見せつけての全勝優勝で終わりました。

その横綱:白鵬が所属する部屋は宮城野部屋ですが、宮城野部屋からは5月場所で、もう一人の優勝力士が出ました。

といっても、幕内の優勝ではなく、序の口のお相撲さんの優勝ですけどね・・・。

優勝したのは、炎鵬(えんほう)。

身長が170cmに満たない小柄なお相撲さんですが、学生時代に世界相撲選手権軽量級で2連覇するなど優秀な成績を残して角界入りしました。

3月場所は前相撲で2戦2勝、今場所が序の口で本格デビューの場所になりました。

序の口でも圧倒的な力強さを見せて、7戦全勝の成績で序の口優勝を成し遂げました。

7月場所では番付も上がり、また強い相撲を見せてくれるでしょう。楽しみですね。

今回は、宮城野部屋所属の力士:炎鵬について紹介していきましょう(^^♪

【追記 7/23】 炎鵬が、名古屋場所で、序二段優勝しました!(本文に追記していますので、本文もご覧くださいね)

【追記 9/24】 先場所に続き、9月(秋)場所で、三段目優勝をしました!

【追記 2018/1/31】 十両昇進が決定しました!

Sponsored Links

炎鵬について紹介!

出典:https://news.yahoo.co.jp/

しこ名炎鵬 晃(えんほう あきら)
本名中村 友哉(ゆうや)
生年月日1994年10月18日(23歳)
出身地石川県金沢市
出身校金沢学院大学
身長・体重169cm、94kg
所属宮城野部屋
2018年3月場所の番付十両14枚目

まだ、角界入りしたばかりですので、髪の毛が伸びていませんね。

このままスピード出世をしていくと、ひょっとして十両に昇進してもまだ大銀杏を結うことができないかも・・・?

【追記 10/18】 金沢に巡業中の炎鵬の挨拶画面です(^^♪

なんか、めちゃくちゃ可愛いですね~(#^.^#)

【相撲を始めたのは・・・?】

5歳から相撲を始めたそうです。

金沢は相撲が盛んな「相撲王国」であることから、炎鵬も少年時代から相撲に慣れ親しんできたようですね。

高校・大学時代の成績を紹介

高校・大学を通じて、素晴らしい成績を残していますよ(^^♪

【高校時代の成績】

高校は相撲の強豪校の金沢学院東高校(現在は金沢学院高校)です。

金沢学院東高校の先輩には、幕内の遠藤、大翔丸、豊山、十両の高立といった力士がいます。

高校時代には、

  • 世界ジュニア相撲選手権大会個人軽量級(80kg未満)で優勝!
  • 全日本ジュニア相撲体重別選手権軽量級(80kg未満)で優勝!

といった成績を残しています!

その後、金沢学院大学に進学しています。

【大学時代の成績

金沢学院大学では・・・

  • 2年生の時に、第11回アジア相撲選手権大会で優勝!
  • 2年生の時に、第19回世界相撲選手権大会の個人軽量級(85kg未満)で優勝!

(世界相撲選手権大会軽量級の優勝は、日本選手として3大会ぶり。石川県出身選手としては、1992年の第1回大会の出島武春選手(元大関出島)以来、2人目だそうです)

出典:https://www.kanazawa-gu.ac.jp/

また3年生の時にも第20回世界相撲選手権大会の個人軽量級(85kg未満)で優勝して、2連覇の偉業を成し遂げています!

 

角界入り・・・

2017年2月、大相撲宮城野部屋に入門して記者会見に臨みました。

この時、横綱:白鵬も同席し、「一緒に汗をかいて、泣いて笑っていきたい」と期待していることを表明しました。

大横綱が同席する入門記者会見なんて、炎鵬にとってはものすごい光栄なことですね。

それと同時にいかに期待されているかということでもありますね(^^♪

出典:http://www.sakigake.jp/

その後、白鵬の内弟子となって白鵬の身の回りの世話をしています。

(内弟子とは、引退後、親方になった際の弟子として、現役中に所属部屋に入門させる力士のことで、白鵬にはすでに内弟子として山口と石浦がいます)

 

5月場所で序の口デビューとともに序の口優勝!

 

横綱:白鵬も全勝優勝して、W優勝の快挙!

出典:http://www.nikkansports.com/battle/column/sumo/news/1831039.html

 

炎鵬と白鵬のW優勝のエピソードを紹介(^^♪

🌸5月場所を目指して本格的なけいこがスタートした時、白鵬が炎鵬を指名して、モンゴル相撲をとることになったそうです。

本場所が始まるまでの毎日、朝げいこ終了後、2人で1時間ほどモンゴル相撲をしたそうです。

その後、本場所が始まり、10日目に白鵬が高安に勝った時に、炎鵬とモンゴル相撲をやった成果が出たと話したそうです。

🌸場所前、炎鵬は白鵬から「2人で優勝するぞ!」と言われていたそうで、それが実現しました。(ちょっとプレッシャーですね)

【追記 7/23】 名古屋場所で序二段優勝しました!

炎鵬が千秋楽で、7戦全勝同士の元幕内で千賀ノ浦部屋の舛乃山を優勝決定戦で破り、見事、序二段優勝しました!

名古屋場所の幕内は、横綱の白鵬が14勝1敗で優勝しましたので、先場所同様にW優勝したことになりますね♫

すばらしいですね!!

 

【追記 9/20】 全勝で並んでいた本多(錦戸部屋)を立ち合いから一方的に攻め、初土俵からの連勝を20に伸ばし、19連勝した兄弟子の石浦を上回って、史上6位タイの記録となりました。

「自分のタイミングでいけた」と納得の表情を見せた炎鵬です。

 

【追記 9/22】 序ノ口デビューから負けなしの21連勝に伸ばし、歴代単独5位としました。!1位は佐久間山の27連勝だそうです。頑張れ~~!!

【追記 9/24】 三段目優勝を決めました!

 

【追記 11/13】 九州場所2日目に、序ノ口から27連勝の記録を持つ、元小結(現在幕下)の常幸龍に敗れ、序の口から21連勝だった炎鵬に初めて土がつきました・・・。

【追記 2018/1/31】 1月31日の番付編成会議で、十両昇進が決定しました!

まだまだ短いけれど、初めての髷を結っての写真撮影です(#^.^#)

 

炎鵬のしこ名の由来は?

炎鵬のしこ名は、横綱:白鵬が命名したそうです。

かなりいろいろと考えたそうで、身長や体重では恵まれていない点を重視して、「上にいくと身体の差がある。そこを勝ち抜いていくために気持ちで負けないで、常に燃えていくこと。それで炎鵬にしました。炎って珍しいでしょ」(引用:https://www.daily.co.jp/)と話したそうです。

白鵬からしこ名をつけてもらった上に、ひねりが得意ということから、白鵬から「ひねり王子」というあだ名もつけられました♫

白鵬からの期待の強さが半端じゃないですね。

がんばれ!炎鵬!

【追記 2018/1/23】 得意技のひねり技が角界入りして初めて出ました!

正真正銘の「ひねり王子」ですね。

これからの目標は?

体形が似ている兄弟子の石浦を目標としているそうです。

幕内の宇良に関しては、柔軟性や足腰の強さ・背筋力が違うのでまねできないと言いつつ、目標にしているようですよ。

石浦にしても宇良にしても、小兵ながら幕内で頑張っているのですから、同じ小兵力士の炎鵬も2人に負けずに頑張って行って欲しいですね。

 

【追記 7/23】  下のツイートのように、最近の炎鵬は徐々に人気が出てきましたねえ(^^♪

(文章中の「勝昭」とは、辛口解説の元横綱北の富士の北の富士勝昭さんのことです)

 

【追記 2018/1/17】 なんかお人形さんのような炎鵬・・・。

 

まとめ

今回は、5月場所で序の口優勝を果たした炎鵬について、「炎鵬(相撲)のしこ名の由来がすごい!家族や学生時代の実績を紹介!」と題して紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

炎鵬というお相撲さんのことは、まだまだ知られていませんが、将来性のあるお相撲さんだと思います。

どんどん昇進していって、石浦や宇良とともに大きなお相撲さんをドンドン倒していって欲しいです。

🌸じっくりと大相撲の魅力を本で読んでみましょう(*^-^*)

最後までご覧いただき、ありがとうございました。ちょっとだけでもお役に立てればうれしいです(^^♪

✤「炎鵬がイケメンで可愛いと評判!彼女の噂や年収も調査!」の記事もどうぞ(^^♪

「宇良和輝の経歴やプロフィール紹介!大学時代の成績がヤバイ!」の記事もどうぞ(^^♪

「石浦将勝年収や彼女との熱愛の噂は?入門前の経歴が異色すぎる!」の記事もどうぞ(^^♪

「矢後(相撲)の身長・体重や戦績は?両親やきょうだい・彼女は?」の記事もどうぞ(^^♪

「友風友太(ピアノ力士)の成績や身長・体重は?逸ノ城との関係も」の記事もどうぞ(^^♪

✤「大相撲イケメンで可愛い顔の若手力士2018!人気ランキング!」の記事もどうぞ(^^♪