第93回箱根駅伝で、往路第5区を走った山梨学院大学の上田健太選手!

お父さんが監督でもあり、大会前から「父子鷹」として注目されていました。

今回は、山梨学院大学3年生の上田健太選手について調べてみました。

Sponsored Links

上田健太選手って?

 

プロフィール

【出身地】 山梨県甲府市

【生年月日】 1995年7月5日

【出身高校】 山梨学院大学付属高校

【身長・体重】 177cm、54kg

【所属】 山梨学院大学 現代ビジネス学部

成績は?

・中学時代 全日本中学陸上選手権1,500m・ジュニアオリンピック3,000mで優勝!

・高校時代 全国高校駅伝で初優勝!

・大学に入って・・・

自己ベスト  5,000m 13分56秒04     10,000m 28分48秒92

第27回出雲駅伝 4区 区間2位      第28回出雲駅伝 1区 区間3位

第47回全日本大学駅伝 4区 区間7位  第48回全日本大学駅伝 1区 区間6位

第92回箱根駅伝 3区 区間7位      第93回箱根駅伝 5区 区間16位

 

 

 

 

陸上を始めたきっかけは?

小学校6年生の時に、箱根駅伝を見に行って感動し、中学に入ってから本格的に始めたとか。

と言うより、上田健太選手が育った環境から自然に陸上を始めていったと言っても過言ではないのかな?と思います。

と言うのはお父さんもおじいさんもお母さんも陸上の選手だったからです。

お父さんについて


お父さんの名前は、上田誠仁(まさひと)さん。

山梨学院大学の教授であり、陸上部監督関東学生陸上競技連盟駅伝対策委員長・評議員と言う肩書を持っておられます。

このお父さんの経歴がすごいんです!

中学生の時に2,000mで5分43秒4の中学新記録を達成!

高校生の時には、インターハイの5,000mで2位別府大分毎日マラソンのハーフマラソン部門に高校生として出場し、日本高校最高記録を出しています。

順天堂大学進学後は、「山登りのスペシャリスト」として箱根駅伝で活躍

第55~57回大会に3年連続出場して5区を走り、第55・56回大会では2年連続区間賞を獲得、順天堂大学の2度の総合優勝に貢献したという実力の持ち主です!

監督としては、箱根駅伝総合優勝3回出雲駅伝優勝6回(そのうち5連覇達成)

おじいさんについて

お母さんの方のおじいさんもすごいんです!

山梨学院大学陸上部顧問秋山勉さんという方で、東京農業大学時代は4年連続箱根駅伝を走った選手でした。

秋山さんは山梨学院大学を強くするため顧問に就任、そのときに上田監督を紹介され居候させながらチームの指導にあたったそうなんです。

秋山家に居候として下宿している時に、娘さんと仲良くなって結婚し、健太選手が誕生したというわけなんですね(^^♪

その娘さん(健太選手のお母さん)も、陸上の選手だったそうですよ。

祖父・父親・息子三代に渡って箱根駅伝に出場と言う珍しい記録でもありますね。

 

おまけ:お母さんの内助の功!

 

彼女の存在は?

 


実は、上田健太選手はイケメンランナーとしても人気で、女の子から熱い視線で見られています・・・。

残念ながら彼女の存在は、確かめられませんでした・・・。

 

まとめ

今回は、第93回箱根駅伝で5区を走った山梨学院大学の上田健太選手について「山梨学院大上田健太のプロフィールと成績を紹介!父親や彼女の噂も!」と題して紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

ご両親もおじいさんも陸上選手と言う環境は素晴らしいですね。

上田健太選手は今3年生ですから、来年の箱根駅伝にもう一回出場のチャンスがありますね。

また頑張って欲しいものです!

🌸この1冊で箱根駅伝が丸わかり!テレビ観戦がもっと楽しくなること間違いなし!(^_-)-☆

最後までご覧いただき、ありがとうございました。ちょっとだけでもお役に立てればうれしいです(^^♪

「渡邊和也(箱根駅伝)のプロフィールや戦歴がスゴイ!結婚や彼女は?」の記事もどうぞ(^^♪

「青学大鈴木塁人の成績やプロフィールを紹介!将来の夢や彼女の噂も!」の記事もどうぞ(^^♪

「神奈川大鈴木健吾のプロフィールと成績紹介!父親や彼女の情報も!」の記事もどうぞ(^^♪