毎年、ゴールデンウィークの頃は藤の花が咲きますので、私は藤の花を見にあちこちへ行くのを楽しみにしています。

毎年行くのが、奈良市の世界遺産:春日大社の境内にある「萬葉植物園」です。

この萬葉植物園の中に「藤の園」があって、ちょうど、ゴールデンウィークの最中が満開の時期になります。

奈良の春日大社は、世界遺産で有名な神社ですが、古くは平城京を守護するために創建された神社であり、後平安時代に栄華をわがものにした藤原氏の氏神様でもあります。

毎年、春になると、春日大社や萬葉植物園のHPには、現在の開花状況が掲載されています。

今日(4月2日)、奈良に遊びに行きましたが、春日大社の掲示板には、「藤 現在 つぼみ」と書かれていました。

まだ4月に入ったばかりですので、当然つぼみの状態ですが、これから日ごとにつぼみが膨らんでいくのが楽しみです♫

その年の気温にもよりますが、大体ゴールデンウィークの頃に満開となり、「藤の園」に近づくだけで藤の花の甘い香りが漂ってきますよ。

昨年(2016年)は、全国的にも気温が高かった日が続きましたので、藤の花も開花が例年より早く、ゴールデンウィークの終わりごろには散りかけていたようです。

昨年私が行ったのは、5月1日で、その時には満開でした。

今回は、奈良春日大社の萬葉植物園の藤の花についてご紹介していきましょう(^^♪

【追記 5/5】 5日のこどもの日に、萬葉植物園に行ってきました。

藤の花は、満開でしたよ(^^♪

藤の花の香りが素晴らしかったです!

Sponsored Links

萬葉植物園

 

【所在地】 奈良市春日野町160

 

【アクセス】

出典:http://www.kasugataisha.or.jp/about/basic.html

✤JR奈良駅から奈良交通バス(春日大社本殿行)「春日大社本殿」下車すぐ

✤近鉄奈良駅から奈良交通バス(市内循環外回り)「春日大社表参道」下車、徒歩約10分

✤近鉄奈良駅から徒歩約25分 (これがお勧め!)ほとんどの人が春日大社方向を目指して歩いていきますので、ついていけば自然に行けます(^^♪

【駐車場】

春日大社付近にありますが、観光シーズンは大変混雑しますので、車は遠慮された方が良いかもしれません。

萬葉植物園は

萬葉植物園は、春日大社の神苑の中で、万葉集に詠まれた植物「万葉植物」を植栽している植物園です。

万葉集で詠まれた植物のうちの約8割の植物が現在でも植栽されているそうです。

ちょうど藤の花が咲く4月末~5月の初めにかけて、麦、レンゲソウ、アヤメ等の花が咲いていますし、梅の実もなっていますよ。

「藤の園」

春日大社の社紋は下り藤で、春日大社の境内や背景の山々には自生の藤(ヤマフジ)がたくさん見られます。

出典:http://www.kasugataisha.or.jp/h_s_tearoom/manyou-s/index.html

萬葉植物園の中の「藤の園」では、特に春日大社の社紋にもなっている藤の木を20品種、 約200本植えて育てています。

この「藤の園」の藤の花は、藤棚として育てられているものももちろんありますが、立ち木作り(つまり自然な形で枝が横に伸びて行くような育て方)が主流です。

藤棚の場合は、上に見上げて藤の花を観賞することになりますが、立木作りですと自然な目線で藤の花を観賞できます。

 

これが藤棚です。

花が上にありますので、視線は上向きになりますね。

もちろん、萬葉植物園でも藤棚にしているものもありますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多くは、このような立木作りです。

自然な花の咲き方で、花が常に外向きに咲くので常時日光を浴びて美しく見えるという特徴があります。

それに見ていて上下の立体感があって、豪華な感じがします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

萬葉植物園の藤の花

まずは、見ごろから・・・。

例年、4月末から5月上旬にかけた時期(ちょうどゴールデンウィーク)が満開の時期です。

【追記 5/5】 5日のこどもの日に行ってきましたが、満開でした!

快晴の青空と満開の藤の花の組み合わせが、本当に最高の状態でした。

「白野田藤」は、下の花房がまだつぼみ状態のものもありましたので、大型連休最後の5月7日(日)にも十分藤の花を、楽しめそうですよ。

種類は・・・。

20品種とのことです。

「黒龍」「八重黒龍」「九尺」「岡山一歳」「長崎一歳」「麝香藤」「白甲比丹」「昭和紅」「新紅」「本紅」「白野田」「白花支那」「海老茶」・・・等です。

 

私が撮った藤の花をご覧ください。(素人の写真なので、構図等はいい加減です・・・。)

 

 

【おまけの情報】

春日大社は、本殿の内外いたる所で、藤の花(ヤマフジ)を見ることができます。

ヤマフジは自生しているものですので、蔓の勢いが強く、木々にまとわりついてどんどん成長していっています。

見上げるといろんな所で紫色のヤマフジを見ることができるのもこの時期の楽しみの1つでもあります。

まとめ

今回は、毎年ゴールデンウィークの頃に咲く奈良春日大社の萬葉植物園の藤について、「萬葉植物園の藤の花2017の開花時期や見ごろはいつ?藤の種類は?」と題して紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

見ごろに関しては、気温や天候が大きく左右しますので、実際に行かれる場合は、春日大社のHP等でご確認くださいね。

私は、今年もまた絶対行きたいと思っています。

本当は、萬葉植物園よりももっとすごい穴場があるんですよ~。

ヒントは「飛火野(とびひの)」という所とだけ言っておきましょう・・・(^_-)-☆

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。ちょっとだけでもお役に立てればうれしいです(^^♪

「村上邸しだれ梅2017の見頃やアクセス・駐車場は?ライトアップも」の記事もどうぞ(^^♪

「造幣局の桜2017の開花時期や見頃は?撮影スポットや駐車場も!」の記事もどうぞ(^^♪

「梶本家の藤まつり2017見頃やアクセス・駐車場は?ライトアップも」の記事もどうぞ(^^♪