タレントの狩野英孝さんが、17歳の女の子との淫行疑惑が発覚しました・・・。

昨年は6股交際(?)疑惑が発覚してワイドショーを騒がせましたが、今回は未成年者との関係なので、所属事務所も放っておくことはできず、無期限の謹慎処分となりました・・・。

となると気になるのは実家の櫻田山神社のこと。

狩野さんは、実家の跡取り息子として神官の資格をとって祭礼等にも出席しているのです。

今後、神官としての資格はどうなるのでしょうか?

Sponsored Links

狩野英孝さんの実家は・・・?

宮城県神社庁のHPから検索しますと、狩野さんの実家は、櫻田山(さくらださん)神社で、宮城県栗原市栗駒桜田山神下106にあります。

正式には、山神社(さんじんじゃ)の名称のようですが)

 

櫻田山神社は、506年に武烈天皇の崩御後、天皇に仕えていた家来狩野掃部之祐等)が天皇を追慕して神社を建立したとされる古い歴史がある神社のようです。

聖徳太子が生まれた時代よりももっと前から存在しているんですね~。

 

出典:http://miyagi-jinjacho.or.jp/

 

狩野さんは、櫻田山神社を創建した人の子孫なのです。

昨年、NHKの「ファミリーヒストリー」で、狩野さんについての放送を見ましたが、神主を引き継いでいくことの大変さを感じました。

狩野家が代々神主として櫻田山神社を受け継いできたとのことですが、明治18年(狩野さんの4代前のおじいさんの時)に放火によって拝殿以外が全焼してしまいます・・・。

この放火の原因が、なんと「三角関係による」ものだということなんです。(4代前のおじいさんが直接の関係者かどうかは分かりませんが・・・)

村の人々の寄付により、火災から40年後に神社が再建され、現在に至っているとのことです。

宮城県神社庁のHPによりますと、社殿は、昭和61年10月に栗駒町有形文化財平成17年4月には栗原市有形文化財)の指定を受けています。

また、境内地内には、樹齢2,000年の「親子桜」の「子桜」が立っており、歴史的に価値ある樹木として氏子から保存菅理されており、「桜田ばやし」は、栗駒町有形文化財の指定受けているそうです。

五穀豊饒・無病息災・安産のご利益があります。

 

NHK「ファミリーヒストリー」から・・・。

出典:YouTube

 

狩野さんのお父さんは、40歳を過ぎてから神官の資格をとって神社を引き継いでこられましたが、平成24年60歳の若さで急逝されました。

その間に、岩手・宮城内陸地震、東日本大震災、台風等で社殿や灯篭・鳥居等に大きな被害を受けましたが、村の人々の強力で何とか復興してきました。

平成27年、狩野さんと弟さんが神官の資格を取得して、行事があるたびに実家で神主さんとして頑張ってきたようです。

ところが、今回の淫行疑惑・・・。

神官の資格はどうなる?

神社の神主さんが何か悪いことをした場合、その神社が神社本庁に所属していれば、氏子の代表者で作る責任役員会から罷免の申し出があった場合、神社本庁は罷免の決定をすることはあります。

(その決定が不服で罷免された人が裁判に訴えるという事例もあります)

ただ、神社本庁に行くまでの事案はよっぽどで、多くは氏子の人たちとの間で話し合いがされます。

今回、狩野さんの不祥事がまた発覚しましたが、昨年のNHKファミリーヒストリーでの放送内容では、村の人たちはそれまでの狩野さんの不祥事に対して割と寛容で早く忘れてしっかりと神社を守って欲しいと言っておられました。

村の人たちにとっては、自分たちの神社に神主さんがおられて祈祷や祭礼をしっかりとしてくださることが何よりなんだと思います。

狩野さんは未成年と知らなかったことから故意が否定されますし、未成年者と両親との間で話が付いているようですので、今回の淫行疑惑が犯罪として立件されることはたぶんないと思われます。

となれば、いつもの不祥事かと言うことで、村の人たちは穏便に済ませていこうと考えていくのではないでしょうか?

 

問題は、狩野さん自身です!

いい加減、フラフラした生活態度はやめて、しっかりと自覚した人間になるべきです。

お馬鹿キャラで、ちょっと頼りない所が母性本能をくすぐるという人もいますが、いつまでもそれでは通用しません。

歴史ある神社の後継者として、実家を受け継いだ以上は、この際芸能界を引退してでも、精進して欲しいものだと思います。

 

 

こんな若い子たちも、神社を守ってくれているんだということを狩野さんにはしっかり分かって欲しいものです!

 

ホント、ありがたいことです。

 

親戚・仲間のみなさん達の応援をもっと心に刻んで、狩野さん、頑張って欲しいです。

まとめ

今回は、女性問題でトラブルが多いタレントの狩野英孝さんについて、「狩野英孝神主資格はく奪か?実家の神社への影響や地元の人の反応は?」と題して紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

私個人としては、狩野さんのことが嫌いではないので、せっかく神官の資格をとった以上は、村の人たちに信頼されるような人として活躍して欲しいと希望しています。(タレント業と神官としての仕事を兼任するとしても)

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。ちょっとだけでもお役に立てればうれしいです(^^♪