ビアードパパと言えば、シュークリーム専門店ですね。

全国展開していますので、ご存知の方も多いと思いますが、このビアードパパのシュークリームが、なんと、飲み物に変身してしまいました!

お茶づけでおなじみの永谷園とコラボして、ビアードパパのシュークリームが缶ジュースになって販売されたのです。

シューの皮も入っているの?なんて想像してしまいますが、どうやらシュークリームに使われているクリームの味を飲み物にしたようです・・・。

まだ一部の地域でしか販売されていませんが、4月末から全国での販売も開始するようですので、ちょっと興味がもてそうです。

今回は、「ビアードパパの飲むシュークリーム」についてご紹介していきましょう(^^♪

Sponsored Links

ビアードパパの飲むシュークリーム

出典:http://www.nagatanien.co.jp/product/detail/779

 

販売しているのは、お茶漬けの永谷園!

永谷園のHPによりますと、「ビアードパパのシュークリームに使われているクリームをイメージしたコールド飲料」だそうです。

シュークリームの中のクリームは、基本的な材料が卵・牛乳・砂糖・小麦粉ですので、この中の小麦粉を除いた卵・牛乳・砂糖が飲み物になったわけですね。

簡単に想像すると、ミルクセーキって感じでしょうか?

たぶん、それに生クリームも加わってコクを出しているのでしょうね。

と、ここまで想像してきて永谷園のHPで原材料名をチェックしましたら、卵は入っていませんでした・・・。

(なので、ミルクセーキではないですね・・・)

 

中身は・・・?

主原料は、砂糖・牛乳・クリームチーズ・クリームです。

なんか、栄養たっぷり!って感じです。

 

お味は・・・?

永谷園のHPによりますと、「サラリとしていながら、シュークリームのクリームのようなコクと甘さが楽しめる味わい」だそうです。

牛乳・砂糖・クリームが原材料ですから、美味しいでしょうね(^^♪

冷たく冷やして飲んでも美味しいと思うのですが、温めてもいけるんじゃないかな?って思いますが・・・。

 

気になるカロリーは・・・?

79.8kcalです。(1缶190gで、100g当たりのエネルギーが42kcal)

(他のミルクセーキ缶と比べても、そんなに高いカロリーではないようです。)

 

販売期間】 3月21日~(JR東日本のエキナカ自販機の一部で)

全国的には、4月24日(月)~

【価格】 130円(税抜き)

 

アレンジレシピ!

早速この「ビアードパパの飲むシュークリーム」を使って、フレンチトーストにアレンジされた方が記事を紹介されていましたよ。

「ビアードパパの飲むシュークリーム」1缶に、卵1個と牛乳50ccぐらいを足して、食パンを浸してフライパンでバターとともに軽く焼いたところ、美味しいフレンチトーストができたそうです。

 

一度、試してみたいですね(^^♪

 

おまけの情報

ビアードパパと永谷園って、どんな関係?って思いますよね。

実は、2013年に永谷園は「ビアードパパの作りたて工房」を擁する麦の穂ホールディングスを買収して子会社にしているのです。

なので、お茶漬け海苔の会社がシュークリームの味の缶ジュースを作ってもおかしくはなかったのですね。

 

評判は?

気になる評判ですが、Twitterで調べてみました!

「美味しい派」と「そうでもない派」に分かれていましたが、好みがありますので、判定は付かないでしょうね。

まずは、「美味しい派」の評価から・・・。

 

 

「そうでもない派」の方の評価・・・。

 

 

まとめ

今回は、永谷園から販売されている(全国的には、これから)「「ビアードパパの飲むシュークリーム」について、「ビアードパパの飲むシュークリームの感想や評判は?販売開始はいつ?」と題して紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

「飲むシュークリーム」って聞いたときは、「ええっ?」って思いましたが、案外、美味しそう!って感じです。

早く全国的に販売されないかなって思います。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。ちょっとだけでもお役に立てればうれしいです(^^♪