最近の若い人は、ヨーデルって言う歌(あるいは歌い方)をあんまりご存知ないかもしれませんね。

スイスやチロルのアルプス地方で歌われてきた歌や歌い方なんですが、裏声と地声を交互に発生させて歌う独特のものです。

子どもの頃、スイスでは雪が積もっている時に普通に地声で歌うと雪崩が起きるけれど、裏声と地声を交互に出して歌うと雪崩が起きないのでこんな歌う方が発達したということを聞いて、納得していました。

子どもの頃のいい加減な情報と記憶ですから、ヨーデルが発達した本当の理由は、たぶん、別にあるのでしょうね。

このヨーデル、最近、ドイツを中心にYouTubeを通じて世界的に有名になりつつあります。

それも歌っているのが日本人で、ナンセンスと言うか訳が分からないというか、おかしな動画なんですけどね・・・。

今回は、このヨーデルをうたっている日本人のおじさんとその動画について紹介していきましょう。

Sponsored Links

チキンアタックって?

出典:YouTube

2017年2月8日現在で、YouTube視聴回数がなんと 2,006,608 回、つまり200万回を超えているのです。

 

【内容は・・・】

ニワトリを抱えて黒マントを羽織った白髪のおじさんが、忍者のような男に対して抱えていたニワトリを放り投げると、ニワトリは人間になって忍者に立ち向かう・・・。

屋敷の中で女性を連れ去ろうとしている忍者に向かって、また白髪のおじさんがニワトリを人間に変身させて忍者をやっつけようとする・・・。

その後、森の中まで逃げ去ろうとする忍者に向かって白髪のおじさんは、忍者にニワトリを与えて、ニワトリが生んだ卵を晩御飯にし、冬にはこのニワトリのもも肉を食べれば良いと諭す・・・。

忍者は、「なんと慈悲深い方だ」と感動し、「あなたはすべての動物を操れるんですか?」と聞くと、白髪のおじさんは、「すべての動物を操れるけど、ニワトリが一番なんだ」と言う。

そこに、「兄が銀行強盗に巻き込まれたので助けてほしい」と男が救いを求めてやってくる・・・。

白髪のおじさんはまたニワトリに向かって「君は空の支配者だ」と言って、助けに行くよう促す・・・。

「鶏攻撃の術 2017年全国公開予定」の文字が出てきて終了・・・。???

 

何を言いたいのか?訳が分からないんですけれど・・・。

 

誰が作ったの?

製作者は、アメリカの「グレゴリー・ブラザーズ」というバンド。

Auto-Tune the Newsというシリーズの製作者で、4人のメンバーで構成されたカントリー&ソウルのバンドだそうで、私は知らなかったのですが、かなり有名だそうです。

このバンドが今回の「チキン・アタック」と言う動画を作ったのですが、一応、設定は日本で、白髪のおじさんと忍者のような人は日本人のようですね。

(この記事の下の方にTwitterでの評判について紹介していますが、その中に忍者を演じた人ご本人からのツイートを載せていますよ。習志野青龍窟という方のようです)

他の登場人物は外人ですが、日本語を話していたりして、和洋折衷と言う感じでしょうか・・・。

「鶏攻撃の術 2017年全国公開予定」と言う字幕が最後に出てきていますので、続きがあるのでしょうかね?

と言うことは、この動画はメイキングビデオ?ってこと?訳分からないですね!

 

歌っているのは?

石井健雄さん。

誰?って感じですが、日本では無名に近い方ですが、ドイツでは非常に有名な方だそうです。

1947年3月3日生まれで69歳。

ヨーデル歌手としてドイツで一番有名な日本人と言われ、ドイツの音楽功労者に贈られるヘルマンレンス・メダルという賞を受賞しているほどの方なんだそうです。

独学でヨーデルを学んでヨーロッパに渡り、以後、ドイツを中心にヨーデル歌手として活躍されているようです。

 

昨年(2016年)、「たけし・さんま超偉人伝説!日本人ヨーデル歌手、タケオ・イシイ」としても紹介されていますよ♫

 

 

また、2011年には、「チキン・ヨーデル」も発表されています(^^♪

出典:YouTube

2017年2月8日現在で、視聴回数 7,501,215 回で、なんと750万回を超えているのですね。

聞いていたら、楽しい曲です(^^♪

8万人近い人が「いいね」って押しているのも分かります。

 

今回、この石井健雄さんが、チキン・アタックの動画の主人公をマジメに演じています。

ひょっとすると、2011年に発表したチキン・ヨーデルグレゴリー・ブラザーズが見て、チキン・アタックを思いついたのかもしれませんね。

海外や日本での反応は?

YouTubeを見ていると、多くの国の方々から、高評価が来ています。

(中には、何これ?っていう感想もありましたけど・・・)

日本人よりも外人受けするのかもしれませんね。

中国でも、人気があるんですね~。

 

 

日本では・・・。

 

 

 

 

まとめ

今回は、今YouTubeで話題になっている石井健雄さんが歌っている動画、チキン・アタックについて「チキンアタック(ヨーデルおじさん)の歌詞の意味や海外での反応は?」と題して紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

この曲を聴いていると、訳分からないと思いつつ、石井さんのヨーデルがしつこく耳にこびりついていて、私も「洗脳」されてしまっています。

石井健雄さんが本格的に歌っている他の曲も聞くと、ヨーデルの素晴らしさが再認識できました(#^.^#)

 
最後までご覧いただき、ありがとうございました。ちょっとだけでもお役に立てればうれしいです(^^♪