大阪の夏のお祭りといえば、大阪天満宮の天神祭りがその代表格!

7月24日と25日に盛大に執り行われますが、特に本宮(ほんみや)である25日は一日中、大阪天満宮周辺は人だかり状態です。

午後3時半からの陸渡御(りくとぎょ:御神体を船に乗せるために船着き場まで行く)や、夕方6時から出発する船渡御(ふなとぎょ:御神体を乗せた船を中心に多くの船が大川に出る)、夜7時半ごろからスタートする奉納花火を見ようと、大川(旧淀川)周辺には続々と人が集まってきます。

25日一日だけで130万人もの人が見物に来ると言われていますので、混雑がいかにすごいか想像できますね・・・。

私も、天満宮や大川には歩いて行ける距離なので行けばよいのですが、以前行って混雑ぶりを経験すると、家でテレビ大阪の実況中継を見ている方が楽なので、家での花火観覧となってしまっています。

今回は、天神祭りの混雑状況やその時間帯、そして屋台について、紹介していきましょう(^^♪

Sponsored Links

天神祭りの奉納花火について少しご紹介!

大阪天満宮のお祭りである天神祭りは、毎年7月24日の宵宮、25日の本宮と2日間執り行われます。

25日の本宮の時に、御神体を乗せた船を中心に多くの船が大川(旧淀川)に繰り込んでいきます。

その際に奉納される5,000発もの花火がお祭りを一層景気づけてくれます。

出典:YouTube

同じく大阪で毎年8月の第一土曜日に行われる「なにわ淀川花火大会」の花火は2万発ですので、これと比べるとスケールは小さいですが、花火だけではなく、大川には100隻あまりもの船が走っているわけですから、「水と火の祭典」として壮大なお祭り風景になっています。

【日程と時間】

  • 7月24日:宵宮
  • 7月25日(本宮)

花火は、7月25日の午後7時半ごろから9時頃まで

【花火の打ち上げ場所】 毛馬桜ノ宮公園と向かいの川崎公園

 

奉納花火の混雑状況と時間帯について

8月の第一土曜日に行われる「なにわ淀川花火大会」の観覧者数は50万人と発表されています。

これに対して、天神祭りの25日の船渡御・花火には、その3倍近い130万人が観覧に来るんだそうです(驚きですね!)

「なにわ淀川花火大会」の時の混雑状況でさえすごいのに、天神祭りの混雑状況は、ちょっと異常ですね・・・。

【混雑し出す時間は・・・?】

大阪天満宮周辺は、お昼前後から混雑し始めてきます。

特に、御神体を天満宮から船着き場にお連れする「陸渡御」が始まるころ(午後3時半)には、見物の人たちで天満宮付近はいっぱいになります。

交通規制も3時半ごろから実施されてますので、車で移動される人は交通規制を考えて行動してください。

あるいは、車での行動は中止された方が良いかもしれません。

昨年(平成28年)の交通規制のお知らせを参考に載せておきましょう。

 

出典:http://www.tenjinmatsuri.com/

 

また、歩行者も、駅や電車の事前の確認が必要です。

JR大阪駅やJR桜ノ宮駅では夕方から入場規制が実施されていることもあるからです。

大阪市バスも、運行経路が変更になったりしますので、事前の確認は必須です。

 

【混雑のピークは・・・?】

船渡御が始まる午後6時前~、花火が始まる午後7時半~花火が終わる午後9時までが混雑のピークでしょう。

花火が終了したからと言ってすぐに駅を目指しても入場規制がかかっているかもしれませんので、梅田まで歩いて帰るというのも一つの考え方かもしれません。

(梅田までそんなに距離はありませんから。但し、混雑してますので普段の日のようにスムーズに歩けません。時間はかかります)

 

屋台の営業場所や営業時間は何時まででしょうか?

【屋台の場所】

屋台が営業する場所は大きく分けて3ヶ所になります。

  • 大阪天満宮の境内
  • 天神橋筋商店街の中
  • 大川沿い

屋台map

出典:http://requestparty.net/tenjin-hanabi/

大阪天満宮の境内の屋台は、混雑がそんなにもひどくはないですから、比較的ゆっくりとできます。

天神橋筋商店街の中の屋台も、商店街自体が長く(日本一の長さ)、幅も広いので、割とゆっくりできます。

大川沿いの屋台は、花火が始まる午後7時過ぎぐらいには混雑で身動きが取れないぐらいの状態になりますから、昼間にのぞいておいた方が無難かも。

 

【屋台の営業時間は】 午前11時~午後11時まで(但し、もう少し早くから開店する屋台もあり)

 

まとめ

今回は、毎年7月24日と25日に行われる大阪天満宮の天神祭りについて、「天神祭花火2017の混雑状況や時間帯は?屋台の営業は何時まで?」と題して紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

水上に浮かぶ(走る)船を見ながら夜空に花開く花火も見て、暑さを発散するなんて、最高ですね(^^♪

ただ、観覧者が25日の1日だけで130万人も来るという数字を聞くと、暑苦しそう・・・なんて思ってしまうのは、私だけでしょうか?

お祭り好きな人にとっては、今年も行くぞ~!って感じなんでしょうね。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。ちょっとだけでもお役に立てればうれしいです(^^♪

「天神祭花火2017打ち上げ場所や何発?何時から何時まで?」の記事もどうぞ(^^♪

「淀川花火大会2017の交通規制や電車の混雑時間の回避攻略!」の記事もどうぞ(^^♪

「淀川花火大会2017打ち上げ場所とよく見える穴場スポット!」についてもどうぞ(^^♪

「淀川花火大会2017のホテル観覧予約や花火が見える場所は?」についてもどうぞ(^^♪

「淀川花火大会2017の打ち上げ数は何発?場所やフィナーレ時間も」についてもどうぞ(^^♪