赤福餅といえば、伊勢神宮を参拝した時のおみやげとして有名なあんころ餅ですが、最近では有名デパートや駅のみやげ売り場でも売られていますね。

以前、黒柳徹子さんがテレビ番組で、この赤福餅が大好きで、1箱ペロッと食べてしまうというお話をされていました。

8個入りから売られていますが、たぶん12個入り(あるいはそれ以上?)のをペロッと平らげておられたようです。

今日は、その赤福に白あんのものが販売されるというニュースをご紹介しましょう。

【追記 4/28】 白い赤福餅と復刻版の赤福餅が好評過ぎて、短時間で売り切れになるという事態になってしまいましたので、販売方法が変更になりました。本文で紹介していますので、ご覧ください(^^♪ (アンダーラインを引いてあります)

 

Sponsored Links

赤福餅は?

  出典:http://media.excite.co.jp/News/special/aichi_expo/index.html

赤福餅は、今から300年ほど前から作られてきたお餅の上にこし餡(あん)をのせた餅菓子です。

株式会社赤福のHPによりますと、形は伊勢神宮神域を流れる五十鈴川のせせらぎをかたどり、餡につけた三筋の形は清流、白いお餅は川底の小石を表しているそうです。

また商品名は、「赤心慶福(せきしんけいふく)」の言葉から二文字から、「赤福」と名付けたと言い伝えられております。

(「赤心慶福」とは、赤ちゃんのような、いつわりのないまごころを持って自分や他人の幸せを喜ぶことという意味だそうです)

この赤福餅の材料は、基本的には、砂糖、小豆(北海道産)、もち米(国産)だけだそうですが、今回、期間限定で、白い赤福餅が販売されるということでちょっとした話題になっています。

白い赤福餅とは?

    出典:http://akataro.jp/

 

白あんの赤福餅の材料は、小豆の代わりに白いんげん豆を使っています。

(白あんなので「白福餅」?)

この白い赤福餅は、第27回全国菓子大博覧会(お伊勢さん菓子博2017)が三重県で開催されることを記念して特別に販売されるものだそうです。

【販売期間】 4月21日(金)~5月14日(日)

【販売場所】 第27回全国菓子大博覧会(お伊勢さん菓子博2017)会場内の「おかげ茶屋」

【販売形態】 茶屋内での喫茶(お召し上がり)

おみやげの形での販売は今のところ考えていないようです・・・。(詳細は不明です)

【代金は?】 1盆(普通の赤福餅と白あんの赤福餅各1個ずつ)で210円(税込)

【追記 4/28】

4月29日から、開場時間から17時までに来場した人に対して、1人に付き1枚の抽選券が配られます。

抽選券には「復刻版」と「祝盆」と「はずれ」の3種類があり、その場で分かるようになっています。

1人に付き1枚の抽選券ですので「復刻版」と「祝盆」の両方を1人が買うことはできないということになります。

また、1日の販売数量も公表しました。

4月29日~5月1日、2日、8日~14日・・2,000個

4月30日、5月3日~5月7日・・3,000個

 

評判は?

白あんの赤福餅、皆さんの反応はどうなんでしょうね?

早速Twitterを見てみましたが、期待の声が圧倒的でしたよ!

 

小豆よりもあっさりした味なんでしょうかね?おいしそうですね(^^♪

 

会場でしか売っていないとなると余計に食べたくなってきますね・・・。

 

白あんの赤福餅以外に・・・。

株式会社赤福では、白あんの赤福餅以外に、復刻版赤福餅として、黒糖味の赤福餅を同時に販売します!

明治時代までは、赤福餅は白砂糖は希少だったため黒砂糖を使っていたそうです。

明治44年皇室から赤福餅のご用命があった時に、白砂糖を使った赤福餅を献上したところ、喜んでいただいたそうで、

以後、白砂糖を使った赤福餅を「ほまれの赤福」と名付けて市販したそうです。(今の赤福餅の原型なんですね。)

今回、お伊勢さん菓子博2017を記念して、「ほまれの赤福」以前の黒砂糖を使用した昔ながらの赤福餅を販売することになりました。

【販売期間】 4月21日(金)~5月14日(日)

【販売場所】 第27回全国菓子博覧会(お伊勢さん菓子博2017)会場内「おかげ茶屋」

【販売形態】 物販(おみやげとしての販売のみ)

【代金は?】 12個入りで1,100円(税込)

【追記 4/28】

4月29日から、開場時間から17時までに来場した人に対して、1人に付き1枚の抽選券が配られます。

抽選券には「復刻版」と「祝盆」と「はずれ」の3種類があり、その場で分かるようになっています。

1人に付き1枚の抽選券ですので「復刻版」と「祝盆」の両方を1人が買うことはできないということになります。

また、1日の販売数量も公表しました。

4月29日~5月1日・・4,000個

5月2日~5月14日・・6,000個

 

お伊勢さん菓子博2017とは?

4年に1回、その地方の菓子工業組合が主催して全国菓子大博覧会が開催されますが、今年は三重県伊勢市で開かれます。

菓子工業組合のみらずその地域の自治体もバックアップする非常に盛大なイベントで、出品された商品には名誉総裁賞・内閣総理大臣賞等が授与されますので、受賞したお菓子屋さんにとっては非常に名誉なことです。(お菓子のオリンピックとも言われているんですよ(^^♪)

 

 

 

今回、第27回全国菓子大博覧会が、「お菓子がつなぐ『おもてなし』を世界へ」をテーマに、三重県伊勢市で開催されることになりました。

伊勢市で開催なので、「お伊勢さん菓子博2017」の名称なんですね♫

 

 

【開催期間】 4月21日(金)~5月14日(日)

【開催時間】 10時00分〜18時00分(但し、最終日は17時まで)

【アクセス】 三重県営サンアリーナ及びその周辺

 

【入場券】 

大人:2,000円(前売り券1,800円)

シニア(65歳以上):1,600円(前売り券1,400円)

中学・高校生:1,400円(前売り券1,200円)  

小学生:800円(前売り券700円)

【入場券販売場所】 イオングループ、全国のコンビニ等。

 

お伊勢さん菓子博の詳細は ➡http://www.kashihaku-mie.jp/

 

まとめ

今回は、伊勢名物赤福餅に白あんの赤福餅が期間限定で仲間入りすることについて、「赤福餅白あんの評判や販売場所は?お伊勢さん菓子博2017も紹介!」と題して紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

私が住んでいる大阪からだったら近鉄電車の特急で片道2時間弱ですので、十分日帰りで行けます。

楽しそうなので行ってみようかな?って思っています。

【追記 4/28】 赤福餅の売れ行きが半端ではなく、とうとう抽選という方式になりました。やっぱり人気なんですね。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。ちょっとだけでもお役に立てればうれしいです(^^♪