2017年初場所で新関脇として活躍している正代関。

角界一のネガティブな発言でも有名ですが、最近は少しずつポジティブな発言も出てきているようです。

今回は、将来の横綱候補の一人、正代関について紹介していきましょう(^^♪

Sponsored Links

正代について

プロフィール

 

【しこ名】 正代 直也(しょうだい なおや)

【本名】 正代 直也(しょうだい なおや)

【生年月日】 1991年(平成3年)11月5日(25歳)

【身長・体重】 183cm、160kg

【出身地】 熊本県宇土市

所属】 時津風部屋

【2017年度初場所の番付】 関脇

【出身校】 東京農業大学

 

相撲を始めたきっかけは?

小学校1年の時に公園で相撲を取って遊んでいた時に、少年相撲クラブの監督から才能を認められて道場に通うようになったのがきっかけだったそうですが、本人としてはあんまり乗り気ではなかったようです。

その後、中学・高校時代にも活躍し、高校3年生の時には国体に出場し、相撲少年の部で優勝しています。

 

成績と角界入りの経緯

【大学(東京農業大学)時代】

2年生の時に学生横綱に。

3年生の時に全日本相撲選手権大会の決勝に進出しましたが、遠藤に敗れてアマチュア横綱のタイトルは獲得できませんでした。

【大学卒業後】

時津風部屋に入門して、現在に至ります。

【現在】

初土俵 2014年(平成26年) 3月場所

新十両 2015年(平成27年) 9月場所

新入幕 2016年(平成28年) 1月場所

新三役 2017年(平成29年) 1月場所

 

2017年度初場所で、関脇に昇進!(これからどんどん昇進していきますよ~!)

 

「ネガティブな関取」として人気が出ていますが、実力はそんなものではないんです!

十両昇進の記者会見で、十両で対戦したい相手を聞かれて、「誰とも当たりたくない」と答えたり、憧れの力士はいないと答えて、「ネガティブ関取」の異名をもらってしまいましたが、2016年11月場所での前頭3枚目から翌1月場所ではなんと一気に関脇に昇進したのですから、実力はたいしたもんなんです!

 

【勝敗成績】

生涯戦歴 122勝58敗(18場所)

幕内戦歴 54勝40敗(7場所)

 

ご両親やおばあちゃんは?

熊本県宇土市の実家には、父の巌さん母の理恵さん、そしておばあちゃんがおられます。

このおばあちゃんのお名前が、なんと正代正代(まさよ)さん

 

結婚して正代の苗字になられて、「正代正代」になってしまったんでしょうね。

苗字も名前も(読み方は違うとはいえ、)「正代」なんて、ややこしいですねえ(^^♪

「正代」という苗字は珍しいですが、先祖が海賊だったらしいとのことです・・・。

 

歌手の石川さゆりさんとは、遠い親戚筋にあたるそうですよ。

母方の祖母の兄の奥さんの妹の娘が、石川さゆりさん」ということで、頭が混乱してくる関係ですが・・・。

二人とも、実際には会ったことはないそうですけどね。

 

彼女は?

まだいないようですよ。

それよりも今は、大関目指して頑張って欲しいですね!

 

2016年12月12日、熊本地震で被災した地元の宇土市を訪れた時のエピソード!

握手の順番が回ってきて正代の前に来た赤ちゃんを抱いた女性。

なんと正代が中学生の時に好きだった人・・・。

その女性と写真を撮った後で、「中学時代好きだった人です」と言って、皆をびっくりさせたとのこと。

 

みんなの前で、好きだった人のことを言うなんて、全然ネガティブじゃない!

むしろ積極的!

 

力士イケメンランキングについては、こちら(^^♪

高安の成績やプロフィールについては、こちら(^^♪

御嶽海の成績やプロフィールについては、こちら(^^♪

宇良の成績やプロフィールについては、こちら(^^♪

石浦の成績やプロフィールについては、こちら(^^♪

 

まとめ

今回は、飛び級で新関脇になった正代関について、「正代直也の成績やプロフィールは?祖母の名前や石川さゆりとの関係は?」と題して紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

御嶽海、宇良、遠藤、正代と言った大学出身の実力を持った若手力士がどんどん活躍して、将来の横綱を目指していって欲しいものですね(^^♪

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。ちょっとだけでもお役に立てればうれしいです(^^♪